山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 09日

クラックの練習

d0138986_1218486.jpg

いよいよ関東も梅雨入りということで、ガイド業務もいつも以上に天気とにらめっこ。
週末から週明けにかけては、クラック・クライミングの練習が続きました。
岩の割れ目(クラック)を登るクラック・クライミングは、フェースクライミングとはまた違った技術を必要としますし、そしてカムなどを使って自分でプロテクションを取りながら登る必要があります。
ボルトの設置してあるスポート・ルートにはない難しさ、危険さを有していますが、それがまたクラック・クライミングの魅力でもあります。
d0138986_12231011.jpg

そしてマルチピッチののクライミングを志向する人は、クラックを登れるようにならなくてはいけません。
多くのマルチピッチはクラック・ラインに引かれていることが多いのです。
なぜなら、何ピッチもあるルートに上から下までボルトを打つのは大変なので、大きな壁では必然的にクラックにルートを求めることになるからです。
マルチピッチを登りたい人は、ぜひクラックを練習しましょう。
d0138986_12265777.jpg

クラックはまた、それ自体が美しいです。
質の高いクラックは自然が作り出した芸術であり、格調の高ささえ感じさせてくれます。
3日ばかりクラックの講習が続きましたが、私ももっともっとクラックを登りたい、と思いました。
d0138986_12322066.jpg


by uobmm | 2016-06-09 12:31 | クライミング | Trackback
トラックバックURL : http://uobmm.exblog.jp/tb/23208605
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< ロープワーク&クライミング講習      一ノ倉沢・中央稜 >>