山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2012年 09月 26日

コーロンスポーツ

d0138986_151552.jpg

昨日のブログで紹介した、室内アイス施設があるコーロンスポーツ内には、ふつうのロックジムもあります。
規模はそれほど大きくはないですが、ルートもボルダーもあり、トレーニングするには十分な施設でした。
平日の昼間でしたが、ほぼ貸切り。
d0138986_1535371.jpg
d0138986_1543685.jpg

自然の石(?)を使った、こんな珍しい壁も。真ん中はクラックになっています。
d0138986_1565144.jpg

このコーロンスポーツ内には、宿泊できる部屋があって、1泊1,200円くらいで泊まることができます。
部屋も見せてもらいましたが、板敷きの大部屋ですが、きれいです。
シュラフも1泊200円くらいで借りられ、大きなシャワー室も別にあります。
プライベート空間がなくてもよいから安く泊まりたい、という人たちにはよいと思います。
確かにここに泊まっていれば、雨で仁寿峰が登れないときにはジムで登ればよいし、まわりに飲食のできる店はたくさんあるし、コンビニもあるしで、とても利便性が高いと思います。
d0138986_1511752.jpg

これはその近所で食べたビビンパ。
野菜がたくさんで、おいしかったです。
d0138986_15114147.jpg


by uobmm | 2012-09-26 15:11 | 韓国 | Trackback
2012年 09月 25日

真夏のアイスクライミング

d0138986_1314403.jpg

8月に出かけた韓国より。
ソウルには、何と通年でアイスクライミングができるインドア・アイスがあります。
噂には聞いていたけど、本当でした……。
場所は、仁寿峰のふもとの町ウイドンで、コーロン・スポーツという登山道具店のビル内です。
d0138986_13164782.jpg

写真だとわかりにくいですが、一番高さのあるところは20mあり、「世界一高さのあるインドア・アイスクライミング施設」としてギネスブックにも認定されています。
維持費がかかるだろうし、ペイしないだろうなと思うのですが、やっぱりプライドですかね。
d0138986_13192975.jpg

中にはこんなものも。ちなみに室内温度は-9℃でした。

by uobmm | 2012-09-25 13:20 | 韓国 | Trackback
2012年 09月 24日

続・剱岳

d0138986_1958243.jpg

学生2人との剱岳2日目は、6峰Aフェース中大ルートから八ツ峰上半を登った。
中大ルートは3ピッチと短いけれど、それほど易しくはない。Cフェース剱稜会あたりと比べると、2グレードくらい難しいから、そのつもりで行った方がよいだろう。でも、すっきりしたよいルートである。
d0138986_2043153.jpg

この日は午後からの天気予報があまりよくなかったが、結局1日もってくれ、八ツ峰上半からさらに本峰へと歩き、剱沢のベースへとラウンドした。
d0138986_205695.jpg


by uobmm | 2012-09-24 20:05 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2012年 09月 21日

剱岳・別山の岩場

d0138986_19121371.jpg

17日に剱沢で、今度は学生の原君、本田君と合流。
翌日からの天気も微妙ということで、午後2時から別山の岩場へ。
剱沢テント場の上にのぞまれる別山の岩場には、文登研の研修時にボルトやハーケン打ちなどの練習に訪れたことはあったが、マルチピッチとして上まで登るのは初めてだった。

岩場は段々になっていて、下から見てもぱっとしないが、岩は花崗岩で意外にかたい。
ラインを選べばある程度残置もある。
何よりクラックが発達しているのがよい。
ここはハーケン打ちやボルト打ちの練習もよいが、何よりカムを使う練習をするのに適した岩場だ。
今回私はカム2個しか持っていなかったが、次に訪れるなら1セット(3番は2個かな)持っていこうと思う。そうすれば、より楽しいラインも登れるかもしれない。
d0138986_19203619.jpg

最終5ピッチ目は、「別山の岩場にこんな美しいピッチが!」と思えるような素敵なコーナークラックだった。
終了点に着いたのは午後5時近かったが、それでも5時半にはテントに戻ってくることができた。
別山の岩場はアプローチが至近で、下降も早い。
何より、剱岳の素晴らしい眺めを満喫しながら登ることができる。
意外に楽しめる岩場かもしれない。
d0138986_19271221.jpg


by uobmm | 2012-09-21 19:28 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2012年 09月 20日

