山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2018年 08月 02日

小川山クライミング講習とセルフケア講座

d0138986_15462667.jpg
だいぶ日にちがたってしまいましたが、6月23日(土)〜24日(日)に小川山で開催した、ボルダリングの整体院の山田隆先生とのコラボ企画「クライミング講習とセルフケア講座」の報告を遅ればせながらさせていただきます。
おかげさまで8名の定員もいっぱいとなり、この初めての試みも無事完遂することができました。ご参加いただいたお客様と山田院長にはこの場を借りて厚く御礼申し上げます。
d0138986_15140977.jpg
「ボルダリングの整体院」(東京都渋谷区)は日本で最初にしておそらく唯一の、クライマーのための整体院です。
私は昨年左肩を痛めて診ていただいたのをご縁に、その後継続的にお世話になり、またおつきあいさせていただいています。
山田院長は自身がクライマーであることはもちろん、登山も20年以上やられています。
ですので、クライミングの故障だけでなく、登山で膝が痛むといった症状の方でも、ここで診てもらってもよいと思います。

d0138986_15222222.jpg
私も山田先生の施術を受けたり、お話をうかがったりしていくなかで、整体のやり方や考え方というものが近年変わってきているということを知りました。
ここから書くのはあくまで私なりの理解であるということをお断りしておきますが……、

山田先生のセルフケアは、疲れたり痛めたりした筋肉を、まず ”緩めてあげる” ということに主眼をおかれているようです。
その筋肉を”ゆるめる”やり方が、従来の整体のように、もんだり、伸ばしたり……、といった施術ではありません。
そのやり方をここで文章で説明するのはたいへんなので、興味のある方は、山田先生が書かれた本ではありませんが、有川譲二さんという方が著した上の写真の本を読んでみてください(これは山田先生からご紹介いただいた本です)。

私も最近ではすっかり山田=有川流のセルフケアに傾倒し、クライミングのとき、登山のときに、せっせとそれを行なっています。
そして、実際に調子がいいように感じています。
d0138986_15091392.jpg
岩根山荘内で実施した山田先生のセルフケア講座は3時間ほどですが、最後はキネシオテープの使い方を教えていただきました。
これもまたひじょうに有意義でした。
むかし一度キネシオテープの講習を受けたことがありましたが、キネシオテープを使うことはこれまでありませんでした。
しかし、今回改めてテープの使い方や効能を教えていただいたことで、改めてキネシオテープに目を開かされ、今後はぜひ使ってみようと考えるに至りました。
先日、穂高で、このコラボ講習にご参加いただいたYさんにたまたまお会いしたのですが、このとき教わった膝の(キネシオ)テーピングをちゃんとされていて、「調子がよい」とおっしゃっていました。
そして私もこのあいだ日向八丁尾根から甲斐駒に個人山行で出かけた際、両膝にキネシオテープを貼って行きました。
日向八丁尾根〜甲斐駒は長丁場のタフなコースですが、足の調子はよかったように思いました。
これから山に行くときは積極的に使ってみようと思っています。
d0138986_15222585.jpg
コラボ講習の開催後、参加者の方から、
「とても有意義だった」
「整体の概念が変わった」
等々、うれしい言葉をいただきました。
私にとってもとても有意義な講習であり、イベントでした。
できうれば、また来年も同じような講習を開催できたらいいなと考えています。
皆さまありがとうございました。
d0138986_15575900.jpg







by uobmm | 2018-08-02 15:51 | クライミング | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/27022576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 明神岳〜前穂高岳      日向八丁尾根から甲斐駒ヶ岳 >>