山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2016年 02月 29日

テント泊で権現岳

d0138986_12103040.jpg

2月27日〜28日の週末は、テント泊での権現岳。
登山口の天女山入り口に着くと、登山口の狭い駐車場に停めきれない車が路肩にずらりと並んでいた。
いつから冬の権現岳はこんなに登山者が増えたのだ? とびっくりしたが、山に入ったら登山者の多さは気にならない程度だった。
雪が異常に少なく、きっと5月くらいの状態なのだろうと思う。
テント場に予定していた1,830m~1,850mの平坦な尾根上は、かろうじて雪があって助かった。
d0138986_1223259.jpg

初日は比較的早い時間にテントを張り、翌日に予定しているホワイトアウト・ナビゲーションの準備をテントの中で。
その後は水作りをして、そしてビール、ウイスキーを飲みながら、楽しいテントの時を過ごした。
参加のお客さま3名は、みな雪山テント泊の経験はきわめて乏しいはずだが、水作り、夕食つくりなど、みな勘がよいと言おうか、見ていて不安を感じさせなかった。
d0138986_12153565.jpg

初日の夕方、ちらちらと降雪があった。
2日目は再びよい天気に。降雪はテント場のまわりで1ミリかそこらで、ほとんどなきがごとし。
それでも登っていくと、それが2〜3ミリから5ミリくらいになり、そのわずかな新雪が、山の上部に淡い雪化粧をほどこしてくれていた。
権現岳にはちょうど1年前にも同じコースから登ったが、このときはガスっていて展望がまったくなかった。
今回は土日とも春霞がかかったような天気だったが、それでもまじかに迫る南八ヶ岳の名峰たちの眺めは最高に素晴らしく、存分に景色を堪能することができた。
d0138986_12283490.jpg

権現岳山頂から三ツ頭に戻り、そこからテント場までホワイトアウト・ナビゲーションをしながら下山する。
地図とコンパスと、前日に準備したルート情報などを参考に、みなで協力して目的の地点を目指す。
登山道から外れて道なき斜面を下ったりもするが、それはそれで、大変だけど楽しいものだ。
無事にテント場へと下りつき、テントを撤収して下山する。
下山したとき、仲間たちとの山行を終えたような、そんな気持ちがふっとよぎった。
d0138986_1240497.jpg


by uobmm | 2016-02-29 12:36 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/22931809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 湯河原幕岩      京都、比良、琵琶湖 >>