山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 16日

チンネを目指して

d0138986_09573242.jpg
8月10日〜14日でふたたび剱岳を訪れました。
先週の剱岳は小屋泊まりでしたが、今回は熊ノ岩にテント泊してチンネを登るのが目的です。
テント泊の重たい荷物を担ぎ、初日は剱沢小屋に泊まります。
剱岳の小屋は詰め込みをしないので快適に泊まれ、ありがたいです。

2日目は熊ノ岩へ上がり、3日目にチンネ登攀の予定ですが、肝心の3日目の天気予報がよくありません。4日目の日曜日はよくなりそうです。
そのため、2日目は剱沢小屋で停滞することにしました。
熊ノ岩に上がってもよかったのですが、どうせ停滞するなら小屋の方が快適だからです。

d0138986_09573300.jpg
そういうわけで入山2日目は停滞でしたが、私は思い立って一人で熊ノ岩まで往復することにしました。
テントを張りに、です。
お盆休みで登山者がとても多いので、熊ノ岩のテントスペースが残っているか心配だったので、それなら1日早く張りに行ってしまおうと思ったわけです。
結果的にはやはり行って正解でした。私たちのあとから熊ノ岩に上がった方には少し申し訳なかったのですが。
熊ノ岩までは荷物が軽いと思ったよりも速く行け、行きが2時間、帰りは1時間半でした。

翌3日目、あらためて熊ノ岩に上がりました。
剱沢小屋を出るときは降っていなかったのですが、途中から雨となり、いったん晴れ間も出たのですが、その後本降りとなりました。
昨日熊ノ岩にテントを建てたときは私のテントで6張目でしたが、この日はすでに10張ほど張られて、ほぼ満室状態でした。
濡れたザックのせいでテントの中もびしょ濡れ状態でしたが、幸い夕方から雨が上がってくれました。
青空が広がると、このテント場は最高です。


d0138986_09573364.jpg
入山4日目の8月6日、待望のチンネ登攀の日です。
今回ご一緒するYさんとは、2009年9月にもチンネを登りにこの熊ノ岩でテント泊したことがあります。
このときはチンネ取り付きまで行ったものの、季節外れの寒波が来て、登れずに帰ることになったのでした。
あれからはや8年たちました。

4時15分、まだ暗いうちに熊ノ岩を出ましたが、すでに長次郎谷右俣を登っていくたくさんのヘッドランプが見えます。
お盆休みと前日の雨のため、この日にチンネを登る人が集中してしまいました。
三ノ窓に着くと、チンネ左稜線を登るパーティーがすでにいっぱい。
われわれはおそらく10パーティー目かそれ以上うしろかもしれません。
これで左稜線に行ったら、どれくらい遅くなるのか想像もつきません。かなり大変なことになるのだけは間違いないでしょう。
左稜線は潔くあきらめ、中央チムニーを登ることにしました。
d0138986_09573434.jpg
チンネを登りに来る人は、左稜線に集中しすぎているような気がします。
これだけ混んでいても中央チムニーや北条・新村を登るパーテイーは皆無です。
左稜線がよいルートであることは確かですが、中央チムニーだってクラシックな名ルートなのです。
先行パーテイーも後続パーティーもいない中、素晴らしいチンネからの眺めを満喫しながら、快適な登攀ができました。
それにしても、改めて感じましたが、チンネからの景色、そのロケーションは最高ですね。
八ツ峰6峰フェースだってロケーションのよい岩場だと思ってましたが、チンネからのそれは別格でした。
この日は雲海がかかっていたためいっそう迫力ある景色を眺めることができました。
d0138986_09573495.jpg
チンネの登攀を終えて熊ノ岩に戻って来たのはまだ午前中でした。
せっかくだからということで、八ツ峰6峰Aフェースを登ってからテントに帰ることにしました。
Aフェース魚津高ルートをのんびりと(といっても1時間ほど)登り、熊ノ岩に戻りました。

d0138986_09573586.jpg
あとは冷やしておいた缶ビールを飲み、至福のひと時を過ごすだけです。
天気のよい時の熊ノ岩は本当に最高の泊り場だとつくづく思います。
またここに来たいものです。

