山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 01日

愉しかりしアメリカツアー⑥

d0138986_12525476.jpg
Stately Pleasure Domeを登ったあとは、昼食を食べてからLambert Domeへ。
トゥオラミメドウズのストアのすぐ向かいにあってアクセス至近だが、実はまだちゃんと登ったことはなかった。
Northwest Booksという、3ピッチほどの5.6のルートがあるので、これを登ることにする。
グレードは低いが、スーパートポには、「one of the first technical climb in Tuolumne and remains one of the most popular」とある。
トゥオラミで登られた最初のテクニカルなクライミングルートの1本であり、とても人気の高いルートだそうである。
初登は1954年。初登者はかのウォーレン・ハーディング(エルキャピタンのノーズの初登者)。
d0138986_12525575.jpg
人気ルートらしく先行パーティーがいたが、のんびり待ってからスタート。
5.6だけあってさすがにクライミングそのものは易しく、ほどなく終了。
しかし、このルートの核心はまさしく下降にあった。
d0138986_12525599.jpg

こんなスラブをえんえんと下る。
懸垂下降なら簡単だが、支点がないので、歩いて下りなければならない。
アメリカ人は苦もなくすたすたと下りて行くが、われわれ日本人にはなかなか刺激的である。
トゥオラミメドウズには、こんなスラブの下りが他にもけっこうある。
d0138986_12525679.jpg
下の写真の右のほうを歩いて下る。
どう見ても登攀ルートでしょう?
d0138986_12525783.jpg

無事に傾斜の緩いところまで降りたら、観光に来ている家族から、
「クライマーさんたち、娘と一緒に写真を撮って」
と頼まれた。
おじさんたち、たちまちこの笑顔。
今日も無事に終わったのでした。
d0138986_12525729.jpg



by uobmm | 2017-08-01 12:50 | 海外 | Trackback
トラックバックURL : http://uobmm.exblog.jp/tb/25141116
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 剱岳      明神岳 >>