山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 29日

最近の山行

d0138986_132032.jpg

最近の山行をまとめてアップします。
燕岳には先週2回訪れました。
11月下旬、燕山荘が閉める直前の燕岳は、中房温泉まで車で入れるし、景色は雪山だし、とてもお薦めの時期です。
d0138986_13213292.jpg

でも、これだけの好天に巡りあうためには、やはり何度か訪れる必要があるかもしれませんね。
d0138986_13225384.jpg

北アルプスの雪山から一転して、こちらは群馬県藤岡市にある低山、桜山。
その名の通り、この冬の時期に桜が見られます。
冬桜と言って、11~12月に咲くそうです。
とてもよいところでした。
d0138986_13241455.jpg

最後は昨日水曜日に登った伊豆、城山。
東京は寒い一日だったようですが、伊豆の方は日が射し、風もなく、よい陽気でした。
城山南壁は、眼下に広がるこの景色が魅力ですね。
d0138986_13252198.jpg


by uobmm | 2012-11-29 13:28 | 北ア(積雪期) | Trackback
2012年 11月 25日

快晴の山

d0138986_2040372.jpg

最高の天気に恵まれ、燕岳に登って、下りてきました。
冬の燕岳に5回以上登ってますが、ベストかもしれません。
昨日今日で山に登った人は幸せでしたね。
d0138986_20402989.jpg

d0138986_20403283.jpg

d0138986_20403435.jpg

d0138986_20403548.jpg


by uobmm | 2012-11-25 20:36 | Trackback
2012年 11月 24日

燕山荘

d0138986_19274286.jpg

明日で小屋閉めの燕山荘に来ました。
登山者の多さに驚きました。
燕山荘、200人以上泊まってます。
天気よく、この時期の北アルプスはいいです。
d0138986_19274493.jpg

d0138986_19274686.jpg

d0138986_19274815.jpg

d0138986_19275122.jpg


by uobmm | 2012-11-24 19:25 | Trackback
2012年 11月 22日

テドゥン山

d0138986_22432795.jpg

こないだ訪れた韓国、テドゥン山。
ソウルから車で2時間半くらい。
韓国では人気の山の一つのようです。
私たちはクライミングで訪れましたが、“天空の階段”を登る、一般登山道も何とも楽しそう。
d0138986_22471626.jpg

2日目が雨となってしまい、1日しかこの山で登れなかったのは残念でした。
テドゥン山の向かいには天燈(チョンドゥン)山という山があって、ここにも面白そうなクライミングルートやリッジがあるのです。
次回は2~3日とって、この2つの山で登りたいものです。
d0138986_22493044.jpg

私たちが登った同志ルート(トンジ・キル)は、テドゥン山の山頂にダイレクトに突きあげます。
そして、頂上の鉄柵でビレイ(確保)。
d0138986_22511529.jpg

これが頂上です。800mしかない山とは思えない、素晴らしい展望!
1日しか登れなかったけれど、この山(エリア)を知ることができたのは収穫でした。
d0138986_22541149.jpg


by uobmm | 2012-11-22 22:55 | 韓国 | Trackback
2012年 11月 21日

燕岳

d0138986_8572015.jpg

19~20日で燕岳に行ってきました。
10月半ばに訪れた時は紅葉真っ盛りでしたが、1ヶ月たった今はもう完全な冬山です。
d0138986_859059.jpg

天気はよかったですが、上部は強風。
合戦尾根は風の影響の少ない尾根なのですが、燕山荘の建つ稜線は強風のため、頂上に行くのはあきらめました。
d0138986_911694.jpg

20日は冬型のため、朝はガスっていましたが、しだいに晴れてきました。
今年の山は冬の訪れが早いです。
年末年始はどんな感じになるでしょうか。
d0138986_912413.jpg


by uobmm | 2012-11-21 09:04 | 北ア(積雪期) | Trackback
2012年 11月 16日

真富士山

d0138986_22103754.jpg

今日16日は、静岡県安部東山稜の山、真富士山へ。
そのちょっとよい感じの山名は知っていましたが、訪れるのは初めてでした。
d0138986_22125561.jpg