翌日も好天に恵まれ、熊ノ岩から室堂へと下山し、5日間の充実した登山を終えました。

d0138986_09573588.jpg



# by uobmm | 2017-08-16 09:53 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2017年 08月 07日

剱岳

d0138986_11520661.jpg
8月3日〜6日で剱岳に行ってきました。
3泊小屋泊まりで、八ツ峰上半と源次郎尾根からそれぞれ剱岳山頂に立ちました。
7月後半は悪天に悩まされましたが、ようやくお天気に恵まれ、久しぶりの剱岳で充実した山行を行うことができました。

d0138986_11520701.jpg

d0138986_11520784.jpg

d0138986_11520866.jpg

d0138986_11520945.jpg

d0138986_11520917.jpg


d0138986_11521078.jpg






# by uobmm | 2017-08-07 11:48 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2017年 08月 01日

愉しかりしアメリカツアー⑥

d0138986_12525476.jpg
Stately Pleasure Domeを登ったあとは、昼食を食べてからLambert Domeへ。
トゥオラミメドウズのストアのすぐ向かいにあってアクセス至近だが、実はまだちゃんと登ったことはなかった。
Northwest Booksという、3ピッチほどの5.6のルートがあるので、これを登ることにする。
グレードは低いが、スーパートポには、「one of the first technical climb in Tuolumne and remains one of the most popular」とある。
トゥオラミで登られた最初のテクニカルなクライミングルートの1本であり、とても人気の高いルートだそうである。
初登は1954年。初登者はかのウォーレン・ハーディング(エルキャピタンのノーズの初登者)。
d0138986_12525575.jpg
人気ルートらしく先行パーティーがいたが、のんびり待ってからスタート。
5.6だけあってさすがにクライミングそのものは易しく、ほどなく終了。
しかし、このルートの核心はまさしく下降にあった。
d0138986_12525599.jpg

こんなスラブをえんえんと下る。
懸垂下降なら簡単だが、支点がないので、歩いて下りなければならない。
アメリカ人は苦もなくすたすたと下りて行くが、われわれ日本人にはなかなか刺激的である。
トゥオラミメドウズには、こんなスラブの下りが他にもけっこうある。
d0138986_12525679.jpg
下の写真の右のほうを歩いて下る。
どう見ても登攀ルートでしょう?
d0138986_12525783.jpg

無事に傾斜の緩いところまで降りたら、観光に来ている家族から、
「クライマーさんたち、娘と一緒に写真を撮って」
と頼まれた。
おじさんたち、たちまちこの笑顔。
今日も無事に終わったのでした。
d0138986_12525729.jpg



# by uobmm | 2017-08-01 12:50 | 海外 | Trackback
2017年 07月 31日

明神岳

d0138986_11555440.jpg
7月29日(土)〜30日(日)は、明神岳〜前穂高岳縦走の予定でした。
お天気が危ぶまれましたが、日曜日の日中、なんとか歩ける天気であることを期待し、予定どおり上高地から南西尾根を上がりました。

d0138986_11555561.jpg
南西尾根から登った場合、明神岳5峰下の台地で幕営するパーティーが多いと思います。
ご存知のとおり、穂高連峰の明神岳には一般登山道はありませんし、幕営指定地ももちろんありません。
5峰下の台地は景色のよい、とても素敵な幕営地だと思いますが、問題は水がないこと。
(もう一つ問題を挙げるなら、テントを張れる場所自体が多くありません)
そのため、一人4〜5リットルの水をボッカしなければなりません。
それでも、私はこの幕場で過ごす時間が好きです。
今回はお天気いまいちでしたので、貸切でした。
最近愛用の山フライパンで、おつまみ兼夕食。
d0138986_11555677.jpg
予報に反し、土曜日はほとんど降るることがなく、日曜日も明け方まで晴れていましたが、さすがに朝5時頃より降りはじめました。
5峰頂上まで登りましたが、この天気では明神岳の縦走は厳しいと思い、引き返すことにしました。
明神岳5峰の頂上にある古いウッドシャフトのピッケルの前で写真を撮り、急で滑りやすい道を慎重に岳沢登山道まで下ってゆきました。



