<   2015年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧


2015年 12月 30日

年末は甲斐駒、仙丈

d0138986_10192488.jpg

12月27〜29日で甲斐駒、仙丈ヶ岳に行ってきました。
北沢峠のこもれび山荘泊まりです。
年末寒波の到来で、出発前はお天気を心配させられました。
行き先変更などいろいろ考えましたが、結果的には日程を1日短縮し、出発を1日ずらしただけで、予定通り甲斐駒、仙丈ヶ岳に行くことにしました。3日目は仙丈に登ってからそのまま下山する計画です。
d0138986_10164431.jpg

28日の甲斐駒は予想外に穏やかな天気となりました。
駒津峰まで登りつめても風は弱く、結局甲斐駒山頂まで目出帽も使いませんでした。
雪は少ないですが、頂上への巻道コースはアイゼンがよくきいて歩きやすく、気持ちよく頂へとたどりつきました。
d0138986_10173434.jpg

翌日はヘッドランプで朝5時前に北沢峠を出発。
雲が多く、風もあり、かすかに雪も舞っています。
「しまった……。昨日仙丈にしておくべきだったか……」
と、ちょっと心配しながら登って行きました。
d0138986_950736.jpg

幸い、明るくなる頃にはじょじょに青空が見えてきて、小仙丈岳に着くと、歩けないほどの風ではありませんでした。
ゴーグルや目出帽、ダウンジャケットなど、防寒、防風対策をしっかり整え、念のためお客さまとロープをつなぎ、風の強い稜線を仙丈ヶ岳山頂に向かいました。
d0138986_953941.jpg

昨日とは打って変わって、寒く、風が強かったですが、それゆえか、風景は一層ドラマチックに眺められました。
d0138986_956247.jpg

真冬に(比較的容易に)立つことのできる3,000m峰はなかなかない。
と、こもれび山荘で一緒だった青年が言ってましたが、なるほど確かにそうかもしれません。
このところ3年ほど年末は仙丈ヶ岳に来ていますが、ますます雪の仙丈ヶ岳が好きになってきました。
こもれび山荘も居心地のよい小屋だし、また遠からずここに帰ってくることでしょう。
d0138986_1018301.jpg

ともあれ、今年最後の山行も無事に終了いたしました。
今年一年の間、ご一緒していただいた皆様、本当にありがとうございました。
また来年もよろしくお願いいたします。
d0138986_1075768.jpg


⭐️ホームページに2016年1月以降の募集企画をアップしております。随時募集企画も追加しておりますので、どうぞご覧ください。

by uobmm | 2015-12-30 10:42 | 南ア(積雪期) | Trackback
2015年 12月 26日

高取山と仏果山

d0138986_135147.jpg

12月25日は表丹沢の高取山と仏果山の低山歩き。
宮ヶ瀬湖から往復しました。
天気予報よりも雲が多かったですが、どちらの山も展望良好。天気のよい日を選んでくれば、楽しいハイキングのできる山です。
d0138986_13125062.jpg

仏果山とお隣の経ヶ岳には、19歳の春、一人で来て登ったことがあります。
私が山登りというものをはじめて、2回目か3回目の登山でした。
そして登山口の宮ヶ瀬湖あたりでは、まだ宮ヶ瀬の集落が宮ヶ瀬ダムに沈む前、高校の友達と来てキャンプをしたこともあります。

それにしても……。
月日の経つのは早いものです。
うそみたいに。

⭐️ホームページに2016年1月以降の募集企画をアップしております。随時募集企画も追加しておりますので、どうぞご覧ください。

by uobmm | 2015-12-26 13:11 | ハイキング | Trackback
2015年 12月 24日

八ヶ岳で初アイス

d0138986_13413317.jpg

12月21〜22日は八ヶ岳で今シーズンの初アイス。
ようやく氷をたたくことができました。
d0138986_13373483.jpg

初日は裏同心ルンゼ。問題なく凍っています。
天気は悪く雪の降る1日でしたが、気温が高かったのでそれほど厳しい条件ではありませんでした。
Tさんは初めてのアイスクライミングでしたが、なかなか上手に登られていました。
d0138986_13424421.jpg

翌日はばっちり天気が回復して、三叉峰ルンゼへ出かけました。
しかし、三叉峰ルンゼは漏斗状の狭いルンゼのため、前日降った雪がチリ状に落ちてきて、大滝の登攀は雪のシャワークライミングとなってしまいました。
d0138986_13494590.jpg

天気は素晴らしいのですが、大滝まで登って下降することにし、この週末から氷パートもオープンした鉱泉アイスキャンディーへ。
ぽかぽかで貸切のアイスキャンディーで快適に練習し、2日間の初アイスを終えました。
d0138986_1350836.jpg


⭐️ホームページに12月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-12-24 13:47 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2015年 12月 23日

北八ヶ岳・天狗岳

d0138986_2231763.jpg

12月19日〜20日の週末は、石井スポーツ登山学校で北八ヶ岳・天狗岳でした。
運よく入山した土曜日の午後から風もおさまり、日曜日にかけて最高の雪山日和となってくれました。
雪は少なかったですが、新雪をまとった山の美しさは文句のつけようのないものでした。
d0138986_2264689.jpg

参加者5名のうち、4名の方が雪山はまったく初めて。
新たに雪山登山の扉をたたいたみなさんが、これから安全に雪山登山が続けられるよう、少しでもお役に立ちたいと願っています。
初めての雪山登山が楽しいものであったなら、うれしいです。
d0138986_22111035.jpg

d0138986_22121295.jpg

↑ 登頂後、ツェルトの使い方の講習も行いました。

⭐️ホームページに12月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-12-23 22:12 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2015年 12月 17日

