山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:雪山(その他の山域)( 34 )


2017年 04月 04日

鷲ヶ峰、和田峠山

d0138986_13272827.jpg
3月30日〜31日は霧ヶ峰、諏訪近辺でスノーハイク。
30日は鷲ヶ峰を登りました。
d0138986_13273373.jpg
翌31日は和田峠から三峰山のコース。私も初めてでした。
この山をご存じない方も少なくないと思いますが、ネットで検索すると記録はけっこう出てきます。展望のよい、なかなか素敵な山のようです。
d0138986_13272457.jpg
     ↑ 諏訪大社春宮近くにある万治の石仏

31日は天気下り坂で朝からガスっていましたが、高い山でないので問題ありません。
誰もいない静かな山を、スノーシューをはいてゆっくりと登って行きました。
この日は途中の和田峠山まで。
展望はありませんでしたが、和田峠山山頂はとても広々としていて、好ましい雰囲気です。
天気がよければきっと素晴らしいんだろうなと想像しますが、天気がよくなくてもよいところでした。
「また来ましょう」
ということで、のんびりと山頂をあとにしました。
d0138986_13274445.jpg






by uobmm | 2017-04-04 13:36 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2014年 02月 04日

このところ

d0138986_21463588.jpg

ブログの更新滞らせていました。
先週火曜日(1月28日)に上の写真の千波の滝を登った後、風邪で寝込んでいたからです。
その後気温が高い日が続き、雨が降ったりもしたので、この東京から最も近いマルチピッチアイスは、もう登れなくなってしまったかもしれません。
今年は寒い冬だったはずですが、この氷瀑が登れる期間は本当に短いです。
d0138986_21494737.jpg

d0138986_2150178.jpg

その前日の月曜日は芦安の氷瀑でした。
芦安もカモシカルンゼなどがとても薄く、トリコルネも例年より発達が悪いように思えましたが、こちらは暖かさではなく、この冬の気温が低かったからだと思います。
何年か前に一度、カモシカルンゼ1ピッチ目にまったく氷がなかったことがあるのですが、今年は同じパターンのように思えました。
ただ、今年は薄くても、登って登れないことはなさそうでしたので、今はもう少しよくなっているかもしれません。
いずれにしても、氷は本当に“水もの”ですね。
d0138986_21532778.jpg

カモシカルンゼが薄かったので、久しぶりにマシラに入りました。

by uobmm | 2014-02-04 21:53 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2014年 01月 22日

冬の赤城山

d0138986_22133856.jpg

雑誌の仕事で赤城山(黒檜山)へ。
無雪期は何度も訪れたことがあるが、冬に登るのは初めてだった。
天気は良いとも悪いとも言えなかったが、樹氷が美しく、いい雰囲気だった。
d0138986_2217330.jpg

大沼も完全結氷し、氷上にテントを張ってワカサギ釣りにいそしむ人々の姿もあった。
大沼にはちょっと懐かしい思い出もある。
冬の赤城は思っていた以上によい山だし、よいところだった。
雪の時期に、またゆっくりと訪れてみよう、と思った。
d0138986_22201237.jpg


※山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。2014年1~3月の募集企画をアップしています。2014年新企画もスタートしました。

by uobmm | 2014-01-22 22:20 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2014年 01月 21日

御坂アイスなど

d0138986_1114815.jpg

先週金曜日はガイド仲間のNらと、千波の滝へ。
車道から眺めた感じはよさそうに見えましたが、実際は1ピッチ目はまだかなり薄く、恐ろしいです。
2~3ピッチ目はよい状態でしたたが、1ピッチ目はまだ少し早いと思えました。
d0138986_1144941.jpg

土日は岩根山荘のアイスイベント。
参加者も30名を超える大盛況。
お天気にも2日間恵まれ、活気あるイベントとなりました。
d0138986_118428.jpg
 
そして月曜日は再び千波の滝へ。
週末冷え込んだし、3日たっているので、結氷も進むだろうと期待していたのですが……。
取付きまで行ってみると、氷の厚さ自体は少し増し、岩が見えている箇所も減ってはいたのですが、なぜか金曜日よりも氷がゆるんでいて(融けていて)、表面を水がかなり流れていました。
こんなに寒いのになぜ?? と思いましたが、登る気になれず撤退。
d0138986_11113485.jpg

転身先をいろいろ考えましたが、結局、あまり期待できないと思いつつも、すぐ近くの神明の滝を目指すことに。
上の写真はその前に見に行ったサルメグリの滝。
おそらくもう行かないかな……。
d0138986_1117842.jpg

神明の滝のある横沢は、沢床もよい感じに凍っていて期待を抱かせました。
しかし……、神明の滝の一段下の滝は登れたのですが、肝心の神明の滝は上部がつながっておらず、ジ・エンド。
d0138986_1119323.jpg

↑ 神明の滝

その後、不動滝を見に行こうとしましたが、ゴルジュにはばまれ、断念。
でも、凍ったゴルジュの通過は、ちょっとスリルがあって楽しいですね。
冬の沢登り楽しいかも、と一瞬思ってしまいました。
d0138986_1114030.jpg

横沢はちゃんと凍っているならけっこう楽しめる沢と思いましたが、これだけ冷えたシーズンでさえこれですから、なかなか難しいですねえ。2月頃ならいいのかなあ。

※山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。2014年1~3月の募集企画をアップしています。2014年新企画もスタートしました。


d0138986_11222943.jpg


by uobmm | 2014-01-21 11:22 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2013年 02月 22日

