山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧


2013年 02月 26日

安達太良山

d0138986_21205588.jpg

何年かぶりの安達太良山でした。
通年営業の山小屋があり、雪山初級者にも比較的登りやすい貴重な山です。
しかもくろがね小屋は温泉付き。それも極上の泉質です。
d0138986_2125188.jpg

私が訪れるのはたいてい平日のせいか、いつ行っても静かで、寛げる山小屋です。
この小屋があるからこその冬の安達太良です。
安達太良山は日帰りでも登れてしまう山ですが、初めて訪れる方にはぜひくろがね小屋に泊まってほしいと思います。それもできるなら平日に。
d0138986_21284965.jpg

強い寒気の影響で、ここ数日、安達太良山も強風が吹き荒れていました。
今朝もまだ風が強く、山にはガスが残り、登頂は難しいかなあと思えるような天気でしたが、歩き始めてみると風もさほどではなく、無事、久しぶりの安達太良山頂を極めることができました。
d0138986_21395958.jpg

冬の安達太良も、もう5~6回訪れていますが、何度来てもよい山、そしてよい山小屋です。
今度は福島に桜が咲く季節に来てみようか…。
またのんびりと旅がてらに訪れたいものです。
d0138986_21373792.jpg


by uobmm | 2013-02-26 21:37 | 東北の山 | Trackback
2013年 02月 25日

安達太良山

d0138986_15195287.jpg

福島の安達太良山にやってきました。
北の方はおになっているようですが、二本松あたりはそれほど積もっておりません。
でも安達太良山は風強し。
今日はくろがね小屋泊まり。
温泉のある好きな山小屋の一つです。
d0138986_15201426.jpg


by uobmm | 2013-02-25 15:16 | Trackback
2013年 02月 23日

武田の杜遊歩道から要害山

d0138986_1912337.jpg

今日は甲府の「武田の杜遊歩道」から要害山へ。
まさしく甲府の裏山ですが、このあたりの雰囲気ってとてもいいですね。
ふもとに武田神社があって、そこから山に上がって行くと甲府盆地の眺めが広がり、その上には南アルプスの山並み。
甲府っていい街だなあ、と今さらながらに思いました。
d0138986_191616.jpg


by uobmm | 2013-02-23 19:19 | ハイキング | Trackback
2013年 02月 22日

雷電海岸

d0138986_10344772.jpg

お客さまからいただいた、北海道・雷電海岸アイスの写真。
雰囲気を少しはお伝えできるかなあと思います。
d0138986_1036249.jpg

標高100mかそこらなのに、まるで深い山の中でクライミングしているような感じ。
北海道はやはり内地とちがいます。
d0138986_10461646.jpg

宿泊した岩内温泉の宿もかなりよかったです。
海の幸がとてもおいしく、温泉もよく、眺めもよし。かつリーズナブル。
宿だけでも行く価値ありです。
d0138986_10475049.jpg

北海道はやっぱりいいですねえ……。
d0138986_10495743.jpg


by uobmm | 2013-02-22 10:50 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2013年 02月 20日

日本山岳会雪山入門教室2003(硫黄岳)

d0138986_1192166.jpg

16~17日の週末は、日本山岳会雪山入門教室で赤岳鉱泉へ。
1月に実施した金峰山に続き2回目です。
先にこのブログでも書いたように、15日(金)には赤岳鉱泉周辺で40㎝以上という大雪が降っています。
八ヶ岳でも雪崩の危険があるので、16日は赤岳鉱泉入山後、まずは雪崩についての講習を行いました。
d0138986_11131471.jpg

翌日は赤岳鉱泉アイスキャンディー周辺で歩行練習、滑落停止の基礎練習などを行った後、硫黄岳に向けて出発。
前日同様、日曜日も強烈な寒さでした。
天気はよいと思っていたのですが、青空は長くは続かず、9時過ぎから曇ってきました。
赤岩の頭付近もそこそこ強い風。
参加者のみなさんには、冬の八ヶ岳の寒さと風の強さを、ある程度感じていただけたことと思います。
d0138986_11172482.jpg

参加者の方々は、これからたくさんの雪山の素晴らしさを知ってゆかれるだろうと思います。
山の危険や怖さもあわせて学びながら、楽しい登山を続けていってほしいと願っています。

by uobmm | 2013-02-20 11:20 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2013年 02月 19日

西上州でアイスクライミング

d0138986_2157041.jpg

今日19日はYさんと日帰りで西上州、相沢の氷柱へ。
人気の高いエリアですが、実は初めて訪れました。
相沢の氷柱はロープスケール50mいっぱいの堂々たる氷。
アプローチは登山口から1時間15分ほどでした。
d0138986_2202369.jpg

