人気ブログランキング | 話題のタグを見る

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2024年 04月 13日

山口の岩場ツアー②

山口の岩場ツアー②_d0138986_11585369.jpg
上と下の写真は陶ヶ岳の岩場。
3ピッチほどの易しいマルチが2本と、なかなかよいショートルートが楽しめます。
山口の岩場ツアー②_d0138986_11585628.jpg
山口の岩場ツアー②_d0138986_12001378.jpg
上の写真は亀山の岩場。
山口ではメインのクライミングエリアと言ってよいと思います。
山口の岩場ツアー②_d0138986_11585826.jpg
自動車のコマーシャルなどの撮影地にもなっている、有名な角島大橋。
白滝山から近いので、訪ねてみました。
山口の岩場ツアー②_d0138986_11590362.jpg
山口と言ったら、瓦そば。
美味しいです!
山口の岩場ツアー②_d0138986_11590782.jpg
下関の白滝山の岩場。
陶ヶ岳、亀山とは岩質も雰囲気も違います。


# by uobmm | 2024-04-13 11:57 | Trackback
2024年 04月 12日

山口の岩場ツアー①

山口の岩場ツアー①_d0138986_06215953.jpg
3月30日〜4月1日は、山口県の岩場に行ってきました。
山口はクライミングでも、旅行の訪問先としても、関東の方には馴染みの少ない土地ではないかと思います。
山口県には、亀山、陶ヶ岳、白滝山という3ヶ所のなかなかよい岩場があります。
私はちょうど1年ぶりの再訪でした。
山口の岩場ツアー①_d0138986_06220132.jpg
私はお客様方より一足早く、3月28日の夜に山口入り。
3月29日は山口の岩場の中心的開拓者である石田浩二におつきあいいただき、陶ヶ岳へ。
静かで、ほのぼのとした山口の岩場を久しぶりに味わうことができました。
山口の岩場ツアー①_d0138986_06220263.jpg

山口の岩場ツアー①_d0138986_06220487.jpg

山口の岩場ツアー①_d0138986_06220584.jpg



# by uobmm | 2024-04-12 06:21 | クライミング | Trackback
2024年 04月 09日

春、新年度

春、新年度_d0138986_08034599.jpg
3月まるまるブログの更新をさぼってしまいましたが、実は3月に交通事故に遭い、車が全損(!)というできごとがありました。(赤信号で停止中にうしろから追突されたというものです)
少しむち打ち症状はありますが、幸い大きな怪我とはならなかったようで、仕事はすることはできます。
4月となり、年度も変わったことですし、そろそろブログの更新も再開したいと思います。

上の写真は少し前に行った西伊豆・海金剛から眺める富士山。
下の写真は中ノ倉峠から眺める本栖湖を前景とした富士山です。
春、新年度_d0138986_08035211.jpg



# by uobmm | 2024-04-09 08:03 | Trackback
2024年 03月 05日

城ヶ崎シーサイド

城ヶ崎シーサイド_d0138986_12272048.jpeg
2月27日(火)〜28日(水)は、JAGUの仲間と城ヶ崎シーサイド。
強風高波の予報が出ていましたが、波は比較的穏やか、そして日差しは暑いほどでした。
ヌンチャクがけを含めて4便目、初日の最終トライで、数年前からときどきさわっていたパンピングアイアンⅡ(5.12b)をようやくレッドポイントすることができました。
登れたのもうれしかったですが、この日の4便目で登れたこともうれしかったです。
40歳前後の一番登っていた頃は、3便目、4便目でその日のベストパフォーマンスが出せることが多かったのですが、年齢が上がってきたこの10年くらいは、2便目くらいがベストで、3便目となるともう疲れてパフォーマンスが落ちてしまうことがもっぱらだったからです。
登れたこともうれしいですが、だから、自分の”成長”を感じられたということが、同じくらいうれしかったわけですね。

しかし、2日めはもう疲れが感じられて、たいした成果は出せず……。
むしろ大きな課題を感じて岩場をあとにすることになりました。
まだまだがんばらなければいけない、ということです。
プライベートでの城ヶ崎は、今季はもうこれで最後になってしまうでしょうか。
結局今冬2回しか来ていないのですが。



# by uobmm | 2024-03-05 12:39 | クライミング | Trackback
2024年 02月 22日

能取アイスクライミング

能取アイスクライミング_d0138986_07505312.jpg
5日間の知床ツアーを終え、1日の休みをはさみ、2月16日(金)〜18日(日)は網走の能取(のとろ)でアイスクライミング。
13日〜14日が全国的に異常な暑さとなり、網走もこの時期としては異例の10度くらいまで気温が上がりました。
能取のアイスもかなり融けてしまい心配したのですが、幸いその後気温も平年並みに下がり、氷瀑も復活してくれました。
能取アイスクライミング_d0138986_07505664.jpg
能取海岸のアイスは、なにしろアプローチが楽で、10分ほど歩いて海岸に下りたら、あとは海岸の横移動で、さまざまな氷爆に取り付くことができます。
氷も易しめのものから、垂直の氷柱までバラエティーに富み、初級者から楽しむことができます。
そして、景色は最高!!
能取アイスクライミング_d0138986_07505865.jpg
能取アイスクライミング_d0138986_07542907.jpg

能取アイスクライミング_d0138986_07543082.jpg
海を覆う真っ白な流氷と、その向こうには知床の山々が眺められます。
こんな景色の中でアイスクライミングができるのは、日本、いや世界中探してもなかなかないのではないでしょうか?
能取アイスクライミング_d0138986_07543123.jpg
アイスクライミングをやっているおかげで、そして能取岬に氷瀑ができるおかげで、縁のなかった冬の道東の地に来ることができ、ありがたいかぎりです。
今年で3年目の網走ですが、これからも季節を変えて訪れてみたいと思っています。
能取アイスクライミング_d0138986_07543244.jpg
エゾリス
能取アイスクライミング_d0138986_07543459.jpg
アカゲラ(キツツキの仲間です)



# by uobmm | 2024-02-22 07:47 | 北海道 | Trackback