<   2010年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2010年 05月 31日

小川山

d0138986_2033634.jpg

土日月と3日間小川山でクライミングでした。
土曜日は本当は北アルプスの唐松岳に行く予定だったのですが、天気がよくなさそうなので急きょ小川山クライミングに変更。
梅雨入り前のこの長い不順天気には困ったものです。
でも、さすが小川山。
土日月とも天気予報はいまいちでしたが、3日間ともしっかり登ることができました。

今、小川山はシャクナゲとミツバツツジの時期を迎えています。
白い岩と木々の緑、そして淡いピンクの取り合わせは、えも言われぬ美しさです。
d0138986_2095422.jpg


by uobmm | 2010-05-31 20:10 | クライミング | Trackback
2010年 05月 24日

一ノ倉沢

d0138986_1231337.jpg

山岳部の合宿2日目は場所を一ノ倉沢に移し、再び雪上訓練です。
二ノ沢の出合付近の斜面を使います。
理由は定かにはわかりませんが、一ノ倉沢の方がマチガ沢よりも雪渓の雪がだいぶ固いのです。
なのでうちの山岳部では、昔から、初日はマチガ沢、2日目以降は一ノ倉沢で雪上訓練を行ってきました。
d0138986_12345627.jpg

久しぶりに仰ぎ見る一ノ倉沢は、やはりすごい迫力です。
この日は土曜日であったため、クライマーが続々とテールリッジを登って行くのが眺められました。
d0138986_12365884.jpg

衝立岩は、今では登る人もだいぶ少なくなったと思います。
私も学生時代、2本のルートを登りました。
もう登ることもないかもしれません。
d0138986_12391250.jpg

日曜日から天気が悪くなりそうなので、学生たちはこの日、雪上訓練を早めに切り上げ、1日早くこの日、縦走に出発しました。

by uobmm | 2010-05-24 12:40 | 上越の山 | Trackback
2010年 05月 22日

マチガ沢

d0138986_185286.jpg

山岳部の合宿について、谷川岳に行ってきました。
初日はマチガ沢で 雪訓(雪上訓練)です。
前夜までの雨も上がり、最高の天気となりました。ただ、ちょっと暑かった。
d0138986_1854965.jpg

私はとにかく、久しぶりに見る谷川の新緑の美しさに心を打たれました。
谷川周辺の新緑の美しさは日本でも有数なのだと、ものの本で読んだことがあります。
きらめくブナの新緑。雪がまだらに残るたおやかな稜線。
この時期の上越の山の素晴らしさは何物にも代えがたい気がします。
あの美しい稜線を、ゆっくりと歩いてみたいものです。
d0138986_191976.jpg


by uobmm | 2010-05-22 19:00 | 上越の山 | Trackback
2010年 05月 21日

谷川岳

d0138986_16262091.jpg

山岳部の合宿で学生と谷川岳に来ています。
今日はマチガ沢で雪上訓練でした。
谷川岳指導センターから先のゲート、予定を早め、今朝開きました

by uobmm | 2010-05-21 16:26 | その他 | Trackback
2010年 05月 20日

谷川へ

d0138986_13164965.jpg

今日から谷川岳方面に行ってきます。
写真は谷川とは全然関係ありませんねえ……。
南極ブログ、最近復活更新中です。

by uobmm | 2010-05-20 13:18 | Trackback
2010年 05月 18日

日向山

d0138986_1938758.jpg

甲斐駒のふもとの小さな展望台、日向山。
初めてこの山に登った時の感動は忘れがたい。
あれは秋の夕暮れ時で、私はたった一人でザックも持っていなかった。
(もともと登るつもりで行ったわけではなかったから)。

あの時の私と同じ感動を味わっていただくために、この山に登る時はぜひ、錦滝経由ではなく、矢立石からの尾根道コースを上がってほしい。
その方がきっと感動が大きいと思うから。
もちろん、天気がよく、クリアに晴れた日であるという前提で。
d0138986_1952597.jpg

