山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 06月 25日

アメリカに行ってきます

d0138986_22314261.jpg
す〜っかり、ブログの更新が滞ってしまっておりましたが、私は変わらず元気に過ごしております。
上の写真は、5月31日〜6月1日におなじみの篠原ガイド、そして友人でガイド兼イラストレーターの橋尾歌子と一緒に整備してきた、小川山の忘れられた岩稜です。
去年篠原さんと登った時には初登かと思ったのですが、調べたところ40年近く前に登られた記録がありました。
ルート名は「野猿返し」と言います。
易しいですが、10数ピッチの長さがある、景色の素晴らしい岩稜です。
d0138986_22315738.jpg
こちらの写真と、次の花(サンカヨウという私の好きな花です)の写真は、6月半ばに東北の岩手山〜八幡平を歩いた時のもの。
ここを歩くのは2回目ですが、大好きなコースです。
d0138986_22311079.jpg


d0138986_22310214.jpg
d0138986_22320663.jpg
上の2枚は、先週小川山の近くで出会った、ご存知ベニバナイチヤクソウの群落。
1週間前は廻り目平の入り口付近のレンゲツツジも見頃でした。

d0138986_22304819.jpg
そしてこちらは昨日6月24日の小川山。
フェニックスの大岩のてっぺんにて、です。
2週続けて小川山で講習でしたが、先週末も今週末も、岩場はすいていて、快適に講習することができました。

そして私は明日6月26日から7月6日までアメリカに行ってきます。
ヨセミテの近く、トゥオラミメドウ周辺で登ってきます。
同行者は友人の棚橋靖ほか3名。おじさん4人で楽しんできたいと思います。
トゥオラミメドウ滞在中はメール等できないと思いますが、よろしくお願いいたします。
それでは気をつけて行ってまいります。




# by uobmm | 2017-06-25 22:45 | その他 | Trackback
2017年 06月 06日

三ツ峠クライミング②

d0138986_18210837.jpg
5月29日〜30日の平日も、別のお客さまを迎えて、三ツ峠クライミングでした。
さすがに前日までの混雑ななくなりましたが、29日は月曜日にしてはクライマーが多かったです。
前日までより天気がよくなり、美しい富士山を望みながら登ることができました。
d0138986_18212542.jpg
d0138986_18211679.jpg
美しい夕景に誘われて、初日の夕食後に三ツ峠山荘から、三ツ峠山頂まで登って行きました。ちょっとホロ酔いでしたが……。
この時間に山にいられることは、泊りがけの山行ならでは、だと思います。
美しい日暮れでした。
d0138986_18205241.jpg
2日目は初日以上によく晴れました。
この日は、中央カンテと亀ルートというクラシックなマルチピッチを2本登りました。
新しくできた岳ルートや中央カンテダイレクトもよいルートですが、中央カンテと亀ルートもやはり素晴らしいルートだと再認識できました。
クラシックなルートは壁の弱点をついていますね。

こいつにも4日間お世話になりました。
d0138986_18213499.jpg




# by uobmm | 2017-06-06 18:47 | クライミング | Trackback
2017年 06月 06日

三ツ峠クライミング

d0138986_18204547.jpg
もう1週間以上たってしまいましたが、5月27〜28日の週末と、29〜30日は三ツ峠でクライミングでした。
この時期は三ツ峠を考えるクライマーは多いようで、27〜28日は、同じく三ツ峠に来ていた大ベテランガイドの鈴木昇己さんをして、「こんなに混んでるの見たことない」というほど、岩場は激混みでした。
が、私はお客さま2名でしたので、リード&フォローで空いているルートを素早く登っては降り、を繰り返し、ほとんどストレスなく1日登ることができました。
混んでいる週末の三ツ峠は、トップロープを張らずに、できるだけリード&フォローで皆が登るようにしたらよい、と思いました。
御在所の一ノ壁なども、そのようなスタイルで登るのがローカルルールだと聞いています。
この日の〆めは、最上部にある「紅葉おろし」を登りました。
私は三ツ峠で一番いいルートは「紅葉おろし」だと思っています。
5.10アンダーのルートの中では、関東近郊を代表する1本に間違いなく入ると思います。
d0138986_18214266.jpg
28日(日)は、三ツ峠山荘を5時に出て岩場に一番乗りを果たし、まずは人気の「岳ルート」を悠々と登りました。
4ピッチのクライミングを終えて下りてくる頃には、クライマーがわんさか。
中央カンテ、岳ルート付近は順番待ち2時間などという声も聞こえてきました。
が、次に登った「中央カンテダイレクト」は誰も取り付いておらず、こちらも自分たちだけでゆっくり登ることができました。
岳ルートも中央カンテダイレクトも近年拓かれた新しいルートですが、5.10の前半くらいのグレードが続く、楽しいルートです。
登られたことのない方は、ぜひ一度ご一緒いたしましょう。
d0138986_18215761.jpg


