人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 04月 21日

雪の妙義山

d0138986_20581791.jpg
「雪の妙義山」と言っても、今週の話ではなく、1週間前の4月13日(土)〜14日(日)の山行です。
今年は4月に入っての寒の戻りで、桜の花が長持ちしたと言われましたが、妙義山のふもとの桜もそうでした。
その前の週末(4月7日)も妙義神社のふもとの桜はけっこう見頃だったのですが、1週間たった4月13日も、まだ満開の美しい桜が迎えてくれました。
d0138986_20575952.jpg
暖かい日が続き、すでに記憶から遠のきつつありますが、4月10日(水)は関東一円が真冬のような寒さに戻った1日でした。
妙義あたりでも朝から夕方まで雪が降ったと聞き、週末の山行は積雪のためダメだろうといったんはほとんどあきらめました。
しかし木曜日の朝、妙義のふもとの宿2軒ばかりに電話して確認すると、ふもとの雪は融けているし、大丈夫そうですよとのこと。
山の上の方のことは正確にはわからないとは言え、一転、週末は催行することにしました。
d0138986_20581122.jpg
さて、13日(土)、妙義神社あたりに雪はまったくなく、すっかり春の様相。上に雪があるようには思えません。
が、稜線に上がると北側にはしっかり雪が残っていました。
幸い前日に情報が得られたので、チェーンスパイクを用意していきましたが、天狗岩〜相馬岳間で、しっかりチェーンスパイクのお世話になりました。
こんなに雪のある妙義を歩くのは、この先もきっとないのでは、と思います。
でも、チェーンスパイクのおかげもあり、特に苦労することも時間を食うこともなく、晴天の表妙義を歩くことができました。
数日前の降雪で、山々の眺めが素敵でした。
d0138986_20580497.jpg
天気が下り坂の14日(日)は少し早めに出て裏妙義。
金曜日に丁須ノ頭まで往復した知り合いのガイドは、金曜日はところによってはスネくらいまで雪があって、アプローチシューズの中まで雪が入ったりしたと言っていたのですが、日曜日にはもうだいぶ積雪量は減っていたようでした。
それでもまだ北側にはしっかり雪が残っていましたが、裏妙義はチェーンスパイクを使うほどではありませんでした。
d0138986_20574289.jpg
(上の写真は丁須ノ頭を登る他パーティーです。)
めったにない雪の妙義登山となりましたが、これもまた得難い経験でありました。
d0138986_20574913.jpg





by uobmm | 2019-04-21 21:18 | 上州の山 | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/27563898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 城山でマルチピッチ入門      湯河原幕岩 >>