山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 14日

愉しかりしアメリカツアー③

d0138986_08063663.jpeg
6月30日、ようやく本来の目的地であったトゥオラミメドウズへと車を走らせることができた。
まるで季節が逆戻りしたかのような残雪の多さ、さらにはタイオガ・パスの手前の湖がまだ凍っていたのには驚かされた。
トゥオラミ初日のこの日の目的地はカテドラルピーク。
私はすでに4回くらい登っている。しかしそれでも初めてハイシエラを訪れた友人たちには、トゥオラミメドウズのシンボルとも言えるこの美しい鋭峰に、まずは登ってほしいと思う。

d0138986_08042364.jpg
アプローチは予期した通り、途中から完全に雪となった。
スリップ等の危険はないが、いつもは明瞭なトレイルが、雪に隠れて難渋させられることになった。
カテドラルピークの全貌が見渡せるところまできて、考え込まざるをえなかった。
取り付きまでのアプローチは問題ない。
岩も完全に乾いており、クライミング自体にも問題はない。
ただ、下降路にべったりと雪がついており、アプローチシューズにチェーンスパイクしか持たぬ我々に、そこを安全に降りてこられるかどうか確信が持てない。
同ルートを懸垂下降で下りられるなら話は早いのだが、ハイシエラのほとんどのルートがそうであるように、カテドラルピークにも残置はまったくといっていいほどなく、懸垂で降りるためにはたくさんのカムやスリングを残置してこなければならない。それは現実的ではなく、あくまで非常手段である。
あきらめて引き返し、アプローチの近い別の岩を登るという選択肢もある。
迷ったすえ、けっきょく行くことにした。
もし自信が持てなければ、労力はかかるが、一度下降路から登って、雪の状況を見極めてくるという方法がある。
ダメなら今日はハイキングにきたと割り切って帰ることにしよう。
d0138986_11514894.jpeg
数時間ののち、私たち4人は無事カテドラルピークの頂に立っていた。
取り付きに着いてから棚橋と私で下降路を登っていき、雪は大丈夫そうとの目算をつけることができていた。
ハイシエラでも稀なる三角錐の狭い狭い頂の上で、最高としか言えない360度の展望を眺めながら、幸せな時間を過ごした。
d0138986_08054033.jpg
その後、私は次なるミッションに取りかかる。
カテドラルピークの支峰であるアイコンズ・ピナクルに登って、その写真を撮影してもらうのだ。
これまで4度ほどカテドラルピークに登り、アイコンズ・ピナクルの頂にも一度登ったことはあるけれど、その頂に立つ様を、離れた場所から撮ってもらったことは今までない。
井上さん、成澤さんと分かれ、棚橋と二人でアイコンズ・ピナクルへ。
少し怖いトラバースの手前からロープを結び、そこから2ピッチで頂へ。

棚橋が頂上に着いた時、成澤さんたちの歓声が聞こえた。
ここに立つ私たちの姿は、彼らから一体どのように眺められるのだろう?
d0138986_13401688.jpg
↑ 念願のアイコンズ・ピナクル頂上で



# by uobmm | 2017-07-14 12:10 | 海外 | Trackback
2017年 07月 11日

夏の八ヶ岳

久しぶりの夏の八ヶ岳。
花は少し終わりかけかな?
八ヶ岳の花はやはり6月の方がよさそうです。
でも山が静かで好ましいです。
d0138986_16283750.jpg

