山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:小川山クライミング( 8 )


2011年 10月 18日

烏帽子岩左稜線

d0138986_12433382.jpg

昨日の小川山・烏帽子岩左稜線。写真を(鈴木ガイドの許可を得た上で)アップします。
ご一緒いただいたHさん、Oさん、ありがとうございました。楽しかったですね。
d0138986_12451341.jpg

烏帽子岩左稜線を登るのはそろそろ10回近くになろうとしていますが、紅葉の最盛期に登るのは初めてでした。
一度紅葉の時期に登ってみたいと思っていました。
d0138986_12505016.jpg

      ↑ 烏帽子岩左稜線・終了点に立つ鈴木昇己ガイドとお客さま

by uobmm | 2011-10-18 12:51 | 小川山クライミング | Trackback
2011年 10月 17日

紅葉の小川山

d0138986_20171927.jpg

今日は久しぶりに鈴木昇己ガイドのお手伝いで、小川山の烏帽子岩左稜線へ。
小川山も美しく紅葉していました。
眺望の素晴らしいこのルートは、紅葉の時期は最高です。
他のクライマーに会うこともなく、錦秋の奥秩父の眺めを私たちだけで独占しました。
d0138986_2020523.jpg


by uobmm | 2011-10-17 20:20 | 小川山クライミング | Trackback
2011年 07月 06日

烏帽子岩左稜線

d0138986_17333157.jpg

Yさんと日帰りで小川山の烏帽子岩左稜線に行った。
実は昨年も2人で登りに行ったのだが、アクシデントがあり途中敗退となってしまった。
今日は約1年ぶりの再挑戦だった。
d0138986_17345030.jpg

3月の震災の影響などもあり、Yさんと山に行くこと自体久しぶりだった。
今日の小川山は気持ちのいい青空が広がった。
私たちは無事に1年越しのリベンジを果たし、小川山のさわやかな空気をたっぷりと吸い込んだ。

by uobmm | 2011-07-06 17:40 | 小川山クライミング | Trackback
2010年 10月 25日

小川山合宿

d0138986_20434680.jpg

紅葉最盛期を迎えた小川山で、今年2回目の「おじさん合宿」を実施しました。
「おじさん」にはもちろん私も含まれます(笑)。
もっとも、今回は土曜日のみ紅一点のYさんが参加してくれました。
d0138986_20371939.jpg

今回のテーマはクラックの修行ということで、土曜は妹岩でみっちりクラックの練習を行い、日曜日は屋根岩Ⅲ峰でクラック主体のマルチピッチを登りました。
夜は岩根山荘でおいしい料理と楽しい語らい……。
クライミングして、お風呂入って、ビール飲んで、しゃべって……。
d0138986_20414622.jpg

d0138986_2044491.jpg

それにしても、みなさん確実に上達されています。私も負けてはいられません。
この有意義な合宿を末長く続けていきたいものだと思います。
d0138986_20471758.jpg


by uobmm | 2010-10-25 20:48 | 小川山クライミング | Trackback
2010年 10月 19日

日本山岳会の小川山講習

d0138986_2042441.jpg

土日は日本山岳会主催の小川山クライミング講習でした。
30歳台中心の若い講習生、ガイド仲間のT、日本山岳会の仲間たちとともにクライミングをし、焚火を囲んでのキャンプで過ごした2日間は愉しいものでした。
もっともっと彼らとともに過ごす時間を増やしたいものです。
小川山の紅葉もだいぶ進んで、とてもきれいでした。
d0138986_20454642.jpg


by uobmm | 2010-10-19 20:47 | 小川山クライミング | Trackback
2010年 09月 30日

山岳部の子供たちと

d0138986_1329163.jpg

先日このブログで紹介しましたが、山岳部の小川山懇親会の模様をもう一度。
2日目は私は、写真のごとく、フェニックスの大岩で子供たちと登りました。
トップロープで登る子供たちの下につき、一緒に上り下りするのです。これを7~8回やりました。
d0138986_13304656.jpg

みな愉しそうに登っていたし、終了点に着いたときの誇らしげな表情がとてもよかったです。
ちなみに上の写真はやらせでも何でもありません(笑)。
d0138986_13314430.jpg

最後は少しだけ自分も登りました。
フェニックスの大岩の左に「フェニックス」という5.11のクラックがあります。
フェニックスの大岩には何度も来ているのですが、ちゃんと登るのは初めてでした。
私はトップロープで登っただけですが、短いながらもとてもよいルートでした。まさに隠れた好ルートですね。
次に行く機会があったらリードしたいと思います。
写真はさくっとリードした若い後輩です。今頃ヨセミテでコズミックデブリ(5.13のクラック)あたりにトライしているかもしれません。

そういえば、前日は「無名岩峰周辺」のそれこそ人がめったに行かないエリアに行ったのですが、この時登った「トロイメライ(5.11b)」というルートと「Trial & Error(5.10d)」というルート、どちらもとてもよいルートでした。
わざわざ行く価値あり、とまでは言いませんが(笑)、わざわざ行っても損はしないと思います。
ただし、前者はハンガーボルトとRCCボルトの混在、後者はボルトすべてリング……なので、ちょっと怖いです。でもほんといいルートでしたよ~。
d0138986_134024100.jpg


by uobmm | 2010-09-30 13:32 | 小川山クライミング | Trackback
2010年 09月 27日

またまた烏帽子岩左稜線

d0138986_11343625.jpg

廻り目平は1週間前に来た時とはだんちがいに冷え込んでいた。
先週より10度は確実に低かったろう。
3季用のシュラフではもはや寒く、朝方の気温は0度近かったと思われる。
d0138986_11274269.jpg

「(烏帽子岩左稜線、)連休なんてぞろぞろ登ってたよ」
そんなうれしい話も小耳にはさむため、一番でとりつくべく、きーんと冷え込んだ廻り目平をあとにする。
まだ山の端に月が残っていた。

行く途中のケルンもずいぶんと立派に積まれ、踏み跡もしっかりしてきている。
こういうのは開拓したものにしかわからぬ喜びだろう。
中ほどまで登った頃、後続パーティーがアプローチの尾根を上がってくるのが見えた。
開拓した当初は、長く時間もかかるのでマンツーマンでなければ登れないかと思っていたが、かれこれ10回近く登っている私はだいぶ慣れてスピードアップしてきた。
今日は午前中に車に戻った。
d0138986_11372466.jpg


by uobmm | 2010-09-27 11:35 | 小川山クライミング | Trackback
2010年 09月 17日

烏帽子岩左稜線

d0138986_1352699.jpg

大同心を登った翌日は小川山に転身し、烏帽子岩左稜線を登りました。
『山と渓谷』『Rock&Snow』などにも記録が載り、訪れる人も増えているよう。うれしいものです。
d0138986_1365595.jpg

皆に喜んでもらえるような新しいルートをこれからも拓きたいものです。
d0138986_13111746.jpg


注意)烏帽子岩左稜線最終ピッチのチムニーの中のチョックストーンが動きました。だいたい真ん中辺にある大きなチョックストーンです。さわらなくても登れますので、ホールドにしないよう注意してください。

※松原は9月25日まで不在となります。

by uobmm | 2010-09-17 13:15 | 小川山クライミング | Trackback