<   2016年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 09月 29日

ピラミッドフェース〜Dガリー奥壁

d0138986_12185877.jpg
シルバーウイーク後半は5日間、豊田の岩場や御在所など東海地方に遠征していたのですが、その話はまた後日にさせていただくとして、9月26〜28日は北岳バットレスに行ってきました。
前回の北岳バットレス同様、またまたピンポイントの好天狙いです。
今回カメラを御在所で使っていた方のザックに忘れてきてしまい(御在所から北岳と連チャンでした)、そして私のiPhoneはカメラが故障していて、でも自撮りだけはできるという不思議な状態のため、こんな写真になりました。
以下、掲載の写真はすべてiPhoneの自撮りモードでの撮影です。(すんません)
d0138986_12190972.jpg
今回は4尾根ではなく、ピラミッドフェース、Dガリー奥壁という、北岳バットレスでも難しめのルートを1日で2本継続して登りました。
両ルートとも荷物を背負っているとなかなかに手応えがあり、かつクラックが多く、ナチュプロ(カム類)を駆使するので面白いです。
どちらもいいルートですが、特にDガリー奥壁は私のお気に入りです。
北岳は紅葉が美しく(でも写真がな〜い!)、とてもよい季節でしたが、白根御池もバットレスもすいていて、とても快適な登攀となりました。
居心地のよい白根御池小屋にも感謝です。
2本つなげるので、2日目は肩の小屋泊まりの予定でしたが、時間も早かったので白根御池小屋まで下りてゆっくりしました。
これだけ雨の多い日々の中で、3日間一度も雨に遭うことなく登ってこられたのは幸運の一語です。
雨季(!?)のさなかに、よい登攀ができました。
早くモンスーン明けないかなあ……。
d0138986_12191334.jpg





by uobmm | 2016-09-29 12:34 | 南ア(無雪期バリエーション) | Trackback
2016年 09月 20日

小槍尾根②

d0138986_08193742.jpg
小槍に取り付く頃より、日が陰り、強い風が当たるようになった。
標高3,000mでこの条件だと本当に寒い。
小槍尾根の核心部である小槍は、アプローチシューズだと少し緊張する。クイックドローをあまりたくさん持ってきていないし、浮き石も多いのでなおさらだ。
慎重に小槍の頂上へと登り、小槍ポーズ。
d0138986_08200192.jpg
懸垂でコルへ下り、次は曽孫槍。
みなダウンを着こんだが、それでもまだ寒い。
ここからはそれほど難しいところはない。寒くなければもっと楽しいのだが。
しかし、このロケーションは最高である。
d0138986_08194602.jpg
前方に迫力ある大槍。
そして後方の小槍がすばらしい!
日本離れしたこの景観は、日本のアルパインルートの中でも屈指と言っても過言ではない。

d0138986_17405700.jpg
曽孫槍〜孫槍と登り、孫槍の頭からは短い懸垂。
そして大槍への最後の登りにかかる。
ここまで来るとすぐ右には一般道があるのだが、最後までクライミングして頂きへ。
無事に槍ヶ岳山頂へ。
もはや青空は見えなかったが、天気が崩れる前にうまいこと登ることができた。
あとは槍沢を下り、祝杯をあげるだけだ。
d0138986_08195494.jpg




by uobmm | 2016-09-20 17:46 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2016年 09月 19日

小槍尾根①

d0138986_08204820.jpg
9月16日(金)〜19日(月・祝)は槍ヶ岳・北鎌尾根の予定だったのですが、秋雨前線と台風の影響により、日曜日から悪天候が予想されました。
土曜日まではなんとか持ちそうな予報でしたので、それならばと、北鎌尾根はあきらめ、土曜日に小槍尾根を登る計画に変更しました。
d0138986_08203357.jpg
17日(土)は、早起きして槍沢ロッジを午前3時45分に出発。
空はご覧の通りの青空。
槍沢は少し色づいてきています。
槍沢は昨年も下っていますが、登って行くのは久しぶりなので新鮮な印象です。
北鎌尾根から眺める槍はむろん素晴らしいけれど、槍沢から仰ぎ見る槍もいいなあと、改めて感じました。
d0138986_08202304.jpg
登るにしたがい、展望が開けてきます。
富士山、八ヶ岳、南アルプスと、すべて眺められました。
早出した甲斐があって、8時前に槍ヶ岳山荘に到着しました。
まだ空は青空です。
登攀準備を整え、ロープをつないで、小槍の取り付きへと向かいます。
いよいよ小槍がその姿を現しました。
d0138986_08201715.jpg

