山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 01日

白馬岳主稜

d0138986_06372382.jpg
GW前半は4月28日〜30日で白馬岳主稜を登ってきました。
白馬岳主稜は白馬大雪渓の白馬尻付近から白馬岳の山頂にダイレクトに突き上げる美しい雪稜で、日本を代表する雪のクラシックルートの一つです。
初日は猿倉荘、2日目は白馬山荘泊まりの、ゆとりある計画で実施しました。
白馬主稜を登った29日は予想通りとても暑くて大変でした。
そして、雪が少ないため、雪の割れているところがたびたび現れ、通過に気を遣わされました。
しかしそれでもやはり山頂に飛び出したときの気持ちは最高で、素晴らしい登攀ができたことにちがいはありません。
d0138986_06371403.jpg
お天気もよく、登攀を終えたあとの白馬山荘でのんびりとする時間もまたよかったです。
久しぶりに泊まる白馬山荘も快適でした。
春山の雰囲気を存分に味わい、そして充実した登攀のできた、すてきなGW前半の登山だったと思います。
d0138986_06454420.jpg



by uobmm | 2018-05-01 06:46 | 北ア(積雪期) | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/26737384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 宮崎の名山、鉾岳      兜巾岳から五葉岳 >>