<   2016年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 30日

宮崎の岩場

d0138986_13194749.jpg

3月26〜29日は宮崎へ。
鹿川(ししがわ)の桜やチューリップは、昨年同じ時期よりわずかに遅れていましたが、そろそろ見頃を迎えそうでした。
d0138986_13215619.jpg


by uobmm | 2016-03-30 13:23 | 九州 | Trackback
2016年 03月 25日

上高地アイス

d0138986_15263276.jpg

3月22〜23日は上高地・中仙丈沢のアイスクライミング。
大正池から1時間足らず上がったこんな場所に、こんな素晴らしいアイスエリアがひらかれたのは、わずか5〜6年前のことです。
標高も高くないし、異常な暖冬で氷結具合を心配していましたが、あにはからんや、予想以上によく凍っていてくれました。
d0138986_15295542.jpg

見栄えのする氷瀑・氷柱が7〜8本そろっており、どれもそこそこ登りごたえがあります。
雪崩の見きわめをきちんとしておけば、とても素晴らしいエリアだと思います。
天気よく、平日のため2日間とも貸切で、トレースもばっちりと、最高の条件に恵まれました。
初日にハバネロとZ、2日目に一角獣とジョーズ(右、左)と、2日間でこのエリアの主だったルートを登りまくり、今シーズンおそらく最後となるアイスクライミングを充実して締めくくることができました。
宿泊した坂巻温泉もよかったし(初めて泊まりました)、上高地アイスはこの時期の定番になりそうです。
エリアを開拓したガイド仲間と、ご一緒してくれたお客様に感謝したいと思います
d0138986_15361257.jpg


by uobmm | 2016-03-25 15:36 | 北ア(バリエーション) | Trackback
2016年 03月 24日

仙丈ヶ岳

d0138986_22165195.jpg

3月19〜21日の3連休は日本山岳会ユースの合宿で南アルプスの仙丈ヶ岳へ。
広島支部のメンバーも加わり、にぎやかな山行となりました。
入山する土曜日は午前10時くらいまで雨でしたが、うまいこと歩き出す時間にあがってくれました。
入山は戸台から。
幕営は北沢峠。
この時期は山小屋は営業していないので、テント泊となります。
私も年末の仙丈ヶ岳は何度か登っていますが、3月は初めてでした。
d0138986_2220736.jpg

御多分に洩れず、南アルプスも雪は少ないのですが、それでも仙丈ヶ岳はこの白さ!
この真白き、美しい山容こそ、雪の仙丈の何よりもの魅力でしょう。
d0138986_22225666.jpg

入山日が雨予報のため、入山前は雪崩の心配などもしましたが、天気も雪の状態も予想以上によく、絶好の条件のもとで登ることができました。
春の山は、天候と雪の状態をしっかり見極めること、これがとても重要です。
楽しい山のすぐうしろには、危険な山が待っています。
今回一緒に行った若い仲間たちにも、それを忘れずに、安全な登山を続けていってほしいと願っています。

by uobmm | 2016-03-24 22:29 | 南ア(積雪期) | Trackback
2016年 03月 18日

安達太良山②

d0138986_19301779.jpg

ブログの更新が遅れてしまいましたが、先週木〜金の安達太良山に続いて、土〜日もICI石井スポーツの教室で安達太良山に登りました。
くろがね小屋はひと月以上前に電話したのですが予約が取れず(申し訳ありません!)、今回はくろがね小屋ではなく、ふもとの岳温泉の宿に泊まりました。
冬の安達太良山は以前はこんなに混んでいなかったはずなのですが、ここ2〜3年、急に行く人が増えたようです。
d0138986_19333071.jpg

そんなわけで、安達太良山の頂上へは2日目に日帰りで登る計画とし、初日は中腹で雪上講習を行いました。
幸い雪上講習に適した、ある程度傾斜があって、雪もそこそこ固い斜面が見つかり、雪上歩行や滑落停止などの練習を十分に時間をとって行うことができました。
その後はビバーグ対策とし、写真のような半雪洞の作り方やツェルトの張り方などを講習しました。
岳温泉の宿に帰ってからもさらに、地図読み、ホワイトアウトナビゲーションの机上講習を行い、初日は存分に勉強していただきました。
d0138986_1938073.jpg

2日目は勢至平経由で安達太良山頂を目指しました。
じょじょに雲が広がってきましたが、風もなく、暖かく、この時期としてはかなり恵まれた条件のもとで登ることができました。
安達太良山、良き山です。
4日間お世話になりました。
d0138986_1941274.jpg


by uobmm | 2016-03-18 19:41 | 東北の山 | Trackback
2016年 03月 15日

安達太良山

d0138986_537496.jpg

3月10〜11日は安達太良山へ。
初日はのんびりとくろがね小屋へ。
d0138986_5505750.jpg

御多分にもれず、安達太良山も今まで積雪期に来た中で一番雪が少ないが、それでもまだ何とか雪山の様相をたもっていた。
2日目はドピーカンではないものの、まずまずの天気で、雪景色が美しかった。
d0138986_5423967.jpg

もう何度も登っている冬の安達太良山だが、何度来てもここはよい山だと思う。
雪の安達太良山とくろがね小屋を訪れた人は、きっとみな同じ感想を抱くだろう。
さまざまな登山者をやさしく迎えてくれる安達太良山とくろがね小屋。
包み込むような母性を感じさせるたおやかな山容のこの山は、やはりまごうことなき日本の名山である。
d0138986_5493383.jpg


by uobmm | 2016-03-15 05:49 | 東北の山 | Trackback
2016年 03月 09日

赤岳主稜

d0138986_118509.jpg

週末の仕事のブログを更新していませんが、その前に昨日(8日)に登った赤岳主稜の写真を。
月曜日は途中から細かい雨が降り出しましたが、火曜日はお天気よく、暖かく、登攀日和となりました。
雪が少なく、赤岳主稜の中間部〜上部は、通常の積雪季の状態より岩が出ていて少し難しくなっていたかもしれません。
d0138986_11153041.jpg

八ヶ岳にはアイスクライミングルートも多いですが、岩や岩稜、雪稜などをたどる、いわゆるバリエーションルート(一般道ではないルート)もたくさんあります。
易しいものから難しいものまでそろっており、これから雪のバリエーションを登りたいと思っている方たちには、絶好の練習場です。
赤岳主稜はそんな八ヶ岳のバリエーションの中でも最も人気の高いルートの一つでしょう。
適度な難しさと、主峰赤岳の山頂に突き上げるというそのロケーション。
何度登っても素晴らしいルートです。
d0138986_11155485.jpg

登攀中、お隣の赤岳ショルダー左ルートを、ガイドパーティー一行が登っているのが眺められました。
d0138986_11172190.jpg


by uobmm | 2016-03-09 11:17 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2016年 03月 04日

城山南壁

d0138986_18241794.jpg

3月3日(木)は城山へ。
予想通りの上天気で暖かい。
本日は城山2回目のTさんとマンツーマンなので、ショートルートで練習後、午後からバトルランナーへ。
バトルランナーの核心のハング越えは苦労されていましたが、いずれさくっと越えられる日がくることでしょう。
d0138986_18271886.jpg

狩野川の河川敷沿いには、河津桜でしょうか? 
満開のピンクの並木になっていました。
いよいよ春が近づいたことを感じます。

by uobmm | 2016-03-04 18:28 | クライミング | Trackback
2016年 03月 02日

湯河原幕岩

d0138986_19275697.jpg

3月2日(水)は湯河原幕岩で講習。
梅林は期待通り、見頃を迎えていました。
でも、五分咲きの頃とあまり変わらないかな……?
いや、やっぱり今日の方がきれいかな。
本日は正面壁でクラック、フェースと練習しました。
d0138986_19292288.jpg


by uobmm | 2016-03-02 19:30 | クライミング | Trackback