山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:北ア(バリエーション)( 36 )


2017年 08月 16日

チンネを目指して

d0138986_09573242.jpg
8月10日〜14日でふたたび剱岳を訪れました。
先週の剱岳は小屋泊まりでしたが、今回は熊ノ岩にテント泊してチンネを登るのが目的です。
テント泊の重たい荷物を担ぎ、初日は剱沢小屋に泊まります。
剱岳の小屋は詰め込みをしないので快適に泊まれ、ありがたいです。

2日目は熊ノ岩へ上がり、3日目にチンネ登攀の予定ですが、肝心の3日目の天気予報がよくありません。4日目の日曜日はよくなりそうです。
そのため、2日目は剱沢小屋で停滞することにしました。
熊ノ岩に上がってもよかったのですが、どうせ停滞するなら小屋の方が快適だからです。

d0138986_09573300.jpg
そういうわけで入山2日目は停滞でしたが、私は思い立って一人で熊ノ岩まで往復することにしました。
テントを張りに、です。
お盆休みで登山者がとても多いので、熊ノ岩のテントスペースが残っているか心配だったので、それなら1日早く張りに行ってしまおうと思ったわけです。
結果的にはやはり行って正解でした。私たちのあとから熊ノ岩に上がった方には少し申し訳なかったのですが。
熊ノ岩までは荷物が軽いと思ったよりも速く行け、行きが2時間、帰りは1時間半でした。

翌3日目、あらためて熊ノ岩に上がりました。
剱沢小屋を出るときは降っていなかったのですが、途中から雨となり、いったん晴れ間も出たのですが、その後本降りとなりました。
昨日熊ノ岩にテントを建てたときは私のテントで6張目でしたが、この日はすでに10張ほど張られて、ほぼ満室状態でした。
濡れたザックのせいでテントの中もびしょ濡れ状態でしたが、幸い夕方から雨が上がってくれました。
青空が広がると、このテント場は最高です。


d0138986_09573364.jpg
入山4日目の8月6日、待望のチンネ登攀の日です。
今回ご一緒するYさんとは、2009年9月にもチンネを登りにこの熊ノ岩でテント泊したことがあります。
このときはチンネ取り付きまで行ったものの、季節外れの寒波が来て、登れずに帰ることになったのでした。
あれからはや8年たちました。

4時15分、まだ暗いうちに熊ノ岩を出ましたが、すでに長次郎谷右俣を登っていくたくさんのヘッドランプが見えます。
お盆休みと前日の雨のため、この日にチンネを登る人が集中してしまいました。
三ノ窓に着くと、チンネ左稜線を登るパーティーがすでにいっぱい。
われわれはおそらく10パーティー目かそれ以上うしろかもしれません。
これで左稜線に行ったら、どれくらい遅くなるのか想像もつきません。かなり大変なことになるのだけは間違いないでしょう。
左稜線は潔くあきらめ、中央チムニーを登ることにしました。
d0138986_09573434.jpg
チンネを登りに来る人は、左稜線に集中しすぎているような気がします。
これだけ混んでいても中央チムニーや北条・新村を登るパーテイーは皆無です。
左稜線がよいルートであることは確かですが、中央チムニーだってクラシックな名ルートなのです。
先行パーテイーも後続パーティーもいない中、素晴らしいチンネからの眺めを満喫しながら、快適な登攀ができました。
それにしても、改めて感じましたが、チンネからの景色、そのロケーションは最高ですね。
八ツ峰6峰フェースだってロケーションのよい岩場だと思ってましたが、チンネからのそれは別格でした。
この日は雲海がかかっていたためいっそう迫力ある景色を眺めることができました。
d0138986_09573495.jpg
チンネの登攀を終えて熊ノ岩に戻って来たのはまだ午前中でした。
せっかくだからということで、八ツ峰6峰Aフェースを登ってからテントに帰ることにしました。
Aフェース魚津高ルートをのんびりと(といっても1時間ほど)登り、熊ノ岩に戻りました。

d0138986_09573586.jpg
あとは冷やしておいた缶ビールを飲み、至福のひと時を過ごすだけです。
天気のよい時の熊ノ岩は本当に最高の泊り場だとつくづく思います。
またここに来たいものです。