湯河原幕岩・正面壁

d0138986_11512192.jpg

16日(水)は湯河原幕岩へ。
本当は今週黄蓮谷左俣に行く予定でしたが、先週金曜の雨などで登れる状態にないようで、クライミングに変更とあいなりました。
最近暖かい日が多いですが、この日は特別暖かく、春が来たかのようでした。
d0138986_115535100.jpg

クラックを練習したいとのお客様のご希望で、久しぶりの正面壁へ。
No.3ルート、小ハング右凹角、No.1ルート、小ハング左凹角など、クラシックルートを登っていきましたが、どれも味わいのある実にいいルートです。
幕岩正面壁は解禁にあたって再整備され不要なボルト等がなくなったので、以前にも増してよいエリアになったと思います。
d0138986_1245516.jpg

幕岩のクラックは、花崗岩のクラックと違い、クラックとフェースのミックスのようなクライミングですが、岩質はいいし、内容もあるし、どのルートも質が高いです。
ジャミングやカムの使い方を練習したい人などにも好適だと思います。
この日登ったルートはどれも素晴らしいですが、個人的には小ハング左凹角がベストと思いました。
幕岩正面壁を訪れたら、ボルトルートだけでなく、ナチュラルプロテクションのルートを登ると、この岩場のよさをいっそう感じることができると思います。
湯河原幕岩、近くてよき岩場なり、です。
d0138986_113715.jpg


⭐️ホームページに12月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-12-17 12:05 | クライミング | Trackback
2015年 12月 15日

高野山

d0138986_1561961.jpg

土曜日はミズノスクール関西で高野山へ。
ハイキングは高野三山をぐるっと歩いたのだが、高野山は山歩きよりも、やはりお寺や参道にその味わいがある。
訪れたのは初めてだったが、さすがに日本仏教の総本山ともうたわれる場所だけに、その雰囲気は私がこれまで訪れた霊場の中でも一頭抜き出たものがあるように感じた。
この辺りが世界遺産に認定されたのもむべなるかな、である。
関東在住の人間にはいささか遠いけれど、日本人なら一度は訪れる価値のある、そんなたたずまいを有していました。
d0138986_15152116.jpg


by uobmm | 2015-12-15 15:15 | ハイキング | Trackback
2015年 12月 11日

研修の日々

d0138986_1285180.jpg

この1週間は研修の日々でした。
先週金曜日に富山に移動し、土曜日から4日間、日本山岳ガイド協会主催のファーストエイド研修会に参加しました。
ガイド協会主催のファーストエイド研修には初めて出たのですが、想像以上に内容が素晴らしく、うれしい高揚感の中で研修を受けることができました。
救命救急に携わる現役の医師や救命救急士の方たちが実際に4日間指導してくださるのですが、熱意のある魅力的な先生ばかりで、この出会い(や再会)も、この研修の大きな収穫でした。
そして、全国から参加していたガイドたちとの交流も、むろん楽しく、有意義でした。
4日間みっちり勉強し、実習し、そして夜はおおいに語り、飲みました。
d0138986_12154954.jpg

そして、ファーストエイド研修の余韻さめやらぬ中、続いて我がジャパン・アルパイン・ガイド組合の研修が9〜10日で行われました。同じガイド仲間の杉坂とは、6日間も行動をともにしたことになります。
こちらはまだ紅葉が見頃で暖かい湯河原幕岩で、レスキュー&ロープワークの研修をしました。
d0138986_12203222.jpg

最後は、今話題の遭難対策機器「ヒトココ」の検証も行い、2日間の充実した研修、そして私と杉坂にとっては1週間の研修の日々が終わりました。
ファーストエイドやレスキュー技術というものは、ふだんめったに使用するものではありませんから、こういった技術や知識は、覚えることよりも、いかに忘れないようにするかが大切なのだと思います。
定期的に復讐するのはもちろん必要ですが、それ以外にも、自分なりに記憶に定着させるような工夫をしていきたいと思っています。
d0138986_12254885.jpg


by uobmm | 2015-12-11 12:26 | その他 | Trackback
2015年 12月 11日

海金剛

d0138986_11594556.jpg

だいぶ時間が過ぎてしましましたが、先週火曜日に登った海金剛、スーパーレイン。
12月1日に城山南壁、2日に海金剛を登りました。
d0138986_1213374.jpg

西伊豆の美しい海を眼下に、クラック主体のピッチを登るスーパーレインは何度登っても楽しい、素晴らしいルートです。
アンカーのボルトが新しく打たれ、懸垂下降のストレスがだいぶ軽減されていました。
そろそろまた違うラインも登ってみたいなあ……。
d0138986_127674.jpg


by uobmm | 2015-12-11 12:07 | クライミング | Trackback
2015年 12月 03日

湯河原幕岩

d0138986_18314531.jpg

ブログの投稿が遅れてしまいましたが、写真は先週金曜に行った湯河原幕岩。
すいている平日……のはずですが、湯河原幕岩・桃源郷はこの日もけっこうにぎわっていました。
うれしかったのは、この日Sさんが実に3年ぶりくらいいクライミングに復帰されたこと。
足や首やあちこちを痛め、長らく遠ざかっていたのですが、ついに復活されました。
しかも、意外に(失礼!)登れる。
この調子なら、昔のレベルに戻る日も遠くなさそうでした。
と、そんなうれしい驚きもあり、この日は小田原の魚の美味しい店で、プチ忘年会をして解散しました。

by uobmm | 2015-12-03 18:50 | クライミング | Trackback