山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 26日

釜ノ沢

d0138986_1031130.jpg

8月22〜23日の週末は奥秩父の釜ノ沢へ沢登り。
多くの優美な滝や流れ込む支流をつらね、甲武信小屋へと詰め上げる、奥秩父きってのクラシックルートです。
d0138986_105116.jpg

滑りそうな滝を慎重に登ったり、美しい緑の釜に腰まで浸かったり……。
沢登りには、クライミングや他の山登りでは味わえない、また別の楽しみがあります。
d0138986_1075824.jpg

上の写真は、釜ノ沢の名所の一つ「千畳ののナメ」。
優美なナメの廊下をひたひたと歩いていきます。
d0138986_10104738.jpg

そして、沢登りのもう一つの醍醐味は、沢で泊まること。
今回はこのあとに行く北鎌尾根のトレーニング山行も兼ねていますので、テントではなくツェルトで泊まり、シュラフカバーで寝ます。
ツェルトのきちんとした張り方を知っておくことは、北鎌尾根を目指す人だけでなく、多くの登山者にとって役立つ技術だと思います。
土曜日は心配された雨も降らず、よい焚き火もできました。
釜ノ沢に、かつて見たことがないほど多くの入渓者がいたのは驚きでしたが、2日間楽しい沢登りができました。
d0138986_10144334.jpg

30年以上は前のだろうな……。

by uobmm | 2015-08-26 10:15 | 沢登り | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/22079277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 秋の気配      広島 >>