翌日も好天に恵まれ、熊ノ岩から室堂へと下山し、5日間の充実した登山を終えました。

d0138986_09573588.jpg



by uobmm | 2017-08-16 09:53 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2017年 08月 07日

剱岳

d0138986_11520661.jpg
8月3日〜6日で剱岳に行ってきました。
3泊小屋泊まりで、八ツ峰上半と源次郎尾根からそれぞれ剱岳山頂に立ちました。
7月後半は悪天に悩まされましたが、ようやくお天気に恵まれ、久しぶりの剱岳で充実した山行を行うことができました。

d0138986_11520701.jpg

d0138986_11520784.jpg

d0138986_11520866.jpg

d0138986_11520945.jpg

d0138986_11520917.jpg


d0138986_11521078.jpg






by uobmm | 2017-08-07 11:48 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2016年 03月 25日

上高地アイス

d0138986_15263276.jpg

3月22〜23日は上高地・中仙丈沢のアイスクライミング。
大正池から1時間足らず上がったこんな場所に、こんな素晴らしいアイスエリアがひらかれたのは、わずか5〜6年前のことです。
標高も高くないし、異常な暖冬で氷結具合を心配していましたが、あにはからんや、予想以上によく凍っていてくれました。
d0138986_15295542.jpg

見栄えのする氷瀑・氷柱が7〜8本そろっており、どれもそこそこ登りごたえがあります。
雪崩の見きわめをきちんとしておけば、とても素晴らしいエリアだと思います。
天気よく、平日のため2日間とも貸切で、トレースもばっちりと、最高の条件に恵まれました。
初日にハバネロとZ、2日目に一角獣とジョーズ(右、左)と、2日間でこのエリアの主だったルートを登りまくり、今シーズンおそらく最後となるアイスクライミングを充実して締めくくることができました。
宿泊した坂巻温泉もよかったし(初めて泊まりました)、上高地アイスはこの時期の定番になりそうです。
エリアを開拓したガイド仲間と、ご一緒してくれたお客様に感謝したいと思います
d0138986_15361257.jpg


by uobmm | 2016-03-25 15:36 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2015年 09月 25日

紅葉前線

d0138986_19474715.jpg

シルバーウイークの剱岳は、早くも紅葉が見頃を迎えつつありました。
昨年も紅葉は早かったですが、今年はさらに早いようです。
仙人池や涸沢などは今週末くらいがピークかもしれません。(そうであってほしい)
d0138986_19501194.jpg

d0138986_19504175.jpg


by uobmm | 2015-09-25 19:50 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2015年 09月 23日

剱岳・本峰南壁

d0138986_13165354.jpg

シルバーウィークは毎年恒例、日本山岳会の合宿で剱岳でした。
今年も剣沢の文部科学省登山研修所をお借りして、全国から30名以上の参加者が集まりました。
写真は入山二日目に3パーティーで登った本峰南壁A1。
d0138986_10485086.jpg

南壁のもう一つのルートであるA2が先行パーティーで混んでいたので、私たちは3パーティー8名でA1へ取り付きました。
とはいえ、A1は比較的自由にライン取りができるため、下部は3パーティーそれぞれのラインで登りました。
d0138986_10535023.jpg

本峰南壁は剱岳のバリエーションの中では初級向きコースですが、剱岳山頂に直接上がれるのが何よりの魅力です。
平蔵のコルで別山尾根の一般道と分かれてからは、最高のロケーションの中で、ゆうゆうと自分たちだけの登路を進むことができます。それがまた、本峰南壁の、もう一つの魅力と言えるでしょう。
d0138986_10585323.jpg


by uobmm | 2015-09-23 13:17 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2015年 08月 18日

剱岳

d0138986_1355075.jpg

富士山から下山後はそのまま帰宅せずに剱岳へ4日間。
時差ボケも”強制終了”させられた感じ。
剱岳は、9月からヒマラヤに出かける日本山岳会学生部のメンバーたちの合宿への参加です。
d0138986_1257769.jpg