# by uobmm | 2017-06-06 18:36 | クライミング | Trackback
2017年 05月 26日

小川山・烏帽子岩左稜線

d0138986_11325604.jpeg
5月23日(火)は日帰りで小川山、烏帽子岩左稜線を登りました。
烏帽子岩左稜線は、小川山でも別格の長さ(15〜18ピッチ)を誇る、小川山最長のルートです。
このルートを私と篠原ガイドで再開拓したのは2010年。
もう7年もたっていました。



# by uobmm | 2017-05-26 11:33 | クライミング | Trackback
2017年 05月 26日

星穴岳


d0138986_11282853.jpeg

5月20日(土)は妙義の星穴岳に行ってきました。
伝説を抱く、稜線にうがたれた2つの穴を訪ねる、探検的でユニークなコースです。
d0138986_11142189.jpg

星穴岳のコースは一般登山道ではなく、また表妙義の主稜線のようにクサリもついておりません。
難しいクライミングはありませんが、懸垂下降が全部で4回。
空中懸垂(足が壁につかない懸垂下降)あり、40m以上の長く垂直の懸垂ありで、懸垂下降を堪能できるコースです。
射抜き穴からの長い懸垂は傾斜もあり、プルージック・スリングでバックアップをとって懸垂することをお勧めします。
d0138986_11142989.jpeg
下界の気温が30度を超える暑い一日でしたが、天気に恵まれ、したたる緑は美しく、楽しい登山ができました。
また、入山する人が多いせいか(それにともなって事故も増えたせいか?)、下山路はよく整備されて、迷う心配がなくなっていました。
いずれにせよ、星穴岳は一風変わった登山のできるよいコースです。
裏妙義や表妙義を歩いた方は、星穴岳にもぜひ足をお運びください。
d0138986_11145931.jpg



# by uobmm | 2017-05-26 11:25 | 上州の山 | Trackback
2017年 05月 25日

鍬ノ峰

d0138986_11143407.jpg
もう1週間たってしまいましたが、5月18日(木)は鍬ノ峰という山に登りました。
前の日に登った小熊山同様、この山も大町周辺の低山です。
餓鬼岳登山口のさらに奥に登山道入口があります。
d0138986_11144577.jpg
ご覧の通り、石楠花の花が見頃で、うれしいプレゼントでした。
奥秩父あたりの石楠花はまだこれからですが、こちらは標高が低いせいか、ちょうど最盛期でした。
d0138986_11143928.jpg
雲が多く、残念ながら山頂からの素晴らしい展望は見られませんでしたが、静かなよい山でした。
いずれ天気のよい日にまた登ってみたいものです。
この周辺の低山の魅力を知ることができた2日間となりました。


# by uobmm | 2017-05-25 09:26 | ハイキング | Trackback
2017年 05月 21日

小熊山

d0138986_11145284.jpg
5月17日(水)は、木崎湖畔にある小熊山という山に行きました。
大町周辺の低山に登るのは私も初めてでしたが、関東にあれば人気の山になるだろうなというよい山が、この辺りにはけっこうあるのですね。
小熊山も、景色がよく、なだらかな尾根道が続く、静かなよい山でした。
d0138986_11142769.jpg



# by uobmm | 2017-05-21 11:17 | ハイキング | Trackback
2017年 05月 21日

瑞牆山・十一面岩奥壁

d0138986_11013461.jpg

5月14日(日)は瑞牆山・十一面岩奥壁でジョイフル・モーメントと、一粒の麦(2ピッチ目まで)を登りました。
2014年に拓かれたジョイフル・モーメントは、比較的難しめのマルチが多い瑞牆にあって、貴重な初中級者向きルートです。
瑞牆山でもけっこう上の方になる十一面岩奥壁にあるので、景色が素晴らしいです。
d0138986_11005990.jpeg
ジョイフル・モーメントを登って下りてきたあとは、いつもそうするように、近くにある「一粒の麦」を2ピッチ目まで登りました。
ジョイフル〜だけだと少し短いのと、何よりも「一粒の麦」の2ピッチ目(5.10b)は、この界隈でもひときわ美しい、見事なクラックだからです。

季節のよい5月の日曜日でしたが、奥壁には私たちしかおらず、静かなクライミングを楽しむことができました。




# by uobmm | 2017-05-21 11:10 | クライミング | Trackback