<   2011年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 31日

仙丈ヶ岳

d0138986_9161150.jpg

年内最後の仕事は南アルプスの仙丈ヶ岳。
北沢峠から昨日30日に山頂を目指したのですが、強風のため小仙丈岳の手前で引き返すことになりました。
さすがに冬の3,000m峰、あなどれじです。
ただ、前後に1日ずれていたら、おそらくよい条件で登れただろうと思うとちょっと残念でした。
d0138986_9193727.jpg

天気は快晴で、大滝の頭付近までは気温は低いものの風も穏やか、山頂に立てることを疑っていませんでした。
しかし、森林限界を越えた途端に、まともに歩けぬようなすさまじい風!
小仙丈で引き返してきたという先行の登山者は、鼻の頭が白く凍傷になりかけていました。

冬の仙丈ヶ岳は険しい箇所はないのですが、上部の風の強さと、悪天になった時の下山路のルートファインディングの難しさから、冬の甲斐駒よりも登頂率は下がるかもしれません。
しかし、景色は最高でした。
甲斐駒とその左に連なる鋸岳が、無雪期とはまったく別物に感じられる、素晴らしい迫力でした。

by uobmm | 2011-12-31 09:27 | 南ア(積雪期) | Trackback
2011年 12月 28日

峰ノ松目沢

d0138986_12233996.jpg

小淵沢道の駅で午前6時に横浜のYさんとおちあい、八ヶ岳に日帰りアイスクライミング。
当初三叉峰ルンゼを予定していたが、雪崩のリスクが低く、アプローチも近い峰ノ松目沢に変更した。
峰ノ松目沢には5~6回入っているが、いつも1月や2月で、新雪期に入るのは初めてだった。
苦労させられることも多いF1(最初の氷瀑)までのラッセルもまったくなく、氷のナメ床が露出していてとてもきれいだった。
d0138986_12275193.jpg

ようやく冬型気圧配置も緩み、午後から久しぶりの青空が広がった。
新雪のついた樹氷と青空のコントラストが美しい。
氷瀑の氷結状態はよく、滝の露出部も大きい。
最後の垂直の滝だけはまだつらら状で、例年より難しかったが、全体としてはとてもよい状態であった。
d0138986_12311091.jpg

午後も早い時間に下りてきて、振り返る八ヶ岳がとても美しかった。

by uobmm | 2011-12-28 12:37 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2011年 12月 27日

連休が終わり

d0138986_181114100.jpg

三連休が終わる日曜日に赤岳鉱泉へ。
冬型気圧配置が続いていて、強烈に寒く、赤岳鉱泉は雪が降っていた。
2週間前に来た時にはまだ登れなかった人工氷瀑アイスキャンディーも、このところの寒さで見事に成長していた。
d0138986_18153789.jpg

翌月曜日も残念ながら天気は好転しなかった。
稜線ではまだそうとう吹き荒れていることだろう。
連休はかなりにぎわってたようだが、連休と年末休みのはざまで山は静かだった。
行者小屋にもテントは一張りだけ。
今回初めてご一緒したFさんと、また静かな山をゆっくりと歩きたいものだ。
もちろんそのときは青空の下で。

d0138986_18323331.jpg

P.S. 帰りがけに南沢小滝をのぞくと、雪が積もっていないため、いつにもまして高さがあり立派でした。

by uobmm | 2011-12-27 18:34 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2011年 12月 23日

真鶴半島ウォーキング

d0138986_20163513.jpg

文字通りのクリスマス寒波が襲来した3連休初日。
冬型気圧配置の時はご存じのように、太平洋側では乾いた晴天。日本海側では荒天というのが通常ですが、ときどき訪れるひじょうに強い冬型のときには、茅野や小淵沢といった基本的に太平洋側に位置する町でも雪が降ることがあります。名古屋あたりで雪が舞ったりするのもそういうときです。
けれども今日のように、冬型気圧配置の日に東京や、私が今日出かけた真鶴あたりで一日中どんよりと曇り、ときおり雨がぱらつくなどといった天気になることはきわめて珍しいのではないかと思います。
よっぽど!! 冬型が強かったのでしょう。
d0138986_20223390.jpg

