山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2015年 10月 29日

伯耆大山

d0138986_15462353.jpg

10月26日(月)〜28日(水)で、伯耆大山、蒜山など、中国地方の山に行ってきました。
どちらも初めての訪問です。
中国地方というのは、日本の中でも今まで私が一番ご縁がなかった地域のような気がしますが、先日は氷ノ山に行く機会があったし、夏には広島を訪ねました。なんとなくこの馴染みの薄かった中国地方に、縁ができてきたように思います。
d0138986_15403433.jpg

d0138986_1544294.jpg

大山(だいせん)は思っていた以上によい山でした。
実は時間の関係で山頂までは行けなかったのですが、それでもよい山であるということは十分感じられました。
外から眺めた時の風格は文句なしだし、広葉樹の紅葉もとても美しかった。
荒々しい山容だけでない、山としての魅力がたっぷりでした。
加えて、ふもとの大山寺や大神山神社の雰囲気にもとても好ましいものがありました。
華美でなく、落ち着いていて。
d0138986_1545613.jpg

伯耆大山、またゆっくりと登ってみたいものです。
中国地方(と、ひとくくりにしてしまうには、あまりに広い地域ですが……)にも、これからできるだけ足を運ぼうと思います。
d0138986_15482146.jpg


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-29 15:48 | ハイキング | Trackback
2015年 10月 25日

クライミング・スキルアップ講習

d0138986_10451991.jpg

10月24日(土)は丹沢・広沢寺の岩場で、クライミング・スキルアップ講習というのを実施しました。
登ることではなく、ロープワークに主眼をおいた講習で、具体的には、
①アンカー(ビレイ点)の構築
②セカンドの確保
③懸垂下降のいろいろ
 ・バックアップをとっての懸垂
 ・ロープを投げずに、からだに巻いて懸垂する
④ユマーリング
⑤引き上げ
⑥簡易ハーネスの作り方
⑦負傷者を担ぐ、ザック担架の作り方 等々

1日でこれだけやるのは時間もかぎられ、少し駆け足にはなってしまいました。また、クライミング経験の少ない方には、少し難しい内容もあったかと思います。
クライミングをされている方は、こういった技術も覚えておくにこしたことはありませんので、今後も同じような講習を定期的に実施していこうと思っています。
また、一度講習を受けても、時間が経つとかなり忘れてしまうものなので、繰り返し講習を受けたり、自分なりに自分の記憶に定着させるような工夫が必要だと思います。
ご参加いただいた方々、ありがとうございました。
d0138986_10533036.jpg



⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-25 10:53 | クライミング | Trackback
2015年 10月 23日

見張り塔からずっと

d0138986_21564593.jpg

錫杖岳2日目は、「見張り塔からずっと」を登りました。
錫杖岳の数あるクライミングルートの中で唯一、錫杖岳の山頂に直接突き上げるルートです。
内容は100%アルパイン。
グレードは高くありませんが、ランナウトする部分も多いので、初級者向きではありません。
d0138986_19464866.jpg

「見張り塔〜」の魅力は、何と言っても錫杖岳の山頂に登れるということ。
私はこのルートも錫杖岳の山頂も登るのは初めてでしたが、いや感動しました。
秋晴れの最高の天気の下、ということもあったでしょうが、錫杖岳山頂からの眺望は予想以上でした。絶景とはまさにこのこと。
槍穂の眺めも秀逸だし、そして笠が岳が本当に素晴らしい!
d0138986_19394367.jpg

一風変わったルートですが、クライミングの内容も決してつまらなくないし、「見張り塔からずっと」は一度は登る価値のあるルートだと思いました。
錫杖岳の絶頂は狭い岩塔でしたが、もっともっとこのめったにない絶景を眺めていたかったです。
見張り塔からずっと。
d0138986_21593693.jpg



⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-23 19:49 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2015年 10月 22日

錫杖岳ベストシーズン

d0138986_16305771.jpg

10月20〜21日と北アルプスの錫杖岳に行ってきました。
初日は「注文の多い料理店」、二日目は錫杖岳山頂に詰め上げる「見張り塔からずっと」を登りました。
写真の通り紅葉の盛りは過ぎていましたが、それでもまだまだきれいだし、天気は最高、岩は乾いているし、気温もちょうどいいし……で、ベストシーズンの錫杖を2年ぶりに存分に味わうことができました。
d0138986_1614386.jpg