さて、今日は実はそこまでよく晴れてはいなかった。
かろうじて八ヶ岳を眺めることができた。
また、紅葉の時期に出直しましょう。
カラマツが色づき、はらはらと落ちる頃のこの山はまた素晴らしいのですよ。
でも今日は、最高に美しい新緑の中を歩けただけで、とても幸せな一日でしたね。
d0138986_1958444.jpg


by uobmm | 2010-05-18 19:59 | ハイキング | Trackback
2010年 05月 15日

新緑・新ルート

d0138986_1027275.jpg

おとといは篠原さんと新ルート開拓の続きに行ってきました。
d0138986_10314880.jpg

周囲の山が夢のように美しかった!
目の覚めるような新緑とはまさにこのことかと思いました。
つたない写真だとその素晴らしさはなかなか伝えられないですね。
d0138986_10321354.jpg

早春の山の萌黄色と5月の新緑は、日本の“もっとも美しい色”ではないでしょうか。
短い季節なのでつくづく大事にしたいなあと思います。

新ルートの完成にはもう1日くらいかかりそうです。

by uobmm | 2010-05-15 10:34 | クライミング | Trackback
2010年 05月 14日

霧訪山

d0138986_19181682.jpg

今日は塩尻の霧訪山に行ってきました。
霧訪山と書いて、「きりとうやま」と読みます。
この何ともロマンティックな名前の山を私も数年前まで知りませんでした。
標高1,305m。登山口から1時間少々で登れる小さな里山ですが、山頂に上がれば“一望千里”とうたわれる大パノラマが広がります。
d0138986_19213780.jpg

残念ながら、今日は雲が多く、最高のパノラマには出会えませんでしたが、春の小さな山歩きもまた愉しかりけり、でした。
d0138986_19232933.jpg

↑ オキナグサ。山頂では今の季節、この希少な花に出会えます。

by uobmm | 2010-05-14 19:25 | ハイキング | Trackback
2010年 05月 12日

前穂北尾根

d0138986_10542913.jpg

報告が遅くなりましたが、GWの前穂北尾根です。5月3日に登りました。
最初の写真は涸沢の朝。この日も穏やかによく晴れました。
今回はお客さまが3名だったため、涸沢小屋の谷剛士ガイドに来てもらい、ガイド2名+お客さま3名で登りました。
d0138986_1114622.jpg

北穂東稜もそうですが、北尾根は無雪期、積雪期いつ登っても素晴らしい。
ロケーション、登り応え、風格、とれをとっても一級品。
本当に日本を代表するクラシック中のクラシックです。
d0138986_1184134.jpg

核心部の3峰では1時間の順番待ちになってしまいましたが、それ以外は順調に登ることができました。
d0138986_11103673.jpg

d0138986_11124814.jpg

前穂山頂からは奥明神沢を慎重に岳沢へと下降。上高地へと下山しました。
気温が高く、下界は春を通りこして初夏のよう。
まだ雪のたっぷり残った白銀の涸沢や穂高は、本当に別世界だったとつくづく思いました。
d0138986_1118284.jpg

↑ 北穂東稜にて。前穂北尾根をバックに

by uobmm | 2010-05-12 11:19 | 北ア(積雪期) | Trackback
2010年 05月 10日

烏帽子岩・左稜線

d0138986_1855969.jpg

小川山の新しいルートに初めてお客様を連れて出かけました。
日曜日でももちろん貸切り。人の声すら聞こえません。
20ピッチのルートを登りきると、予想したとおり、マンツーマンでも一日がかり。
でも、とても楽しんでいただけたようです。
近いうちにルートの詳細を発表する予定です。
ぜひ多くの方に愛されるルートになってほしいと思います。
d0138986_1852066.jpg


by uobmm | 2010-05-10 18:10 | クライミング | Trackback