さて今日は真鶴半島を歩いてきました。
真鶴駅からスタートし、途中寄り道しながら岬まで行き、またぐるっとまわって帰ってくる……。
真鶴半島は、特に真鶴岬周辺によい遊歩道が整備されていて、しかもそのあたりは照葉樹の森がとても素晴らしいのです。
天気はどんよりしていましたが、歩いているぶんにはそれほど寒くもなく、なかなかよいハイキングというかウォーキングができました。
山から離れれば、まだまだ歩いたことのない魅力的なコースがきっとたくさんあるのでしょうね。
d0138986_20323114.jpg


by uobmm | 2011-12-23 20:32 | ハイキング | Trackback
2011年 12月 19日

城山

d0138986_19583826.jpg

日帰りで伊豆の城山へ。
「左ルート」や「A’ルート」など、あまり登られていないマルチピッチを登る。
登る人は少ないと思うが、ボルトは整備されているし、内容も悪くない。
城山のマルチはバトルランナーとエキスカーションだけにあらず。
d0138986_2015497.jpg

城山の岩壁にはりついて眺める景色はいつ見てもよい。
大仁、好きだなあ……。
伊豆や箱根など、比較的温暖な地域にある山に魅かれるのは私だけだろうか?

by uobmm | 2011-12-19 20:06 | クライミング | Trackback
2011年 12月 18日

富士山

d0138986_1803143.jpg

日本山岳会青年部の雪上訓練で富士山へ。
今回は御殿場口ではなく吉田口。5合目の佐藤小屋にテント泊。
毎年訪れているわけではないが、おそらく例年に比べてかなり雪が少ない。
よい雪訓場所を探すのが難しかった。
d0138986_1833989.jpg

先週末入ったパーティーは馬返しから歩いたと聞いていたが、その後雪が減ったようで、今週はスバルラインが開通していたのはありがたかった。
スバルラインが開いていると、5合目の土産物屋なども夏同様に営業しているとは知らなかった。
あの厳しい冬の富士山で、観光客の姿を見るのは不思議な気がする。
しかし展望は最高で、スバルラインが開いているなら、5合目に来るのは夏よりも冬の方が圧倒的に素晴らしいと思った。
d0138986_1810014.jpg


by uobmm | 2011-12-18 18:11 | 富士山 | Trackback
2011年 12月 17日

富士山

d0138986_1083358.jpg

また富士山に来ました。
スバルライン開いてました。
南アルプス、素晴らしい眺め!

by uobmm | 2011-12-17 10:08 | Trackback
2011年 12月 15日

矢倉岳

d0138986_193055.jpg

箱根の矢倉岳へ。
まるでおにぎりのような形をしたよく目立つ山だ。
d0138986_19305858.jpg

晴れた冬の日の低山は、いつだって気持ちいい。
d0138986_19315957.jpg

そして広々とした山頂で、富士のお出迎え。
d0138986_19325071.jpg

さらに富士山。
d0138986_19332739.jpg

小田原方向。
d0138986_1934662.jpg

よき山でした。

by uobmm | 2011-12-15 19:35 | ハイキング | Trackback
2011年 12月 14日

八ヶ岳

d0138986_12202573.jpg

3日間八ヶ岳に入りました。
積雪は少なめですが直前に降ったため山は真っ白におおわれ、景色は厳冬期のようでした。
上の写真は三叉峰ルンゼの大滝。
今冬は11月の暖かさで氷瀑の発達がひじょうに遅いのですが、三叉峰ルンゼはよく凍っていました。
d0138986_12244057.jpg

↑ 石尊稜を登る登山者と阿弥陀岳

いよいよ本格的雪山シーズン。
いっそう気を引き締めて山にのぞもうと思います。
d0138986_1224686.jpg


by uobmm | 2011-12-14 12:26 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2011年 12月 09日

合宿

d0138986_2092798.jpg

最近のこの時期の富士山は、雪上訓練、雪上講習をやりにくる登山者で、吉田口の佐藤小屋などは週末、100人を超える泊まり客でにぎわうそうです。
ちょっと驚きです。
しかし、私たちが昔から使っている御殿場口は今も変わらず静かなよう。
月曜日に出会った登山者は一人。火曜日は誰にも会いませんでした。
d0138986_20134149.jpg

学生の合宿に参加して思ったことは、
自分に活を入れたければ、山岳部の合宿、とりわけ積雪期の合宿に参加するのが一番だな。
ということでした。
d0138986_20203291.jpg


by uobmm | 2011-12-09 20:23 | 山岳部 | Trackback