「注文の多い料理店」、実は初めて登りました。
これだけの有名人気ルートをなぜ今まで登ったことがなかったかといえば、それはやっぱり私が、「注文の少ないガイド店」だからでしょうね(笑)
それはともかく、「注文〜」はとてもよいルートでした。5ピッチほどと短いですが、どのピッチも面白い。
錫杖のガイドルートの中では一番よいルートでは? とさえ感じました。
いやいや、もっと早く、そう15年くらい前に登っておくべきでしたね。スミマセン。
d0138986_16225329.jpg

この日の錫杖は貸し切り。これだけ天気のよい最高の時期に、これほど静かな環境の中で登れるとは……。
そして、素晴らしいクライミングのあとは、錫杖沢出合でのキャンプ。
これがまたいいのです。
錫杖に行くなら、ぜひこの時期に訪れ、岩と焚き火を楽しみたいと思います。

⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-22 16:31 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2015年 10月 19日

氷ノ山

d0138986_17582939.jpg

10月17日(土)はミズノ・アウトドアスクールで、大阪・淀屋橋のミズノで机上講習。
翌18日(日)は氷ノ山に登ってきました。
氷ノ山は200名山にも選ばれている兵庫県の最高峰です。
場所は兵庫と鳥取県の境。関東の登山者にはずいぶんと遠方の感がある場所ですね。
d0138986_1815340.jpg

天気は文句なしの秋晴れ。
写真の通り、紅葉も予想以上の素晴らしさで、参加者の方々にも喜んでいただけたように思います。
紅葉だけでなく、氷ノ山は展望も、山の雰囲気もとても素晴らしく、200名山に恥じないよい山でした。
こうして時々ですが、西日本の山や、大阪の地を訪ねるのは、私にとって楽しみなことです。
旅心がくすぐられます。
ゆっくりと地方のいろいろな山や土地を訪ねてみたいなあ……などと考えたりします。

今回とても残念なことが一つ。
帰りのバスの中で、デジカメの古い写真を消去しようとして、誤って今回の写真までほとんど消してしまったのです。
素晴らしい紅葉だったので何十枚も撮ったのに、です。
生き残った写真はたったの4枚。
こんなこともあるのですねえ……。
でも、それでも昨日が素敵な1日であったことにはやはり変わりありません。
氷ノ山(ひょうのせん)、この味わい深い山名の山に、またいつか訪れる機会があるでしょうか。
d0138986_1884867.jpg


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-19 18:10 | ハイキング | Trackback
2015年 10月 16日

鷹見岩〜小川山〜鷹見岩〜小川山〜鷹見岩

d0138986_2212434.jpg

3連休の初日、10月10日に鷹見岩の新ルートを登ってきました。
夏は濡れていた1ピッチ目も乾いており、その後も岩のフリクションが抜群。
秋は状態がいいことを改めて知りました。
お客様にも「今年最高のクライミング!」と言っていただき、ガイド冥利、開拓者冥利に尽きるというものです。
d0138986_22145221.jpg

その日の夜は廻り目平での、法政大学山岳部OB会主催の小川山集会に合流。
OBとその家族(子供たちなど)および現役部員が集まるこの催しは毎年行われているのですが、季節のよい秋の休日に実施されるため、私はなかなか参加することができません。
ちょうど翌日の日曜日が雨で仕事がなくなったこともあって、今年はなんとか一晩だけ参加できました。
久しぶりに山岳部の空気を味わえてよかった。
また、同じく小川山に来ていた親しい友人夫婦とも久しぶりに語らうことができて、こちらもとてもうれしかった。
d0138986_22191155.jpg

そして1日おいた月曜日、再び鷹見岩へ。
日曜日の雨のあとでしたが、岩のコンディションはやはり上々。
天気も最高で、またまた素敵なクライミングができました。
d0138986_22231279.jpg

そして翌日、翌々日も小川山で登り、さらに木曜日はまた鷹見岩へと。
秋晴れの中、1週間ほど登り続けました。
それにしても、月〜水の天気はほんとうに最高だったなあ……。
小川山は空を見ているだけで幸福な気分に浸れる、そんなめったにない青空でした。
d0138986_22233728.jpg


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-16 22:24 | クライミング | Trackback
2015年 10月 09日

青葉の岩場

d0138986_1105644.jpg

昨日10月8日(木)は、福島県いわき市にある青葉の岩場を訪れました。
青葉の岩場は初めてです。
福島県は東京から遠いような気がしますが、電車だと東京駅6:53発〜湯本駅9:11着(特急ひたち1号)というのがあって、意外と楽に行くことができます。
湯本駅から登山口まで車で10分程度なので、23区内に住んでいる方なら、小川山に行くより近いでしょう。
私は車だったので少々時間がかかりましたが。
d0138986_1154281.jpg