雷電海岸

d0138986_10344772.jpg

お客さまからいただいた、北海道・雷電海岸アイスの写真。
雰囲気を少しはお伝えできるかなあと思います。
d0138986_1036249.jpg

標高100mかそこらなのに、まるで深い山の中でクライミングしているような感じ。
北海道はやはり内地とちがいます。
d0138986_10461646.jpg

宿泊した岩内温泉の宿もかなりよかったです。
海の幸がとてもおいしく、温泉もよく、眺めもよし。かつリーズナブル。
宿だけでも行く価値ありです。
d0138986_10475049.jpg

北海道はやっぱりいいですねえ……。
d0138986_10495743.jpg


by uobmm | 2013-02-22 10:50 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2013年 02月 12日

雷電海岸・ナイル川

d0138986_22421784.jpg

雷電最終日は、雷電海岸を代表する氷柱「ナイル川」に行きました。
120m、3ピッチのビッグルートです。
といっても、今日は帰る日なので1ピッチだけ登りました。
d0138986_22442254.jpg

海をバックに、露出感のある垂直の氷柱を登ります。
1ピッチだけですが、すてきなクライミングでした。
またいずれ上まで登りに来たいものです。
d0138986_22453874.jpg

3日間、あまり天気には恵まれませんでしたが、初めての北海道アイスは素晴らしいものでした。
ご一緒いただいた2人に感謝!

by uobmm | 2013-02-12 22:47 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2013年 02月 02日

千波の滝

d0138986_117543.jpg

平日に千波の滝へ行ってきました。
千波の滝は御坂山塊にある150mほどもある大きな氷瀑です。
標高の低いこんな場所に、よくぞこんな巨大な氷瀑ができるものだと思います。
暖かい日が続いたり雨が降ったりすれば、氷が緩んで登れなくなってしまうので、登れる時期はそう長くありません。
私は千波に来るのは、かれこれ7~8年ぶりだと思います。
d0138986_11111181.jpg

この日は平日にもかかわらず、大勢のパーティーがこの氷瀑を訪れていました。
(このブログの写真のほとんどは、いあわせた同じガイド組合のYガイドが撮ってくれたものです)
取付きに着くとすでに先行パーティーが登っていたので、私たちは右のラインから登りました。
50m近くロープを伸ばして3ピッチの登攀です。
d0138986_11304336.jpg
あとからもさらに後続パーティーがやってきて、全部で6組くらい来たようですが、右ラインを登ったのは私たちだけだったので、あまり他を気にせず気持ちよく登ることができました。
d0138986_11185926.jpg

6時に自宅を出て、12時には終了点に着きました。
千波の滝は、手頃に大きなマルチアイスが楽しめる、東京近郊では貴重な1本だと思います。
d0138986_11261869.jpg


by uobmm | 2013-02-02 11:33 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2012年 03月 28日

黒斑山

d0138986_1548697.jpg

月~火は日本での仕事はじめで、高峰温泉に泊まって水ノ塔山、黒斑山へ。
うまい具合に最高のお天気に恵まれ、いつものごとく、素晴らしい展望を満喫できました。
黒斑(くろふ)山は簡単に登れる山ですが、つぐづく名山と思います。

ところで今回のヒマラヤはベースキャンプが本当に寒く(朝方の気温は-30度くらい)、そのため何度となく、「温泉入りた~い」と考えたものでした。
帰国して最初の仕事の行き先が、日本の名湯・高峰温泉だったのは、意図したわけではないのですが(笑)、なかなかよかったです。
「温泉&登山」という黄金の組み合わせを楽しめる私たちの国は、やっぱり恵まれてると思いますねえ……。

by uobmm | 2012-03-28 15:58 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2011年 05月 20日

長次郎谷から剱岳

d0138986_1553097.jpg

今回の剱岳は長次郎谷から頂上を目指しました。
長次郎谷は「ちょうじろうたん」と呼びます。
長次郎谷左俣は、ご存じ剱岳の“初登ルート”です。

剱沢小屋を4時前に出発しましたが、いまの時期、その時間でもすでに薄明るくなりはじめていました。
d0138986_1571937.jpg

「岩と雪の殿堂」とは剱岳に冠された言葉ですが、長次郎谷を登る時、いつも私はそのあまりにも的を得た修辞句を頭に浮かべます。
日本でもっともアルプス的な景観が味わえる場所が、剱岳のこの長次郎谷ではないかと私は思います。
d0138986_15254483.jpg

長い登りをへて長次郎のコルに登りつけば、周囲の風景がガラリと変わります。
最後の急な雪壁を登ると、八ツ峰のぎざぎざの威容が背後に間近く、さえぎるもののないすさまじい展望が広がります。
文句のつけようのない天候の中、静かな山に浸り切り、雄峰・剱岳を存分に味わうことのできた幸福な一日でした。
d0138986_1531033.jpg


by uobmm | 2011-05-20 15:05 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2011年 05月 19日

剱岳ふたたび

d0138986_17405114.jpg

また剱岳に行ってきました。
GWに比べ、静かで、雪も落ち着いており、この時期の剱岳はよいなあと思いました。
日数も4日間あり、ゆったりとよい時間を過ごすことができました。
d0138986_1744246.jpg


by uobmm | 2011-05-19 17:45 | 雪山(その他の山域) | Trackback