<   2013年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2013年 08月 28日

剣岳チンネ

d0138986_1272485.jpg

昨日火曜日は剣岳のチンネを登りました。
ルートは左稜線ではなく中央チムニーからです。
中央チムニーは私にとっては懐かしいルートです。
なぜなら大学1年生の夏に、私が初めて登った本ちゃんルートだからです。
d0138986_12124642.jpg

久しぶりに中央チムニーを登りましたが、けっこういいルートです。
最近のチンネは左稜線に人気が集中している感がありますが、他のルートももっと登られてよいと感じました。
d0138986_1212243.jpg

上の写真はチンネ中央バンドにて。
登攀途中からガスってしまいましたが、チンネの雰囲気が伝わるでしょうか?
d0138986_129691.jpg


by uobmm | 2013-08-28 16:31 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2013年 08月 26日

剣岳

d0138986_163412.jpg

また剣岳にやってきました。
お盆休み終わり、山も静かになっているかと思いましたが、アルペンルートも山小屋もけっこう混んでます。
明日は秋晴れ期待!
d0138986_1634530.jpg


by uobmm | 2013-08-26 16:31 | Trackback
2013年 08月 23日

北岳バットレス/Dガリー奥壁

d0138986_1162822.jpg

先週末に出かけた北岳バットレス。
土曜日はピラミッドフェースから4尾根、日曜日はDガリー奥壁を登った。
ピラミッドフェースもDガリー奥壁もどちらも久しぶりだった。ピラミッドフェースも悪くないが、特にDガリー奥壁は改めてよいルートだと思った。
岩もかたくきれいだし、ハング、クラック、スラブ、チムニー……と内容もバラエティーに富んでいる。
d0138986_1127843.jpg

Dガリー奥壁に行く場合、4尾根マッチ箱から懸垂で降りて取り付くパーティーが多いと思うが(私もそのパターンで登ったことの方が多い)、今回はDガリー大滝からそのままDガリーをつめてとりついた。実はこのコースも悪くない。
Dガリー奥壁取付きまで、難しくはないが岩は悪くないし、ビレイ点もしっかりしている。ラインも直線的だ。
そして何より、4尾根のように混まない! 
この日はお盆最後の日曜日とあって、4尾根は多くのクライマーでにぎわっていたが、私たちは貸し切りのルートで快調にロープを伸ばすことができた。

バットレス終了点から稜線までは、南アルプスでも屈指ではないかと思える素晴らしいお花畑が広がっている。
7月下旬に訪れた時のような華やかさは失われていたが、よく見れば晩夏の花々がまだ種類豊富に咲いていて、これはこれでしみじみと美しかった。
d0138986_1126042.jpg



※)Dガリー奥壁に行かれる方は、カム1セットあった方がよいと思います。0.4~3番くらい。

by uobmm | 2013-08-23 11:26 | 南ア(無雪期バリエーション) | Trackback
2013年 08月 21日

クライマー

d0138986_10231297.jpg

photo by Ayako Yoshizawa

北岳バットレス第4尾根マッチ箱に立つクライマー。
クライミング2日目、私たちは4尾根ではなくDガリー奥壁を登ったので、いつもとは違うアングルで写真が撮れました。

by uobmm | 2013-08-21 10:27 | 南ア(無雪期バリエーション) | Trackback
2013年 08月 20日

オオムラサキ

d0138986_10361628.jpg

先週の木曜は、寝室ではなく仕事部屋にふとんを敷いて寝ることにした。
私の寝室はマンションの通路側に面しているのでエアコンがつけられない。
仕事部屋も同じく通路側なのだが、室外機のいらない窓に取り付けるタイプのクーラーを入れている。ただし、この冷房機は冷えが悪いうえ、なおかつ定期的にバタンバタンと音を出すので、眠るにはとても不向きだ。
それで眠りが浅かったせいか、朝方、夢を見た。父の夢だった。
久しぶりに会う父は、終始穏やかな笑みを浮かべ、機嫌がよさそうだった。
父は私と話がしたいようで、なぜか公園のブランコに座った。
私も仕方なく隣のブランコに座り、少し大きくブランコを揺らした。
次のシーンで私と父はどこかの開けた草原状の山を下っていた。
そこに一羽の蝶が飛んできた。オオムラサキ(日本の国蝶)だった。
オオムラサキは私の腕にとまり、羽を閉じたり開いたりした。
その頃私は今見ているのが夢であることをなんとなく認識していたのだが、それでも生まれて初めて本物のオオムラサキを見ることができ、とてもうれしかった。
父もうれしそうだった。
何しろ父は、若いころ蝶の標本を集めていたくらいなのだ。
私は父のようなマニアではなかったが、むろん昆虫は嫌いじゃなかった。
小学生の時分、どこに行ったらオオムラサキを見られる? と父に尋ねたことがある。
「うーん、高尾山ならいるかなあ……」。父はそんなふうに答えた。
私たちは山小屋のようなビジターセンターのようなところに一緒に入り、夢はそのあたりで終わった。
父の夢を見るなんて珍しいし、自宅で寝ていて夢を見ること自体あまりない。
先週の金曜日、8月16日の朝は北岳に行くために5時に起きた。そして目を覚ましてから気がついた。
今がお盆であるということに。
d0138986_1142611.jpg


  ※写真の蝶はオオムラサキではありません。八方尾根で撮ったアサギマダラです。

by uobmm | 2013-08-20 11:13 | エッセイ | Trackback
2013年 08月 18日

北岳バットレス

d0138986_21123015.jpg

2泊3日で北岳バットレス。
ピラミッドフェース〜4尾根、dガリー大滝〜dガリー奥壁と、好天の下、アルパインクライミングを堪能できました。
d0138986_21123259.jpg

d0138986_21123469.jpg

d0138986_21123597.jpg


by uobmm | 2013-08-18 21:08 | Trackback
2013年 08月 15日

剱岳の5日間

d0138986_22461352.jpg

日本山岳会ユースクラブの合宿で、8月10日~14日の5日間、剱岳へ。
熊ノ岩に3泊し、八ツ峰上半やⅥ峰フェースで岩三昧。
穂高・奥又白と並び“クライマーの別天地”熊ノ岩を満喫してきました。
八ツ峰上半を2回、Ⅵ峰Aフェース中大と魚津高、Cフェース剱稜会、Dフェース富山大、Bフェース京大(途中まで)を登り、最終日は源次郎尾根上部から剱岳山頂経由で下山しました。
天気に恵まれ、よい仲間と山にどっぷりと浸ることができた5日間でした。
d0138986_22482683.jpg

d0138986_22485624.jpg
d0138986_22491812.jpg
d0138986_22494356.jpg

d0138986_22514375.jpg

d0138986_22501856.jpg


by uobmm | 2013-08-15 22:52 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2013年 08月 15日

復活します!

d0138986_922437.jpg

ブログですが、こっちに帰ってくることにいたしました。
「山について語るときに僕の語ること」復活いたします。
今までの新しいブログはあまり更新できませんでしたが、これからは以前のようにできるだけまめに更新したいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。
d0138986_925659.jpg

写真は、先週8~9日に訪れた唐松岳八方尾根。
夏の八方尾根は久しぶりでしたが、展望と花を兼ね備えた素晴らしいコースであることを再認識しました。
d0138986_927315.jpg


by uobmm | 2013-08-15 09:27 | 北アルプス(一般登山) | Trackback