<   2009年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 31日

尾瀬

2009年7月29日~30日
d0138986_13401917.jpg

やっぱり尾瀬は、何度来ても、いつ来ても素晴らしい。
変なことを思うのですが、わざわざ他の山に行くより、季節を変えて尾瀬に来た方が、すてきな景色に出会えるのでは、なんて思います。
まあ要は、自分が行ってみたいのでしょうね。
これからは、年に何回か、尾瀬のプランを組もうかしらん……。
d0138986_134637.jpg

2日目、予想外の好天に恵まれ、予定の至仏山に登ることができました。
白山に引き続き、「山の天気は来てみないとわからない……」。
この4日間は我ながら天候にうまく当たりました。

by uobmm | 2009-07-31 13:50 | 上越の山 | Trackback
2009年 07月 30日

白山

2009年7月27日~28日
d0138986_20402015.jpg

私がいまさら言うことでもないだろうが、加賀の白山は名山だと思う。
北アルプスからも離れ、北陸の地にひとり孤高のたたずまいを見せる。

登ってみれば、山は大きくゆったりとしており、それでいて変化に富んだ風景もある。
高山植物の豊富さについては述べるまでもなかろう。
d0138986_2054469.jpg

d0138986_20532134.jpg

雨の中、室堂まで登った翌日は予想外の好天となった。
山の天気は来てみないとわからない、と改めて思った。
もともとの計画は3日間で中宮温泉の方へ縦走する予定だったが、天気の関係で1泊2日の一般道往復プランに変更した。
白山に登るのは5度目だが、いまだ一度も縦走を果たしていない。
次回こそ、この素晴らしい大きな山塊のさらなる真価を味わうべく、これまで歩いたことのないコースを時間をかけて歩いてみたい。
d0138986_20585558.jpg


by uobmm | 2009-07-30 20:58 | 北アルプス(一般登山) | Trackback
2009年 07月 28日

白山

d0138986_203634.jpg

d0138986_2036344.jpg

d0138986_2036396.jpg

加賀の白山に登る。
室堂に泊まった二日目の今朝、予想以上の好天となった。
白山は富士山、立山と並び日本三霊山に称えられる。その名に恥じぬ名峰だと私も思う。

by uobmm | 2009-07-28 20:36 | その他 | Trackback
2009年 07月 26日

夜行列車

d0138986_2332104.jpg

d0138986_23321085.jpg

上野駅から急行能登に乗って金沢に向かいます。
上野発23:33。金沢着が朝の6時半です。

能登に乗るのはいったい何年ぶりくらいだろう?
このうら寂しい上野駅のホーム。
懐かしい…。

学生時代、冬山合宿は毎年剣岳に行っていたのだけど、必ずこの列車を利用した。
馬鹿でかいザック(なにしろ二十日分)と、冬の剣に向かう緊張。そして昂揚。
懐かしいな。みんなどうしているだろう…?

by uobmm | 2009-07-26 23:32 | その他 | Trackback
2009年 07月 25日

空は青く

d0138986_16112853.jpg

素晴らしい夏空。
こんな天気の日は、家にいるのがもったいないなあ…とつくづく思います。
考えてみれば、昨日まで山にいたというのに、やっぱりそう思うんですよね。

家からバス停まで歩いてきたら、空があまりにもきれいで、このままどこかに飛んでいっちゃいたいなあ、と思いました。

by uobmm | 2009-07-25 16:11 | その他 | Trackback
2009年 07月 24日

小川山

2009年7月23日~24日
d0138986_21563591.jpg

そうとう怪しい空模様におびえつつ小川山へ。
着いてみれば、廻目平もまだ曇り空だったが、次第に青空が広がり、まだ濡れていた岩も乾いてきた。
父岩で2本登ったところでまた雨となり、荷物を撤収。
こんな時は親指岩だ。
「日本一有名なクラック」として名高い親指岩の小川山レイバックは上が屋根状になっているので少々の雨ならまったく濡れない。今まで何度か雨の日にお世話になった。
今日ももちろん乾いている。
が、着く頃には雨も上がり、すっかり晴れてきて、別に親指岩でなくても大丈夫だった。
明日もこの調子で晴れてくれれば……。
d0138986_2155445.jpg

2日目。朝起きれば外はどしゃぶり。夜中から降りだしたようだ。
すっかりあきらめ、今日はすぐ下にあるクライミングジム・オンサイトで登るつもりで、朝食後にお客さんともども二度寝してしまった。
10時過ぎにうだうだと起きだしてみれば、なんと外は晴れている!
乾きが早いのが小川山の岩の長所の一つ。
すっかり晴れて、さわやかな風の吹く中、屋根岩に上がれば、樹林の中の岩はまだ濡れていたが、陽のあたる岩はすでに乾いて登れる状態となっている。
天気は昨日よりよいくらいだ。朝起きたときは、まさか今日登れるとは夢にも思わなかった。
そらまめスラブを登ったあとは、天気も上々なので、マルチピッチのセレクションへ。
ああ、気持ちいいなあ……。
今日の東京の天気はどうなんだろう……?
小川山にはさわやかな初夏の風が吹いていた。


(小耳にはさんだ話) 金峰山荘の少し下のレタス畑に温泉ができるそうですよ。

by uobmm | 2009-07-24 22:14 | クライミング | Trackback
2009年 07月 23日

晴れて・くれました

d0138986_17375914.jpg

雨模様の東京をあとにして小川山へ。
天気はかなり微妙でしたが、晴れて!! くれました。

by uobmm | 2009-07-23 17:37 | その他 | Trackback
2009年 07月 21日

ベルジュエール

2009年7月20日
d0138986_11472535.jpg

瑞牆山・十一面のベルジュエールを登りに行く。
この有名ルートを登るのは(恥ずかしながら)初めてだった。
瑞牆山には無数とも言える岩峰が林立するが、十一面岩はそのフラッグシップと言える大岩峰である。
ベルジュエールも、歩きに近いピッチをのぞいて全8ピッチあり、日本アルプスの大岩壁と比べてもスケールにおいてほとんどひけをとらないくらいである。
d0138986_11535910.jpg

つけられているグレード(難易度)にしては難しめのピッチが多く、登り応えのあるクライミングだった。
以前に比べ瑞牆の岩場を訪れるクライマーは増えているが、それでもここは隣の小川山に比べ静かで、雄大な南アルプスを眺めながらの楽しいクライミングができた。

by uobmm | 2009-07-21 12:04 | クライミング | Trackback
2009年 07月 21日

瑞牆山・十一面岩

2009年7月20日
d0138986_082767.jpg

山岳部の後輩の橋本と瑞牆山のクライミングに行ってきました。

by uobmm | 2009-07-21 00:09 | クライミング | Trackback
2009年 07月 19日

夏の夕暮れ

d0138986_19103264.jpg

我が家の外に、きれいな虹がかかりました。

by uobmm | 2009-07-19 19:12 | その他 | Trackback