剱岳

d0138986_1044205.jpg

瑞牆から続けて剱に入山。
6日間、剱に入っていました。
まずは熊ノ岩にベースをおいて、チンネ左稜線。
先週土曜日のチンネは私たちの他に1パーティーだけ。
前日室堂から熊ノ岩までがんばって上がってきた甲斐がありました。
d0138986_1047468.jpg

チンネは快適に登りましたが、下りる頃より雨。
だいぶ降られましたが、夜には上がりました。
翌日はCフェース剱稜会ルートから八ツ峰上半。
この日は連休中日とあって6峰フェースには続々とクライマーがつめかけてきましたが、私たちは首尾よく一番乗りをゲット。
最高の景色を堪能しながら、八ツ峰の稜線漫歩を存分に味わい、午前11時には熊ノ岩に戻りました。
d0138986_10514166.jpg


by uobmm | 2012-09-20 10:54 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2012年 09月 13日

瑞牆山

d0138986_19461214.jpg

瑞牆山のベルジュエールを登りました。
私たちのうしろから、おりしも来日中の世界的アルパインクライマー、スティーブ・ハウスが登っていました。
d0138986_19461536.jpg


by uobmm | 2012-09-13 19:42 | クライミング | Trackback
2012年 09月 11日

9月の槍ヶ岳

d0138986_1124849.jpg

土曜日から3日間、槍沢から槍ヶ岳を往復してきました。
写真は昨日月曜日朝の槍ヶ岳山荘からの槍の穂先です。
出発前の天気予報はとても悪く、3日間すべてで降られることも覚悟していたのですが、予報とはまったく異なり、3日間一度も雨に降られずに歩くことができました。
d0138986_1152222.jpg

週末だったにもかかわらず、8月までと比べ、山が劇的に静かになっていたことに驚きました。
夏のような暑さもないし、9月の山はとてもよいです。
登山者の数がこれほど減るのが不思議な気がします。
d0138986_1185489.jpg

花が少なくなることをのぞけば、9月が8月に劣っている点って、ほとんど何もない気がします。
むしろ勝っている点はいくらでもありますが。
d0138986_1113569.jpg

久しぶりに、槍ヶ岳に槍沢から登りました。
やはり、どこから登ろうと、槍ヶ岳は素晴らしい山だと思います。
d0138986_11112922.jpg


by uobmm | 2012-09-11 11:14 | 北アルプス(一般登山) | Trackback
2012年 09月 07日

青木ヶ原樹海

d0138986_104363.jpg

青木ヶ原樹海を訪れた。
なんだか怖いイメージのつきまとう青木ヶ原だが、ウォーキングコースはよく整備され、快適なハイキング(ウォーキング)が楽しめる。
独特の景観を持つ深い森には、溶岩流がつくりだした洞穴なども多く、一風変わった面白いコースである。
d0138986_10484199.jpg

途中にある富岳風穴に寄ってみた。
入場料を払って入る、こういった観光名所的な場所には正直あまり興味が持てない私なのだが、ここはよかった。
暗く、天井の低い洞穴の中は0度近い気温で、さながら異世界である。
夏でも氷柱が残り、コウモリが飛ぶ姿も見られた。
d0138986_10514230.jpg

途中で通過した鳴沢氷穴と西湖コウモリ穴には入場しなかったが、次回訪れる機会があれば入ってみよう。
樹海の中には今回歩いたのとは別に、東海自然歩道も通っている。いずれ歩いてみたいものだ。
d0138986_10562153.jpg


by uobmm | 2012-09-07 10:56 | ハイキング | Trackback
2012年 09月 05日

それにつけても……

d0138986_1254482.jpg

土日は日本山岳会の講習で小川山でした。
が、土曜日は何とか3時頃まで登れましたが、日曜日は雨。
クライミングジム・ベースキャンプに転身でした。

そして月~火は久しぶりの錫杖岳クライミングだったのですが、朝は写真の通りよく晴れていましたが、3時間のアプローチをこなし、岩場の取付きについて準備をはじめたところで雨……。
少し待ちましたが、結局本降りとなりました。まあ、まだ登りはじめていなかったのが幸いでした。
せっかく、テント泊の重たい荷物を担いで上がったのになあ……。

それにつけても天気の悪さよ……。
日本の夏は(山には)ダメですねえ。
d0138986_1216346.jpg

ジムは大盛況……。

by uobmm | 2012-09-05 12:13 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback