山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2018年 02月 21日

杣添尾根から横岳

d0138986_12431845.jpg
2月17日(土)〜18日(日)は八ヶ岳の杣添尾根をテント泊で登りました。
17日は強い冬型のため、杣添尾根登山口付近でも雪。
上部はそうとう風が強そうでした。
上に行けば行くほど風が強いでしょうから、初日は樹林帯で早めに幕営。
風の音は聞こえますが、テント場のあたりではたいした風は吹いていません。
快適に泊まれるようしっかりと整地をし、暖かなテントの中で楽しい午後を過ごしました。
ラジオからはオリンピックでの羽生の2大会連続での金メダルの放送が流れていました。
d0138986_12433204.jpg
2日目、予報通り天気は晴れましたが、夜中じゅう「ゴーッ! ゴーッ!」とすごい風の音が聞こえていました。
テントまわりのトレースも風のためだいぶ消えています。
風が弱まってくることを期待して、ゆっくりと8時半に出発。
起きたときは、この風では今日は厳しいかなあとも思ったのですが、登っているうちに嘘のように風がおさまってきました。
森林限界に出る頃には、もはや絶好の登山日和。
d0138986_12433958.jpg
杣添尾根から眺める八ヶ岳は、西面からの八ヶ岳とはまったく異なります。
尾根が大きく、なんだか白馬にでも登っているかのような気持ちになります。
見知っている八ヶ岳とはまたぜんぜん違う表情を見ることができる。これが杣添尾根の最大の魅力でしょう。
d0138986_12431304.jpeg
主稜線に出ても風は弱風。
横岳山頂を踏み、純白の八ヶ岳の景色を堪能し、ふたたび杣添尾根を下ってゆきました。
杣添尾根は私は3回目でしたが、改めてこのコースの素晴らしさを感じることができたよい山行でした。
d0138986_12432605.jpg



by uobmm | 2018-02-21 12:56 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/26505892
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 湯河原幕岩      昇仙峡と羅漢寺山 >>