青葉の岩は高さはなく、短いものばかりなのですが、下地が平らで取り付きやすく、珍しい砂岩のクライミングを楽しむことができます。
エリアは4〜5つほどあり、アプローチも車を停めたところから15分くらいです。
昨日の朝の東京はそこそこ寒かったので、防寒着をたくさん持って行きましたが、ぜんぜん使いませんでした。
この岩場はトポにも記されている通り、東北だけど暖かいのです。これからがシーズンでしょう。
今回は2つのエリアで登っただけなので、またいずれ再訪したいと思います。
d0138986_1114985.jpg

↑ アプローチはこの石碑のある歩道を登ります。

⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-09 11:14 | クライミング | Trackback
2015年 10月 07日

北鎌尾根

d0138986_112593.jpg

10月3日(土)、ヘッドランプをつけて大天井ヒュッテを4時30分に出発。心配された風も寒さも、それほどではありませんでした。
今回の北鎌尾根は当初お客様3名の予定だったのですが、2名の方が残念ながら行けなくなり、お一人だけとなりました。
その代わりというわけではないのですが、日本山岳会のの仲間2名が私たちと行動をともにしました。
もちろん、私がガイドするのはお客様1名だけで、彼ら2人はそれぞれでロープを結び合って行動します。
d0138986_1182524.jpg

冒頭の写真は独標山頂付近、すぐ上の写真は独標の登りです。
独標は巻道コースをとる人が多く、ガイドブックなどにもそのように記されていますが、私は昨年から直登コースを行くようになりました。
取り付きさえわかれば、直登の方が快適だし、ルートファインディングも容易だと思います。
d0138986_1119567.jpg

秋がよいのは、夏とちがって午後になっても雲が出ず、天気の計算がしやすいことです。
最後まで素晴らしい眺望を楽しみながら、無事に槍ヶ岳山頂にたどりつきました。
北鎌尾根を歩いた回数ももうずいぶんと増えましたが、やはり何度歩いてもそのつど感動があるのがこのコースです。
長いアプローチをこなしてきて、独標付近でようやく槍の穂先の威容を目の当たりにしたとき、北鎌尾根の素晴らしさを、きっと多くの登山者が感じるはずです。
山頂では他の登山者から拍手で迎えていただきました。
d0138986_11254844.jpg

↑ 槍ヶ岳山頂直下を登る、日本山岳会のNさんと、日本山岳会&千葉工大山岳部OBのSさん。


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-07 11:27 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2015年 10月 05日

牛首展望台より(北鎌尾根①) 

d0138986_12234769.jpg

10月2日〜4日で槍ヶ岳・北鎌尾根に行ってきました。
出発した1日夜は爆弾低気圧の影響で強風が吹き荒れ、入山後もかなり風の強い予報が出ていたので、出発前はいろいろと心配し、準備をしたのですが、結果的には少し風は強かったものの素晴らしい秋晴れに恵まれ、よい条件の下で北鎌尾根を登ることができました。
2回行くはずだった今年の北鎌ですが、1回目を行くことができなかったので、今回行けてよかったです。
この素晴らしいクラシックルート、やはり何度歩いても感動があります。
d0138986_1229622.jpg

初日の大天井ヒュッテは私たちの貸切りでした。
涸沢あたりの小屋は、今日あたりでもそうとう混雑しているのでしょうが……。
夕食後、小屋の方たちが牛首展望台まで写真を撮りに行くというので、私とNさんも上がることにしました。それくらいよい天気だったのです。
大天井ヒュッテには何度も泊まっているのですが、小屋の裏手の牛首展望台に登ったことはありませんでした。
小屋から往復30分ほどのこの小さな見晴台は、私が北アルプスでも屈指の展望峰と思っている大天井岳の山頂より、あるいは素晴らしい眺めを得られる場所かもしれません。
荘厳なるショーを、心ゆくまで堪能しました。
d0138986_12453499.jpg



⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-05 12:38 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2015年 10月 01日

涸沢の紅葉②

d0138986_9572471.jpg

せっかくだから、涸沢の紅葉の写真をもう少しアップします。
涸沢のテント場周辺からの景色も美しいですが、そこからパノラマコース上部を少しぐるっとまわってくると、また素晴らしい景色に出会うことができます。
涸沢だけを目的に訪れた方にはぜひお勧めです。
パノラマコースを屏風の耳方面に上がるのもよいですが、こちらは岩場もあってちょっと危ないのでご注意ください。
d0138986_1003267.jpg

d0138986_1012977.jpg

d0138986_1055242.jpg


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-10-01 10:02 | 北アルプス(一般登山) | Trackback