山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2016年 10月 30日

二子山中央稜

d0138986_19095027.jpg
10月29日(土)は二子山中央稜(マルチピッチ)を登りました。
前日かなり雨が降っていたので心配していましたが、岩は問題なく乾いていてくれました。
ただ、風がすごかったです。
写真では感じられないでしょうが、強風を通り越して暴風でした。
でも、無事に登ることができました。
d0138986_19100016.jpg
二子山の岩は石灰岩なので、花崗岩の細かいフェースとはまた違ったクライミングを楽しめます。
目に入る景色も山また山で、この雰囲気がまたよいのだと思っています。


by uobmm | 2016-10-30 19:16 | クライミング | Trackback
2016年 10月 26日

錦秋の小川山

d0138986_15145630.jpg
10月24日〜25日は小川山(廻り目平)でクライミング。
小川山の紅葉は美しく色づき、まさしくベストシーズンを迎えていました。
私は以前から思っているのですが、廻り目平は日本の山の中でもまぎれもない紅葉の名所だと思います。
もっともっと知られてもよい。くらい、ここの紅葉は素晴らしいです。
ベストの時期に来られるのは幸運ですね。
d0138986_15144885.jpg

P.S. 初日の最後に、登ったことのなかったPTA(5.11b)というスラブのルートで遊ばせてもらいました。オンサイトを、と思いましたが、こわくて突っ込めず……、あえなくドボンでした。でもいいルートでした。今まで実は見たことすらなかったのです。何度もこの辺には来ているのに。
オンサイトできなかったのは、メンタル的に弱かったというより、やはりフィジカル的に弱いからなんだよなあ〜と、レッドポイントしたあとで思いました。
もちろんお客さんとだったのですが、ちょっといいクライミングさせてもらっちゃいました(笑)。


by uobmm | 2016-10-26 15:31 | クライミング | Trackback
2016年 10月 23日

沢上谷

d0138986_18560493.jpg
10月23日(日)は奥飛騨の銘渓、沢上谷へ。
沢上と書いて、「そうれ」と読みます。
優美かつ豪快な大滝と、「まるで舗装道路」と形容された美しいナメがひたすら続く、飛騨の美渓です。
d0138986_18552815.jpg
この沢を訪れるのはずいぶんと久しぶりです。
紅葉の時期だし、他にも遡行者がいるだろうなと思ってきましたが、登山者は私たちだけだったようです。
d0138986_18551069.jpg


d0138986_18553858.jpg
沢上谷は、沢登りが初めての方から楽しめる、美しく易しい沢です。
きれいな沢が好きな方、ナメが好きな方はぜひ一度訪ねてみてください。
d0138986_18550222.jpg


by uobmm | 2016-10-23 19:04 | 沢登り | Trackback
2016年 10月 22日

男山ダイレクト

d0138986_19523856.jpg


今日土曜日は信濃川上の男山ダイレクトを登りました。
天気はじょじょに曇ってきましたが、それでもこの美しさ!
予想をはるかに上回る素晴らしい紅葉を眺めることができました。
しかもこの景色は、岩を登らなければ出会えません。
d0138986_19523903.jpg




by uobmm | 2016-10-22 19:48 | Trackback
2016年 10月 20日

黄葉の黒斑山

d0138986_21452361.jpg
冬に訪れることの多い高峰高原ですが、秋のこの時期があるいはベストシーズンかもしれません。
思えば、初めてここを訪れたのもカラマツの黄葉が美しい秋の日でした。
久しぶりの秋の高峰高原を、最高のタイミングで訪れることができたようです。
d0138986_21453073.jpg
d0138986_21450171.jpg


by uobmm | 2016-10-20 21:48 | ハイキング | Trackback
2016年 10月 18日

三ツ峠

d0138986_21533861.jpg
10月18日(火)、本日も三ツ峠に日帰りクライミング。
このところ三ツ峠づいてますが、かつては「岩登りゲレンデの代名詞」ともうたわれたこの旧い岩場の魅力に、今にして、今さらにして、気づかされているのです。
d0138986_21530241.jpg
本日も美しい富士と、豪壮な展望と、平和なワンコに出会うことができました。
d0138986_21531035.jpg