⭐️秋〜冬のガイドプランを更新中です。ホームページをご覧ください。


by uobmm | 2016-09-19 08:29 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2016年 09月 15日

秋〜冬の募集企画をアップ中です

d0138986_18210980.jpg

秋から冬にかけての募集企画をホームページにアップしています。
本格冬シーズンに入る前は、宮崎や伊豆、湯河原などでのクライミングや、妙義、子持山獅子岩等々。海金剛スーパーレインの企画もございます。
冬は、新企画「雪山ステップアップ講習(全6回)」のほか、アイスや雪山バリエーションなどなど。
まだこれから追加していく予定ですので、ときどきチェックいただければ幸いです。
年末は南アルプス・仙丈岳を予定しています。



by uobmm | 2016-09-15 18:22 | その他 | Trackback
2016年 09月 15日

雨と沢とキノコ

d0138986_18043221.jpg
居座り続ける秋雨前線と連発する台風に、いいかげんうんざりしているのは私だけではないでしょうが、9月15日(木)はそんな中でも丹沢のマスキ嵐沢に沢登りに行ってきました。
珍しく自撮り写真ですが、一人で行ったわけではありません。
朝家を出たときは強烈に降っていて、これはさすがに無理かなあ……と思ったのですが、高速に乗る頃にはやんできて、結局ほとんど降られることなく歩くことができました。
心配された水量も、おそらくはほぼ平常時と変わらず。
ここ数日、この辺もそれなりに降っただろうと思われるのですが、増水のメカニズムはわからないものです。
マスキ嵐沢はかなり小さい沢なので、集水域も小さく、増水もしにくいのかもしれません。
d0138986_18045374.jpg
今年は、こいつの当たり年のようです。
そう、タマゴタケです。とてもおいしいキノコらしいですが、私はまだ食べたことなし。
そんなにしょっちゅう生えているキノコではないのですが、これがまたずいぶんとたくさんありました。
d0138986_18044348.jpg
そして、このパンケーキのような巨大なキノコ。初めて見ました。
サルノコシカケを別にすれば、いままで目にしたキノコで一番でかいです。
暇なとき名前を調べようと思います。



by uobmm | 2016-09-15 18:14 | 沢登り | Trackback
2016年 09月 14日

秋〜冬の募集企画をアップ中です

d0138986_14243755.jpg

秋から冬にかけての募集企画をホームページにアップしています。
本格冬シーズンに入る前は、宮崎や伊豆、湯河原などでのクライミングや、妙義、子持山獅子岩等々。海金剛スーパーレインの企画もございます。
冬は、新企画「雪山ステップアップ講習(全6回)」のほか、アイスや雪山バリエーションなどなど。
まだこれから追加していく予定ですので、ときどきチェックいただければ幸いです。
年末は南アルプス・仙丈岳を予定しています。



by uobmm | 2016-09-14 14:24 | その他 | Trackback
2016年 09月 14日

小川山でマルチピッチ・クライミング

d0138986_14095564.jpg
北岳から下りた翌日は、小川山でマルチピッチを登りました。
屋根岩2峰・セレクションから、3峰・南稜神奈川を登り、さらに南稜レモンの5.9のクラックへと継続です。
屋根岩のマルチピッチは内容はよいのですが、ピッチ数の少なさは否めません。
けれどもこうして2峰から3峰へと継続すると、10ピッチ以上になり、なかなか充実したよいコースとなります。
この継続をする場合は、途中に荷物をデポしたりせず、駐車場からハーネスつけたアタック装備で出かけるのがお勧めです。
天気が心配されましたが、夕方まで結局降られず、クラック中心のマルチピッチでしっかり練習していただくことができました。
d0138986_14094717.jpg

(注意!! 蜂情報)
屋根岩3峰・南稜レモンルート3ピッチ目右手に、スズメバチとおぼしき蜂の巣ができており(下の写真)、巣の近くを飛ぶ蜂の姿も観察できました。行かれる方は十分ご注意ください。
d0138986_14100182.jpg


by uobmm | 2016-09-14 14:17 | クライミング | Trackback
2016年 09月 13日

北岳バットレス

d0138986_13153877.jpg
このところ異常なまでに天気が悪く悩まされますが、9月9日(金)〜10日(土)は、ピンポイントの好天をつかまえて北岳バットレス第4尾根を登ってきました。
貴重な好天であることがわかっているためか、金曜日の白根御池は平日でもかなりにぎわっていました。
そして土曜日のバットレスも、おそらく10パーティー以上が取り付いたのではないでしょうか?
d0138986_13155888.jpg
上の写真はトップで先行する友人のガイドパーティー。
左の美しいフェースはDガリー奥壁です。
Dガリー奥壁もとてもよいルートなので、第4尾根を登ったことのある方は、ぜひ次に行かれるとよいと思います。
d0138986_13153126.jpg
上の写真は、マッチ箱の上に立つ後続パーティー。
バットレス第4尾根は、やはりこのロケーションが魅力です。
d0138986_13154442.jpg
天気も予想以上によく、順調に登攀することができました。
夏以来、何度か山行が中止になっていたお客さまにも、ようやく登っていただくことができてよかったです。
北岳山頂で素晴らしい展望を満喫し、広河原までの長い下山の途につきました。
d0138986_13155197.jpg


by uobmm | 2016-09-13 13:27 | 南ア(無雪期バリエーション) | Trackback
2016年 09月 07日

明神岳〜前穂縦走②

d0138986_12380620.jpg
2日目はヘッドランプをつけて5時前に出発。
5峰頂上に着くと、絶景が広がりました。
そこから、4峰、3峰、2峰と、一つづつ峰を越えたり巻いたりしていきます。
道はおおむねよく踏まれていますが、ある程度のルートファインディング能力も要求されます。
2峰頂上からは20m+15mの2回の懸垂。
d0138986_12375963.jpg
無事に1峰(明神岳主峰)に着き、そこから最低コルを経て、前穂高岳へ。
前穂山頂は土曜日でたくさんの登山者でにぎわっていました。
明神岳から縦走してくると、はるばる来たなあ……と、喜びもひとしおです。
長い重太郎新道をがんばって下り、無事に2日間の充実した山旅を終えました。
d0138986_16175191.jpg




by uobmm | 2016-09-07 16:18 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
2016年 09月 06日

明神岳〜前穂縦走

d0138986_11401409.jpg
9月2日(金)〜3日(土)は、明神岳から前穂を縦走してきました。
このところ天気に悩まされてばかりですが、今回は2日間素晴らしい天候に恵まれ、充実したよい山行をすることができました。
d0138986_12380620.jpg
5峰から1峰(明神岳主峰)まで険しいピークを連ねた明神岳は上高地からもよく眺められますが、他の穂高連峰の山々とちがい、一般登山道はありません。
今回は明神岳南西尾根から登って5峰下の台地で幕営。
翌日、主峰〜前穂と縦走し、岳沢経由で下山しました。
d0138986_12374373.jpg
5峰下の台地は展望のよい素敵な幕営地ですが、水がないので担ぎ上げなければなりません。
今回は1人5リットルほどの水のみならず、麦の水や米の水等々、いろいろな水を持ち上げましたので、ご覧の通りの楽しい山上のひと時を過ごせました。



by uobmm | 2016-09-06 11:53 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback