カテゴリ:韓国( 25 )


2012年 11月 22日

テドゥン山

d0138986_22432795.jpg

こないだ訪れた韓国、テドゥン山。
ソウルから車で2時間半くらい。
韓国では人気の山の一つのようです。
私たちはクライミングで訪れましたが、“天空の階段”を登る、一般登山道も何とも楽しそう。
d0138986_22471626.jpg

2日目が雨となってしまい、1日しかこの山で登れなかったのは残念でした。
テドゥン山の向かいには天燈(チョンドゥン)山という山があって、ここにも面白そうなクライミングルートやリッジがあるのです。
次回は2~3日とって、この2つの山で登りたいものです。
d0138986_22493044.jpg

私たちが登った同志ルート(トンジ・キル)は、テドゥン山の山頂にダイレクトに突きあげます。
そして、頂上の鉄柵でビレイ(確保)。
d0138986_22511529.jpg

これが頂上です。800mしかない山とは思えない、素晴らしい展望!
1日しか登れなかったけれど、この山(エリア)を知ることができたのは収穫でした。
d0138986_22541149.jpg


by uobmm | 2012-11-22 22:55 | 韓国 | Trackback
2012年 10月 10日

紅葉の韓国の山々

d0138986_22132074.jpg

韓国の山は標高が高くないのでナナカマドは少ないですが、もみじがとても多いです。
白い岩に紅葉が映えていました。
d0138986_22114139.jpg
d0138986_22144755.jpg

雪岳山だけでなく、標高1,000mに満たないソウルの北漢山(仁寿峰のあるところ)でも紅葉が見頃でした。
d0138986_2214646.jpg


by uobmm | 2012-10-10 22:15 | 韓国 | Trackback
2012年 10月 09日

紅葉の仁寿峰

d0138986_2231554.jpg

最終日の今日は仁寿峰で登り、日本に帰国しました。
仁寿峰も雪岳山に負けず劣らず、紅葉がきれいでした。
d0138986_2231799.jpg


by uobmm | 2012-10-09 22:28 | 韓国 | Trackback
2012年 10月 08日

雪岳山の南側

d0138986_221867.jpg

今日は雪岳山の南側のエリアで登りました。
短いアプローチで手軽なマルチが楽しめます。
今日登ったコーラというルートは、初級のルートと思っていたのですが、どのピッチも登りごたえのある、なかなか味わい深い好ルートでした。
d0138986_221989.jpg

今日は早めに下りてソウルに戻りました。
明日は仁寿峰で登って日本に帰ります。
d0138986_2211142.jpg


by uobmm | 2012-10-08 21:54 | 韓国 | Trackback
2012年 10月 06日

雪岳山

d0138986_18472133.jpg

また韓国にやってきました。
今日は雪岳山の人気リッジルート、ユソンデを登りました。
週末なので混んでましたが、韓国クライマーたちと交流しながら、楽しく登れました。
d0138986_18472232.jpg


by uobmm | 2012-10-06 18:43 | 韓国 | Trackback
2012年 09月 26日

コーロンスポーツ

d0138986_151552.jpg

昨日のブログで紹介した、室内アイス施設があるコーロンスポーツ内には、ふつうのロックジムもあります。
規模はそれほど大きくはないですが、ルートもボルダーもあり、トレーニングするには十分な施設でした。
平日の昼間でしたが、ほぼ貸切り。
d0138986_1535371.jpg
d0138986_1543685.jpg

自然の石(?)を使った、こんな珍しい壁も。真ん中はクラックになっています。
d0138986_1565144.jpg

このコーロンスポーツ内には、宿泊できる部屋があって、1泊1,200円くらいで泊まることができます。
部屋も見せてもらいましたが、板敷きの大部屋ですが、きれいです。
シュラフも1泊200円くらいで借りられ、大きなシャワー室も別にあります。
プライベート空間がなくてもよいから安く泊まりたい、という人たちにはよいと思います。
確かにここに泊まっていれば、雨で仁寿峰が登れないときにはジムで登ればよいし、まわりに飲食のできる店はたくさんあるし、コンビニもあるしで、とても利便性が高いと思います。
d0138986_1511752.jpg