相沢の氷柱を登った後は、左にあるエイプリルフールへ。
こちらはYさんのリードから。
エイプリルフールは3段100mほど。難しくはありませんが、プチマルチが楽しめます。
d0138986_221421.jpg

西上州アイスは、比較的アプローチが楽で、雪崩の心配がなく、何より寒くないのがいいです。
雑木林に囲まれた、標高1,000mでアイスクライミング。
八ヶ岳もいいけれど、こういうのもまた悪くありません。

by uobmm | 2013-02-19 22:09 | 上州の山 | Trackback
2013年 02月 18日

彼女の初めての雪山は

d0138986_196467.jpg

福島和可菜さんは、ミズノのアウトドアイメージキャラクターをつとめるタレントさん。
彼女と、彼女のマネージャーのIさんと3人で赤岳登頂を目指しました。
14日の夕方、美濃戸口から赤岳山荘まで歩いて宿泊。
翌15日、赤岳山荘から日帰りで赤岳に登って帰るという、少々強行軍な計画でした。
d0138986_19275111.jpg

アウトドア大好きの和可菜さん(とIさん)はふだん登山はされていますが、雪山登山は今回が初めて。
本当なら硫黄岳くらいからはじめるのがセオリーなのですが、あえて赤岳にしたのは、彼女が御岳山100㎞トレラン、女子2位などの記録(昨年)を持つ、正真正銘のアスリートだからです。
マネージャーのIさんも、彼女が参加するトレランやフルマラソンの大会にすべて一緒に参加しており、そんな運動能力の高いお二人だからこそ、初めての雪山に赤岳を選ぼうと思ったのでした。
d0138986_191139.jpg

けれども……。
残念ながら15日は朝から雪。そしてやむことなく降り続きました。
赤岳鉱泉~行者小屋と降りしきる雪の中を登って行きましたが、地蔵尾根の途中からは予想されたように風雪が激しくなってきました。
この日は赤岳鉱泉周辺で40㎝以上と、本当に驚くくらい積もりました。
雪崩の危険さえ感じ、残念ながら地蔵尾根の岩稜地帯がはじまる手前で撤退決定。
赤岳登頂はなりませんでした。
d0138986_19171237.jpg

初めての雪山で、ここまで条件の悪い中登るというのも、めったにないでしょう。
それでも2人はこの日の登山を心から楽しんでくれていたようでした。
だから私にとっても今回の登山は、短い時間であったのに、何だか得難い、印象に残るものになりました。
赤岳山荘で過ごした静かな夜や、吹雪の地蔵尾根での一こまが、楽しい思い出としてよみがえります。

夕方美濃戸口に戻る頃、山に美しい青空が戻ってきました。
d0138986_19381110.jpg


by uobmm | 2013-02-18 19:38 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2013年 02月 18日

日本山岳会学生部アイスクライミング集会

d0138986_18451728.jpg

北海道から帰った翌日、2月13日~14日は日本山岳会学生部のアイスクライミング集会の講師を務めた。
日本山岳会学生部は、東京近郊の大学山岳部の集合組織。
私も学生の頃、その代表たる委員長職を2年務めたこともある。
このアイス集会の講師役も、かれこれ15年以上やらせてもらっている。
自分の大学以外の学生たちと接することのできる貴重な機会である。
d0138986_1848448.jpg

昨年同様、初日は美濃戸・河原奥エリア、2日目は南沢小滝で実施した。
1年生はともかく、上級生のクライミングレベルは上がってきているようで、今年は南沢小滝などで積極的にリードにトライするものも少なくなかった。
話をしていたら、将来ガイド資格を取りたいという学生も。
彼らの中から、いずれ優秀なクライマーやガイドが現れたとしても、不思議なことではないと思った。
d0138986_18542879.jpg


by uobmm | 2013-02-18 18:54 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2013年 02月 12日

雷電海岸・ナイル川

d0138986_22421784.jpg

雷電最終日は、雷電海岸を代表する氷柱「ナイル川」に行きました。
120m、3ピッチのビッグルートです。
といっても、今日は帰る日なので1ピッチだけ登りました。
d0138986_22442254.jpg

海をバックに、露出感のある垂直の氷柱を登ります。
1ピッチだけですが、すてきなクライミングでした。
またいずれ上まで登りに来たいものです。
d0138986_22453874.jpg

3日間、あまり天気には恵まれませんでしたが、初めての北海道アイスは素晴らしいものでした。
ご一緒いただいた2人に感謝!

by uobmm | 2013-02-12 22:47 | 雪山(その他の山域) | Trackback
2013年 02月 11日

岩内温泉

d0138986_1951941.jpg

泊まっている岩内温泉からの眺め。
雷電海岸アイスは、温泉泊でごちそう食べながらクライミングできるのが魅力です。
d0138986_1952094.jpg

d0138986_1952222.jpg


by uobmm | 2013-02-11 19:02 | Trackback