d0138986_16283813.jpg

d0138986_16283903.jpg



# by uobmm | 2017-07-11 16:24 | Trackback
2017年 07月 11日

八ヶ岳

月曜日から八ヶ岳。
初めてオーレン小屋に泊まりました。
d0138986_05421757.jpg



# by uobmm | 2017-07-11 05:40 | Trackback
2017年 07月 09日

愉しかりしアメリカツアー② 

d0138986_13050294.jpg
↑ マンモス・ブルワリーにて

6月29日からタイオガ・ロードが開通する、という待望の情報がもたらされた。
クライミング3日目、その6月29日はマンモスレイクス近郊の岩場で軽く登ろうということで、一昨年訪れて好印象だったダイク・ウォールという岩場を予定。
プラッツ・クラック・ガリーほど規模の大きい岩場ではないが、マンモスレイクスの町から近いうえ、標高が高く北向きのため、夏でも涼しい。
また風光明媚で、さらには花崗岩の白い岩に縞模様にダイクが走った岩肌がとても美しいのである。
マンモスレイクスのローカルクライマーたちのゲレンデといった雰囲気の岩場であった。
ところが、車を駐める湖のほとりに着いてみると、なんだかやたらと雪が多い。
湖の対岸に見える岩場の方を眺めてみると、岩の取り付きまで雪がびっしり。
アプローチばかりか、クライミングルートの途中まで雪に覆われている様子だ。
今年の残雪の多さを改めて思い知らされる。
これでは無理……ということで、やむなく断念。
車に戻ってトポをめくり、Warming Wallという、マンモスの町中にある小さな岩場を見つけ、そちらに転身。
こんなふうに現場でいきなり代替の岩場を見つけられるほど、この辺りには岩場が多いのである。
d0138986_13045840.jpg
↑ Warming Wall は火山岩の岩場

車を駐めて徒歩5分のWarming Wallには幸い雪がなく登ることができたが、いかんせん日当たりがよく暑かった。
この日はその後、シャワー、洗濯、さらにはマンモス・ブルワリーでビールを飲もうと、予定が盛りだくさんだったため、2〜3本登って切り上げることにした。
でも、Warming Wallも日陰の時間を選んでくれば、それなりに楽しめる岩場だと感じた。
なにしろ、町中にあり、アプローチも5分。
他の2人のクライマーなど1本か2本登ってさっさと帰って行ったが、仕事の昼休みにちょっと登りに来た、といった雰囲気なのであった。

その後は予定どおりシャワー、洗濯とこなし、熊のマークが愛らしいマンモス・ブルワリーへ。
何度も訪れているマンモスレイクスの町だが、この店に入るのは初めてである。
生ビールの飲み比べセットがあったので、迷わずこれを注文。
定番ビールの7種類飲み比べと、季節ものビールの7種類飲み比べ。
計14種類のローカル生ビールですっかりよい気持ちになったおじさん4人。
クライミング込みのレスト日も、楽しく暮れていったのだった。
d0138986_08074649.jpg




# by uobmm | 2017-07-09 13:01 | 海外 | Trackback
2017年 07月 09日

愉しかりしアメリカツアー①

d0138986_08045090.jpg
最高に楽しかったアメリカ、ハイシエラの旅が終わってしまいました。
7月6日に、10日間のツアーを終えて帰国しました。
シエラネバダ山脈は今年記録的に残雪が多く(日本と符合していますね)、ヨセミテバレイとトゥオラミメドウズを結ぶタイオガ・ロードが、私たちがアメリカ入りした6月26日時点でもまだ開いておりませんでした。
通常5月下旬には開き、1980年から昨年まで、7月に入って開かなかった年は一度もなかったのにもかかわらず、です。
タイオガ・ロードが開いていないことを私が知ったのは、日本を発つ日の朝のこと(!)
たまたまヨセミテ国立公園のホームページを開いてわかったのです。
一緒に行く仲間に慌ててメールを送り、できればチェーンスパイクやハイカットシューズを荷物に加えることを伝えましたが、長野や山梨から行くメンバーもいたため、この連絡が間に合ったのかどうかさえわからないまま成田へと向かいました。

d0138986_08085943.jpg
↑ 初日はプラッツ・クラック・ガリーでショートルートを登る

メンバーは私含めて4人。
同業である棚橋靖は30年来の友人ですが、他の二人のメンバーのうち、井上大助さんとは面識はあるものの山やクライミングに一緒に行くのは初めて。そして井上さんの友人、成澤泰成さんとは、LAXのハーツ・レンタカーオフィスで会うのが初対面でした。
初日はロサンゼルスからビショップまでレンタカーを飛ばし、何度も利用しているビショップのモーテルにイン。そしてお気に入りのピザ屋にくりだし、何はともあれ生ビールで乾杯しました。

翌朝一番でビショップのビジターセンターに行きましたが、やはりタイオガ・ロードはまだ開いていないし、いつ開くかもわからないとのこと。
というわけで、クライミング初日はビショップ近郊にあるショートルート中心の岩場、プラッツ・クラック・ガリーへ。
ボルダリングでは世界的に有名なビショップですが、ビショップに夏行くというと、行ったことのある人からは「暑いんじゃない?」と必ず言われます。
けれども、この辺りには岩場がたくさんあり、夏場でも涼しく快適に登れるよい岩場もたくさんあるのです。
プラッツ・クラック・ガリーもそんな岩場の一つ。
花崗岩の整備されたボルトルート、少ないが良質のクラックやマルチピッチが楽しめる、素晴らしい岩場です。
d0138986_08080887.jpg
↑ カーディナル・ピナクルにて

