<   2015年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 28日

瑞牆山 十一面岩奥壁

d0138986_1724377.jpg

五月晴れというには少々気温は高いですが、絶好の天気に恵まれた火〜水、瑞牆山と鷹見岩のマルチを登りに行ってきました。
初日は”アップ”ということで、瑞牆山十一面岩奥壁にあるJoyful Moment。昨年佐藤裕介ガイドによって拓かれた5.9/5ピッチの新しいラインです。
奥壁は、ベルジュエールなどがある十一面岩正面壁からさらに少し上がったところに位置しています。
d0138986_17261368.jpg

下界は真夏日だったようですが、ここ瑞牆山の奥壁は取付きですでに標高2,000m以上あり、風が吹き抜けるルート上は涼しく、ウインドブレーカーを取付きにおいていった私たちは、少し寒い思いをしながらのクライミングとなりました。
でも、終了点の十一面岩奥壁山頂は、周囲を瑞牆の岩峰群に囲まれた素晴らしい展望のピークでした。
d0138986_1728770.jpg

奥壁頂上から取付きへの下山はあっというま。
予想通り時間が余ったので、同じ奥壁にある「一粒の麦」というルートの2ピッチ目までを登ることにしました。
1ピッチ目の短いクラックも悪くなかったですが、何といっても素晴らしいのは2ピッチ目。
25mの長さを持つ、手の切れるような一直線のクラックです。
幅はハンドから上部で少し広め。
これくらい美しいクラックは日本に少ないのでは? と思わせられるような、そんな見事なクラックです。
「一粒の麦」は6ピッチ目もかなりよさそうなので、いずれ通しで登りに行くことにしましょう。
d0138986_17542557.jpg



山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-28 17:50 | クライミング | Trackback
2015年 05月 27日

笠形山

d0138986_21553070.jpg

先週23日(土)は、ミズノ・アウトドアスクールの関西の教室で、兵庫県の笠形山に登りました。
標高は1,000メートルに少し欠けますが、播磨富士の愛称を持つ展望のよいピークです。
d0138986_21573490.jpg

上の写真は、途中に出てくる蓬莱岩。
笠形山は比較的短時間で登ることができ、展望もよい、いい山でした。
それほどたくさんの登山者に出会いませんでしたが、関東にあれば、週末などかなりにぎわうことでしょう。
こうして時々関西方面に出かけることができるのはよいものです。
帰りの新幹線に乗る前に、ミズノのIさん、Tさんと、大阪駅前で大阪らしい店に入り、軽くビールを飲んで帰りました。
d0138986_222820.jpg



山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-27 22:04 | Trackback
2015年 05月 25日

津軽

d0138986_1543349.jpg

岩木山に登った翌日は避難小屋泊まりで白神岳に登る予定でしたが、天気がよくなかったため、中止して観光することになりました。
まずは白神岳を下りたあとに寄る予定だった十二湖へ。
ここを訪れるのは2回目ですが、緑と湖沼群の美しい、よいところです。
1時間弱で歩けるミニハイキングコースがお勧め。下の写真は途中に出てくる青沼です。
d0138986_15472388.jpg

その後は、お客さんも私も初めてだった津軽半島を北上し、龍飛岬を目指しました。
途中、五所川原市にある太宰治記念館「斜陽館」を見学。
太宰治の生家であるこの旧家、素晴らしい邸宅です。
太宰治の父は、のちに貴族院議員にまでなった、青森でも屈指の名家だったのですね。
太宰の本を中学か高校のときに集中的に読んだことがありますが、その中で『津軽』は気に入った作品の一つでした。ひさ〜しぶりに読んでみたくなりました。
d0138986_15555595.jpg

さて、龍飛岬に着きました。
ホテルの部屋の窓からは北海道の渡島半島が眺められます。
d0138986_15593814.jpg

龍飛岬はかつて青函トンネル工事で賑わった時期もあるようですが、いまは静かで、さいはて情緒に満ちています。
港の一艘の小舟はカラスの住処になっていました。
d0138986_1615740.jpg

私たちは高台に建つこぎれいなホテルに泊まりましたが、この食堂兼民宿にもちょっと惹かれるものがありました。
d0138986_162547.jpg

龍飛岬に泊まった翌日は十三湖(というのもあるのです)に寄り、さらには板柳町で酒蔵見学。
そして弘前城、三内丸山遺跡を訪ねてから東京への帰途につきました。
山登りではなくほぼ観光ツアーになってしまった今回の青森ですが、これまでほとんど馴染みのなかった青森という土地のよさを知ることができました。
次回はぜひ弘前城の桜の時期、そしてリンゴの花の時期にも訪れてみたいものです。
d0138986_168490.jpg


山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-25 16:08 | 東北の山 | Trackback
2015年 05月 21日

岩木山

d0138986_14481282.jpg

5月18〜20日は青森に行ってきました。
初日は青森の名峰、岩木山に初めて登りました。
車で8合目まで上がることができ、そこからリフトに乗ると9合目まで連れて行ってもらえます。
日本百名山の中でも楽に登ることのできる一座の一つでしょう。
でも、岩木山も火山の山。
頂上直下は石のゴロゴロした荒々しい山容です。
d0138986_14513044.jpg

今回の青森ツアーの目的の一つに、岩木山のふもとを飾るリンゴの花があったのですが、残念ながら今年は開花がひじょうに早く、すでに完全に青々とした葉っぱになっていました。
本来はこの5月中旬くらいがベストのはずらしいのですが……。
花の時期をあわせるのは難しいですね。
岩木山頂上への道はミヤマキンバイがとてもきれいでした。
d0138986_14534773.jpg

今度はもう少し雪がある時期に、できれば岩木山神社の方から登ってみたいものです。
リンゴの花の咲いている時にもまたぜひ青森を訪れたいし、弘前城の桜の時期にも来てみたい……。
岩木山はどこから眺めても美しく、まごうことなき名峰でした。
d0138986_1459712.jpg




山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-21 14:57 | 東北の山 | Trackback
2015年 05月 18日

裏妙義、表妙義

d0138986_5342091.jpg

土曜日に裏妙義、日曜日に表妙義主稜線を歩きました。
上の写真は表妙義から眺める裏妙義。背後の浅間山がなかなかです。
d0138986_536650.jpg

時間がないので、写真だけアップ。
2日間、いい登山ができました。
d0138986_5364553.jpg

d0138986_5371159.jpg

d0138986_5373583.jpg


by uobmm | 2015-05-18 05:38 | 上州の山 | Trackback
2015年 05月 15日

小川山

d0138986_12525417.jpg

13〜14日は小川山(廻り目平)に行ってきました。
今シーズン初、小川山クライミングでした。
d0138986_12561287.jpg

13日は台風一過で、文句無しのお天気。14日もちょっと暑かったですが、最高の天気でした。
新緑が目に染み入るようで、小川山は紅葉の時期とこの時期が、ベストシーズンだなあ……と思いました。
d0138986_12595047.jpg



山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-15 12:56 | クライミング | Trackback
2015年 05月 12日

剱岳・八ツ峰

d0138986_15275981.jpg

5月6日、剱岳・八ツ峰を登りました。
剱沢小屋に続き、昨年からは剣山荘もゴールデンウイークの営業をやめてしまったので、今年は唯一営業している別山乗越の剱御前小舎からの往復です。
前日に引き続き、素晴らしい天気に恵まれました。
d0138986_1534028.jpg

今年は異常なほどに雪が少なく、八ツ峰の雪の状態も悪いと聞いていました。
こんなに雪が少ない中での八ツ峰はどうなんだろう? とかなり心配し、やめることさえ考えたのですが、結果的にはとても快適に登ることができました。
この日の朝、けっこう冷え込んでくれたおかげで、雪がとてもよくしまっていたからです。
d0138986_1544426.jpg

八ツ峰はところどころ岩が露出し、いつものゴールデンウイークとはだいぶ様相が違っていましたが、むしろ少し手応えがあり、けれどもとても楽しく登れる状態で、すごくよかった!
お天気や、気温、あらゆる条件が微笑んでくれた結果だと思います。
d0138986_15501415.jpg

連休最終日のため、山は本当に静かでした。
赤谷山から剱岳〜馬場島と、八ツ峰を休みなしで継続するのはなかなかタフでしたが、どちらもとても充実したよい山行ができました。
学生時代に心血を注いだ剱岳が、再び私の中で大きな存在になった。
そんな2つの剱岳山行でした。
d0138986_15553975.jpg



山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-12 15:41 | 北ア(積雪期) | Trackback
2015年 05月 09日

室堂

d0138986_19574523.jpg

この連休で唯一天気が崩れた5月4日は山も雨となりましたが、再び室堂から入山した5月5日の午後は、この連休でも一番クリアな空が見られたように思います。
例年に比べ雪はものすごく少ないのですが、それでも室堂周辺の景観は最高です。
まさに雲上の楽園だと思います。
d0138986_2002127.jpg

d0138986_2005439.jpg


by uobmm | 2015-05-09 20:02 | 北ア(積雪期) | Trackback
2015年 05月 07日

赤谷尾根から剱岳(5月2日〜4日)

d0138986_19341572.jpg

夕日を浴びて輝く水田。
富山の町のこの時期ならではの光景。
d0138986_19362183.jpg

初日は赤谷山を越え、赤ハゲにて幕営。
d0138986_19403639.jpg

d0138986_19411161.jpg

d0138986_19422459.jpg

朝のパッキング。
2日目は大窓、小窓、三ノ窓を越え、池ノ谷乗越の上まで。
3日目に剱岳山頂を踏み、早月尾根を馬場島へ。
d0138986_19593521.jpg




山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-07 19:43 | 北ア(積雪期) | Trackback
2015年 05月 01日

この4月

d0138986_1224168.jpg

今日から5月になりました。
4月はじめに九州ツアーから帰京してから結局一度もブログを更新しませんでした。
これには特に深い意味はなく、体調も良好ですのでご心配なく。
忙しかったかと言えばそういうわけでもなく、ふだんに比べ、少し時間的にゆとりを持って過ごしたのがこの4月でした。
山にそれほど行かなかったから、ブログに載せたいなと思うような写真をあまり撮らなかったためかもしれません。
d0138986_1273450.jpg

4月26日の日曜日は絶好の登山日和のもと、富士宮口から富士山に登ってきました。
富士宮口は五合目の標高が一番高いし、かつ剣ヶ峰に近いのが利点です。
富士山はやはり剣ヶ峰まで登ると、山頂に立ったなあという気になります。
d0138986_12124518.jpg

4月はもともとあまり仕事を入れていなかったせいで(もちろん、入れようとしてもそんなには入らないといえば入らないのですが笑)、久しぶりに時間にゆとりを持って過ごすことができました。
この3月で長く(15年!)続けた月1回の日帰りハイキングの会を終えることにし、また10年間就ていた法政大学山岳部監督の職務も辞しました。
そんなことで、いっそう気持ち的にゆとりができたのがこの4月です。
時間にゆとりがあると、仕事もゆっくり整理できるし、やりたいと思っていたことにも取り組めるし、トレーニングも改めてはじめたりできるし……で、さまざまな面でメリットがあります。
こういう時間(月)を持つのは大事だなと改めて思いました。
d0138986_12224269.jpg

4月終わりには、篠原ガイドと5年がかりで開拓していた金峰山の新ルート(マルチピッチ)をようやく完成させることができました。
写真は1ピッチ目。洞窟の中からスタートです。
ピッチ数は8〜9ピッチ+岩稜。グレードは5.10bです。
d0138986_1230154.jpg

そうだ、この4月はパソコンもマックに替えました。
実は買ったのはもう2〜3ヶ月前なのですが、いろいろあってしばらく寝かしてまして、ようやく使い始めました。
当然ながら苦労もありましたが、今はかなり快適にストレスなく使え、替えて正解だったと思っています。
d0138986_12401762.jpg

昨日(4月30日)に訪ねた、あしかがフラワーパークは今が藤の花の最盛期。
想像を超える素晴らしさでした。
d0138986_12425262.jpg



山岳ガイド松原尚之のホームページはこちらです。
新しい募集企画や「目指せ北鎌尾根2015」もアップしています。

by uobmm | 2015-05-01 12:38 | エッセイ | Trackback