剣沢ベースでフィックス工作、クレバスレスキューなどを練習したあとは、1ビバーグで北方稜線へ。
大学の異なる6名の学生たちは、ほとんどがみな馴染みのある連中。
登山者としては未熟なところも多いですが、何かに真剣に取り組む若者たちと接するのはよいものです。
彼らの登山から少しでもリスクを減らせるよう、行動中もテントの中でも、自分の蓄えてきたさまざまな知識や経験をできるだけ伝えるように心がけました。
d0138986_1325576.jpg

三ノ窓ビバーグの翌日は夜中から天気が崩れ、剱岳山頂はあきらめて長次郎右俣を下りましたが、4日間、充実したよい山行をさせてもらいました。
学生たちよ、元気で行ってこい。そして無事に帰ってこいよ!
d0138986_12534835.jpg


by uobmm | 2015-08-18 13:05 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2014年 10月 02日

前穂東面/Climbing at Mt.Maehotaka

d0138986_2034350.jpg

9月30日~10月1日で、前穂Ⅳ峰正面壁「北条・新村ルート」、前穂東面「北壁~Aフェース」を登ってきました。
前穂東面を登る場合、奥又白池にテント泊で行くのもポピュラーですが、私たちは涸沢小屋泊りで、前穂北尾根ⅤⅥのコルを経由してのアプローチを選びました。
日本の多くの本チャンルートはアプローチが最初の核心ですが、涸沢から向かう前穂東面はその中でも最たるものでしょう。

Climbing Mt.Maehotaka East side.
Long and strenuous approach.
Perfectly location and unperfectly rock.
That's the Japanese alpine climbing!

d0138986_2062494.jpg

例年より1週間(以上)早い紅葉が、何よりもの私たちへの贈り物でした。
そして3日間続いた素晴らしい秋晴れ!
d0138986_201061.jpg

↑ Ⅳ峰正面壁「北条・新村ルート」

2日目はⅣ峰正面壁を登り、Ⅳ峰から再びⅤⅥのコル経由で涸沢へと戻りました。
振り仰げば、いま登ってきたⅣ峰が威風堂々と屹立していました。
d0138986_20135435.jpg


by uobmm | 2014-10-02 20:19 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2014年 10月 01日

涸沢/Karasawa Valley at Mt.Hotaka

d0138986_22424114.jpg

9月30日の涸沢。
今回は早起きしてのクライミングだったので、一番よい時間(朝)に涸沢にいることはできませんでした。
それでも、この美しさ……。

Prime time has gone, but……
Karasawa Valley in Kita-Alps
d0138986_22432233.jpg

d0138986_22452150.jpg


by uobmm | 2014-10-01 22:49 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2013年 10月 25日

紅葉の錫杖岳②

d0138986_1082226.jpg

そして錫杖岳2日目(10月23日)も、このような見事な紅葉を眼下に眺めながらクライミングしました。
一年のうちでもおそらくベストと言えるこの時期に、平日の錫杖岳でクライミングしているのは2日間とも私たちだけでした。
d0138986_1095450.jpg

ルートは、初日に左方カンテ、2日目に1ルンゼ~Little Wingを登りました。
月曜の夜に松本で前泊したため、初日も問題なく1本登れました。
d0138986_10145687.jpg


<登攀メモ>
Little Wingの下部(=1ルンゼダイレクト)は易しいので、1ルンゼオリジナルから登って、上部でLittle Wingにつなげるのが登りごたえがあって、個人的にはお薦めです。
1ルンゼオリジナル1ピッチ目は、残置がなくなったため、けっこうしょっぱいと思います。グレードは5.8くらいですが、Rをつけてもよいと感じました。

by uobmm | 2013-10-25 10:21 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2013年 10月 23日

紅葉の錫杖岳

d0138986_22571240.jpg

これまでに出会った紅葉でも、間違いなくトップ3に入る見事さでした。
錫杖の紅葉がこれほど素晴らしいとは知りませんでした。
d0138986_22582212.jpg

d0138986_2321592.jpg

d0138986_233322.jpg


by uobmm | 2013-10-23 23:03 | 北ア(バリエーション) | Trackback