プラッツ・クラック・ガリーだけでも1週間くらいは遊べる岩場ですが、私以外の3名はみなハイシエラがほぼ初めてですので、少しでもその雰囲気を味わってもらいたい。
というわけで2日目はやはりビショップ近郊にあってプチマルチが楽しめるカーディナル・ピナクルへ。
4ピッチほどの岩塔ですが、景色もルートも素晴らしく、ちょっとハイシエラ気分を味わえます。
みな美しい景色に感嘆していましたが、私に言わせれば、真のハイシエラはこんなもんじゃないよ、というところです(笑)。

初日はビショップのモーテルに泊まりましたが、翌日からは少しトゥオラミメドウズに寄った、マンモスレイクスの町のキャンプ場にベースを移しました。
マンモスレイクスの町からトゥオラミメドウズまでは車で1時間。十分通える距離でありながら、美しいマンモスレイクスの町で快適なキャンプ生活を享受することができます。
そしてクライミング2日目の夕方、マンモスレイクスの登山道具店で、ようやく待望の情報———、明日29日からタイオガ・ロードが開く———がもたらされました。
d0138986_08081796.jpg
↑ カーディナル・ピナクル



# by uobmm | 2017-07-09 08:34 | 海外 | Trackback
2017年 07月 04日

ハイシエラ

d0138986_13401688.jpg
アメリカで素晴らしい毎日を過ごしました。
明日がクライミング最終日です。


# by uobmm | 2017-07-04 13:41 | 海外 | Trackback
2017年 06月 25日

アメリカに行ってきます

d0138986_22314261.jpg
す〜っかり、ブログの更新が滞ってしまっておりましたが、私は変わらず元気に過ごしております。
上の写真は、5月31日〜6月1日におなじみの篠原ガイド、そして友人でガイド兼イラストレーターの橋尾歌子と一緒に整備してきた、小川山の忘れられた岩稜です。
去年篠原さんと登った時には初登かと思ったのですが、調べたところ40年近く前に登られた記録がありました。
ルート名は「野猿返し」と言います。
易しいですが、10数ピッチの長さがある、景色の素晴らしい岩稜です。
d0138986_22315738.jpg
こちらの写真と、次の花(サンカヨウという私の好きな花です)の写真は、6月半ばに東北の岩手山〜八幡平を歩いた時のもの。
ここを歩くのは2回目ですが、大好きなコースです。
d0138986_22311079.jpg


d0138986_22310214.jpg
d0138986_22320663.jpg
上の2枚は、先週小川山の近くで出会った、ご存知ベニバナイチヤクソウの群落。
1週間前は廻り目平の入り口付近のレンゲツツジも見頃でした。

d0138986_22304819.jpg
そしてこちらは昨日6月24日の小川山。
フェニックスの大岩のてっぺんにて、です。
2週続けて小川山で講習でしたが、先週末も今週末も、岩場はすいていて、快適に講習することができました。

そして私は明日6月26日から7月6日までアメリカに行ってきます。
ヨセミテの近く、トゥオラミメドウ周辺で登ってきます。
同行者は友人の棚橋靖ほか3名。おじさん4人で楽しんできたいと思います。
トゥオラミメドウ滞在中はメール等できないと思いますが、よろしくお願いいたします。
それでは気をつけて行ってまいります。




# by uobmm | 2017-06-25 22:45 | その他 | Trackback
2017年 06月 06日

三ツ峠クライミング②

d0138986_18210837.jpg
5月29日〜30日の平日も、別のお客さまを迎えて、三ツ峠クライミングでした。
さすがに前日までの混雑ななくなりましたが、29日は月曜日にしてはクライマーが多かったです。
前日までより天気がよくなり、美しい富士山を望みながら登ることができました。
d0138986_18212542.jpg
d0138986_18211679.jpg
美しい夕景に誘われて、初日の夕食後に三ツ峠山荘から、三ツ峠山頂まで登って行きました。ちょっとホロ酔いでしたが……。
この時間に山にいられることは、泊りがけの山行ならでは、だと思います。
美しい日暮れでした。
d0138986_18205241.jpg
2日目は初日以上によく晴れました。
この日は、中央カンテと亀ルートというクラシックなマルチピッチを2本登りました。
新しくできた岳ルートや中央カンテダイレクトもよいルートですが、中央カンテと亀ルートもやはり素晴らしいルートだと再認識できました。
クラシックなルートは壁の弱点をついていますね。

こいつにも4日間お世話になりました。
d0138986_18213499.jpg




# by uobmm | 2017-06-06 18:47 | クライミング | Trackback