これはその近所で食べたビビンパ。
野菜がたくさんで、おいしかったです。
d0138986_15114147.jpg


by uobmm | 2012-09-26 15:11 | 韓国 | Trackback
2012年 09月 25日

真夏のアイスクライミング

d0138986_1314403.jpg

8月に出かけた韓国より。
ソウルには、何と通年でアイスクライミングができるインドア・アイスがあります。
噂には聞いていたけど、本当でした……。
場所は、仁寿峰のふもとの町ウイドンで、コーロン・スポーツという登山道具店のビル内です。
d0138986_13164782.jpg

写真だとわかりにくいですが、一番高さのあるところは20mあり、「世界一高さのあるインドア・アイスクライミング施設」としてギネスブックにも認定されています。
維持費がかかるだろうし、ペイしないだろうなと思うのですが、やっぱりプライドですかね。
d0138986_13192975.jpg

中にはこんなものも。ちなみに室内温度は-9℃でした。

by uobmm | 2012-09-25 13:20 | 韓国 | Trackback
2012年 08月 25日

仁寿峰のリッジルート

d0138986_11572311.jpg

韓国3日目、4日目は仁寿峰でリッジルートを登りました。
上の写真はコドックウィル。
リッジルートというよりは易しいクライミング・ルートと言った方がよいでしょう。
仁寿峰に登る易しいルートでは、他に「インスC」や「ピジョン」を登ったことがありますが、コドックウィルはその中では一番長さもあり、お薦めできます。
取付きもシュイナードAルートのすぐ右なのでわかりやすいです。
d0138986_122329.jpg

上の写真は仁寿リッジでのもの。変化に富んだ素晴らしいルートです。
仁寿リッジは仁寿峰を代表するリッジルートであり、個人的には仁寿峰の諸ルート中でも三本の指に入る好ルートだと思います。
仁寿峰を訪れたらぜひ登ってみてください。
アプローチがちょっと難しいのですが、私の以前のブログをご参照ください。
d0138986_1252384.jpg

上の写真も仁寿リッジです。上部は美しいクラックが出てきます。
d0138986_1263294.jpg

↑ 仁寿リッジのほぼ全景

d0138986_1271372.jpg

それから、私も初めて登ったスムンピョク・リッジ。
1ピッチ目はこんな美しいスラブからはじまります。易しいけれどボルトは少ないです。
d0138986_1281641.jpg

スムンピョク・リッジ上部の美しいリッジ。
スムンピョク・リッジは易しいし短いので、時間があまったときなどに登るとよいと思います。

<スムンピョク・リッジへのアプローチ>
白雲山荘からBamgol方面へ登山道を登る。白雲台と中間ピークのコルから階段になっている登山道を下る。途中からやや不明瞭になる登山道をそのまま谷沿いに下る。20分ほど下ると水場があり、その少し下に右手のリッジに上がる手すりがある。手すりをたどって行くとスムンピック・リッジの下部と上部を分けるコルに出る。ここが1ピッチ目の取付き。

※なお、ここに紹介した3本のリッジルートは、すべて『岳人』2009年8月号に紹介されています。
ただし、仁寿リッジとスムンピョク・リッジは、『岳人』の記事だけだとアプローチがわかりずらいです。

by uobmm | 2012-08-25 12:09 | 韓国 | Trackback
2012年 08月 23日

仁寿峰

d0138986_19383596.jpg

今日は一日天気もってくれ、2本のリッジルートを登ることができました。
d0138986_19383779.jpg


by uobmm | 2012-08-23 19:34 | 韓国 | Trackback
2012年 08月 22日

仁寿峰暮色

d0138986_21424555.jpg

暮れなずむ仁寿峰。
ソウルに戻り、仁寿峰のふもとの宿に泊まっています。
今日は午後になっと雨がやみ、ようやく1本登ることができました。
d0138986_21424662.jpg

こちらは昨日訪れたソウルのクライミングジム。なかなか充実した施設でした。

by uobmm | 2012-08-22 21:37 | 韓国 | Trackback