ガイドブックには容易に登れる家族向きの山、みたいなことが書かれているのですが、歩いてみたら、それほど歩きよい道でもない。
時間も思ったよりかかりました。
d0138986_22151018.jpg

でも、登りの苦労は山頂の絶景で報われました。
本当に素晴らしかった!
富士山だけでなく、駿河湾の眺望が最高でした。
d0138986_22161188.jpg

絶好のお天気でしたが、今日は他の登山者に一人も出会いませんでした。

たまに訪れる静岡の山。
実によいものです。
d0138986_22182248.jpg


by uobmm | 2012-11-16 22:18 | ハイキング | Trackback
2012年 11月 15日

龍洞岩場巡り②

d0138986_10522211.jpg

台湾、龍洞の岩場には、メインエリアの「音楽堂」、「長こう」の他にも、興味深いエリアがありました。
d0138986_10532098.jpg

上の2枚の写真は「第二洞」というでっかい洞窟。
なかなかの迫力です。
d0138986_10541350.jpg

↑ こちらは「第一洞」
d0138986_10593744.jpg

↑ 第一洞で登る。
d0138986_1112553.jpg

↑ ここは大礼堂というエリア。
 岩がやや危うそうなのと、トラッド(クラック)ルートばかりなので、ここでは登りませんでした。
d0138986_1125864.jpg

龍洞はどっかぶりばかりではなく、むしろ垂直くらいが多いです。
易しいグレードも多く、初級者から楽しめます。
近い将来、きっとまた訪れることでしょう。
d0138986_1133738.jpg


by uobmm | 2012-11-15 10:54 | 海外 | Trackback
2012年 11月 11日

テドゥン山

d0138986_20315375.jpg

金曜日からまた韓国に来ています。
土曜日はソウルから南に200キロほど下がったところにあるテドゥン山でクライミングしました。
私も初めての山ですが、テドゥン山もまた、韓国の人気山岳の一つです。
d0138986_20315486.jpg

クライミングもよかったですが、一般登山コースもかなり楽しそうです。
この階段すごいでしょう〜⁈
登り専用なので通れませんでしたが、次回訪れたら歩いてみます。
韓国にはまだまだ面白そうなところがありそうです。
d0138986_20315625.jpg


by uobmm | 2012-11-11 20:25 | Trackback
2012年 11月 09日

龍洞岩場巡り①

d0138986_10454893.jpg

台北、龍洞の岩場は、台北の町から車で1時間弱の距離。
タクシーだと片道4000円。バスを使えばかなり安く行けます。
羽田空港発7:20の飛行機で出たので、初日も午後から登れました。
d0138986_10483176.jpg

岩場へのアプローチはすべてのエリアが5分~15分くらい。
城ヶ崎よりも巨大なエリアと言えますが、各エリアは近接していて、コンパクトにまとまっています。
d0138986_10504771.jpg

海苔を採るオバチャンがたくさんいました。
釣り人もたくさんいました。
クライマーにはほとんど会いませんでした。
d0138986_10514771.jpg

アプローチには、ちょっと怖いこんなトラバースも。
でも、アプローチ道もとてもよいです。
80歳くらいに見える海苔採りのおばあちゃんも、このアプローチをこなしていました。
d0138986_10532646.jpg

下地が平らな岩盤で、広々していて、とても気持ちいいです。
d0138986_1058521.jpg

岩はかたい砂岩です。
ボルトルートもトラッドルートもどちらもたくさんあります。
ボルトはケミカルで、しっかりと打たれています。
グレードも、易しいのから難しいものまでそろっていますね。
d0138986_1101414.jpg

思ってた以上によい岩場でした。

by uobmm | 2012-11-09 11:07 | 海外 | Trackback
2012年 11月 07日

台湾3日目

d0138986_22254244.jpg

今日は龍洞の全エリアを見学。
その後、巨大な洞窟で登ったあと、メインエリアに移動して登りました。
d0138986_2225438.jpg

下地が平らで、居心地いいです。
d0138986_22254427.jpg

明日は最終日。
登ってから帰ります。

by uobmm | 2012-11-07 22:22 | Trackback