d0138986_11555662.jpg



# by uobmm | 2017-07-31 11:54 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2017年 07月 27日

愉しかりしアメリカツアー⑤

d0138986_16105382.jpg
再びの休養日の翌日はStately Pleasure Domeへ。
”荘厳なる愉楽のドーム” とでも訳せばよいのだろうか?
テナヤ湖を眼下に見下ろす、アプローチ至近、景色最高、そして内容も楽しい、素敵なドームである。
Stately Pleasure Domeでは、かつてSouth Crackという5つ星ルートを登ったことがある。
グレードは5.8だがR指定。すなわち、ランナウトする。
ランナウトとは落ちた時、かなりの距離墜落するということだ。
5つ星でなければ「R」のついたルートをわざわざ登ったたりしないのだが、ハイシエラの5つ星ルート・コレクターの私としては、登らないわけにはいかなかったのである。


d0138986_16105320.jpg
そのSouth Crack、本当に美しいルートだったが、本当に怖かった。
少々ランナウトするスラブは宮崎や韓国などでも経験しているが、South Crackのそれに比べればかわいいものである。
アメリカン・ランナウトを一度経験してみたいという方は、ぜひ登ってみてほしい。
間違いなく素晴らしいルートである。
そして、間違いなくビビる、はずだ。たいていの方は。

d0138986_16105473.jpg
さて、この日4人でとりついたのは、West Countryという5.7で4つ星のルート。
先日のダフドームでも感じたが、ここもやはりグレードが辛い!
2ピッチ目の5.7は、「5.9でいいんじゃねーの」、という感じ。
けれども、しかし……、この岩の美しさはどうだろう!!
大きな白い壁に突き上げる一直線のクラック、広大なスラブ……。
ため息が出るほどの美しさだ。
今にしてわかったことが一つある。
それは、4つ星ルートにも、5つ星ルートに勝るとも劣らないものが少なからずある、ということだ。
d0138986_16105463.jpg
この日の午後は、これまたアプローチの楽なLembert Domeを登ることにした。



# by uobmm | 2017-07-27 16:09 | 海外 | Trackback
2017年 07月 24日

金峰山、五丈岩でクライミング

d0138986_11171121.jpg

7月21日(金)は金峰山の五丈岩でクライミングをしてきました。
中根穂高さんが五丈岩の北西面(下の写真の裏側になります)にある2本のクラックを6月に初登し、それぞれ5.10a、5.10b~cと、フェースブックに書かれていました。
私は5.10b~cとおぼしき方、1本だけ登りましたが、これが見た目以上に、そして予想以上に素晴らしい内容で、楽しい、充実したクライミングをすることができました。

d0138986_11171041.jpg
金峰山頂上側から眺める五丈岩はだんだんになっていて、一般登山者でも気をつければ登ることができます。
と言いましても、五丈岩自体、私は登るの初めてでした。
まずは易しい面から上まで登ってみましたが、これは、クライミングしてない人は怖いだろうなあ〜、と思いました。(が、この日も一般登山者が何人か登ってましたね)

さて、中根さんが登ったクラックのある五丈岩の裏側に回ってみると、表側とはうって変わり、なかなか威圧感があります。
10b~cと思われるクラックに取り付きましたが、見た目通りに、いや見た目以上に手応えがあり、一筋縄ではいかないクラックで、とても素晴らしい内容でした。
スケールも22〜23mくらいあり、五丈岩のてっぺんが終了点です。
グレードは10b~cでは辛いような気がしましたが、定かなことは言えません。
ともあれ、楽しいクライミング、そして楽しい登山ができました。
こういう登山&クライミングも楽しいなあと感じました。
五丈岩また行こうと思います。