by uobmm | 2016-10-18 21:56 | クライミング | Trackback
2016年 10月 17日

子持山・獅子岩

d0138986_12325015.jpg
10月13日(木)は群馬の子持山・獅子岩のマルチピッチへ。
ところがアプローチの林道が二号橋付近で車両通行止になっていました。
本来の登山口である七号橋まではそこから徒歩25分ほどでしたので、大きな問題はなかったのですが、通行止め区間の林道の荒れようにはびっくりしました。
復旧はそうとう大変か、あるいは可能性がないのでは? とさえ感じさせられました。
d0138986_12325714.jpg
クライミングの方は、日が差さず肌寒い1日でしたが、雨には降られず、予定通り登ることができました。
この日はみなが登っている獅子岩の通常ルートではなく、右ルートです。
ノーマルルートより1グレードがた難しく、内容的にはこちらの方が面白いかもしれません。最後にちょっと樹林帯に入ってしまうのだけが玉に瑕ですが。
このライン、あまり知られてはいませんが、これから少しづつ登られていくでしょう。
d0138986_12330547.jpg
注意)通行止になっている二号橋付近は路肩駐車となるため、週末の駐車は難しいと思われます。



by uobmm | 2016-10-17 12:41 | クライミング | Trackback
2016年 10月 12日

三ツ峠

d0138986_20365358.jpg
3連休明けの10月11〜12日は三ツ峠。
11日はガスの中でしたが、夕方雲海の上から富士山が顔を出し、なかなかの眺めでした。
2日間、三ツ峠のルートを登り倒す勢いで、みっちりとトレーニングできました。


by uobmm | 2016-10-12 20:38 | クライミング | Trackback
2016年 10月 10日

雨のあいまに

d0138986_19390503.jpg
先週水〜木(10月5〜6日)は台風が接近していたのですが、小川山へ。
予想通り台風の影響はほとんどなく、2日間上天気の下で登ることができました。
平日だし、台風の影響もあってか、廻り目平がらがらでした。
上の写真は水曜の夕方のものですが、木曜日は台風一過で、もっとよい天気。
久しぶりに爽やかな秋晴れの下で登ることができました。
d0138986_19414315.jpg
小川山に引き続き、7日金曜は日本山岳会の仲間2名と三ツ峠へ。
プライベートで三ツ峠なんて、うん十年ぶりでしたが、もう長らく登っていなかったルートや、これまでやったことのないルート(実はけっこうある)などを中心に登り、充実した1日を過ごすことができました。

そんなわけで、天気が悪いなりに、最近はけっこうあちこち出かけております。
そろそろ長い雨季も明けるでしょうか……。


by uobmm | 2016-10-10 19:44 | クライミング | Trackback
2016年 10月 04日

奥又白から涸沢へ②

d0138986_12224811.jpg

5・6のコルから長いガレ場を下り、涸沢へと下りてきました。
今回の参加者の方はお二人が涸沢自体初めてで、もうお一人も紅葉の時期の涸沢は初めてとのことです。
夕方なので残念ながら光は当たっていませんが、紅葉はなかなかきれいです。
奥又白から5・6のコルを越え、こうして険しいルートを通って涸沢に入ると、横尾経由の一般道で来るのとはまた違った感慨があると思いました。
d0138986_12230318.jpg
2日目、10月1日は夜半から激しく雨が降っていましたが、朝にはやんできました。
もし天気がよければ北穂東稜を登る予定にしていましたが、上に行くような天気ではありません。
ゆっくりとと涸沢を発ち、上がってくるたくさんの登山者とすれ違いながら、上高地へと下山しました。
d0138986_12231930.jpg
 ↑ こちらは10月1日朝の涸沢




by uobmm | 2016-10-04 15:23 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback