山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 31日

阿弥陀岳北稜②

d0138986_17195714.jpeg
翌日(1月28日)は阿弥陀岳北稜へ。
行者小屋は2週間前、3週間前に泊まったときと比べ、とても寒く感じられたのですが、外に出てみると風もなく、特別冷え込んでいるわけでもないようでした。
この日は午後から崩れる予報ですが、朝は風もなく穏やかに晴れています。
先行者が7〜8名いましたが、間があいていたので、順番待ち等もありませんでした。
順調に登攀して阿弥陀岳山頂に飛び出しました。
いつ来ても素晴らしい山頂です。
d0138986_17200873.jpg
山頂着、午前9時でしたが、早くも風が出てきました。
阿弥陀北稜を先行で登っていた知り合いガイドパーティーは同ルートを下降していきましたが、私たちは中岳コルへ下り、そこから中岳〜文三郎道経由での下山を選びました。
トレースの消えていた中岳沢も、私たちのすぐ前のパーティーが下って行ったのでトレースはついたのですが、まだ時間もあるし、稜線経由にしました。
だいぶ風が出てきましたが、まだ歩けないほどではなく、天気ももっています。
中岳沢を下るのは楽だけれど、天気がよければ中岳を越えて文三郎道経由で下りるのも、景色に変化があって悪くないなと思います。
ちょうど11時、行者小屋へと下山しました。
d0138986_17200225.jpeg



by uobmm | 2018-01-31 08:36 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/26402988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 美濃戸口でアイスクライミング      阿弥陀岳北稜① >>