d0138986_11171053.jpg







# by uobmm | 2017-07-24 11:15 | Trackback
2017年 07月 20日

愉しかりしアメリカツアー④

d0138986_07331176.jpg
7月1日はトゥオラミメドウズのダフドームへ。
質の高いルートを複数擁する、トゥオラミを代表するドームの一つである。
アプローチは車を駐めて15分ほどだ。

d0138986_07331390.jpg
↑ ウエストクラックを登る他パーティー

この日は井上さん、成澤さんはヨセミテバレイの観光に行くことになり、私と棚橋でペアを組む。
まずはウエストクラック。
ピッチ数は4ピッチほどだが、極上とも言えるピッチがはじめから終わりまで続く、文句なしの5つ星ルートである。
この日は土曜日で、あとからあとからクライマーがやってきたが、幸い私たちは一番で取り付くことができた。
d0138986_07331293.jpg
↑ ダフドーム頂上

頂上から懸垂2回をまじえて下山し、ぐるりと回って再び取り付きに。
午後からは同じダフドームのクレセント・アーチへ。
クレセントとは三日月の意。
顕著なコーナークラック(下の写真)の続く、美しいラインである。
d0138986_07331368.jpg
ウエストクラックは以前一度登ったことがあったのだが、クレセント・アーチは初めてだ。
星は4つ星だが、スーパートポにはこう記述されている。
「クレセント・アーチは、ダフドームでもっとも自然なラインであるばかりでなく、トゥオラミのベストルートの一つである」
d0138986_07331480.jpg
下から見上げて、簡単ではないだろうなあと予想したが、その予想以上にしょっぱいクライミングであった。
2ピッチ目と3ピッチ目の5.9は、ぎりぎりいっぱいのクライミング。
そして私がリードした核心の最終ピッチ5.10bは……。
いやあ、このルートしびれた。
とにもかくにも落ちずに、ぶらさがらずに登りきったが、「登れた〜」という気持ちより、むしろ「やられた」感の方が大きいのであった。

ともあれ、この日もまた印象に残るクライミングをすることができた。
またトゥオラミメドウズを訪れた際は、クレセント・アーチ、せひ再びトライしてみたい。

d0138986_07331475.jpg
↑ ダフドーム頂上で。フェアビュードームとカテドラル・ピークをバックに


# by uobmm | 2017-07-20 07:29 | Trackback
2017年 07月 19日

小槍尾根

d0138986_10590446.jpg
7月3連休は槍ヶ岳の小槍尾根を目指しました。
あいにく中日の16日が天気崩れる予想。
なんとか午前中天気がもってくれることを願い、槍沢ロッジを午前2時半に出発。
7時に槍ヶ岳山荘に着いて、小槍尾根に向けて出発しました。
d0138986_11022189.jpg
槍ヶ岳山荘を出るときは周囲の山も見えていて、時間もまだ7時過ぎだし、なんとかぎりぎり小槍尾根を完登できるかなあ、と考えていました。
しかし、取り付きに着き、いざ小槍の登攀を開始するときになると、辺りは一気にガスに覆われ、風も強くなってきました。
もう崩れるのは時間の問題のようです。
d0138986_10590458.jpg
小槍尾根の寒さは昨年9月に登った時も十分に身にしみていましたので、槍ヶ岳山荘で、私は冬用のブレスサーモの長袖下着とタイツを着用し、ほとんど冬山のかっこうで小槍に向かいました。
それでも小槍の登攀、それに続くビレイ中は寒く、私ほどには厚着をしていない参加者のみなさんは、もっと寒かったろうと思います。
なんとか小槍は登りましたが、この天気では大槍まで行くのは無理だと思えました。
いつ雨が降り出すかわかりませんし、なにより寒さが厳しすぎます。
小槍から懸垂下降で取り付きに戻り、槍ヶ岳山荘へと引き返しました。

d0138986_10590572.jpg



# by uobmm | 2017-07-19 10:58 | Trackback