人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 08日

ハイシエラツアー2019 〜その5〜

d0138986_17082333.jpg
今回のハイシエラツアーでも、例年同様ショートルートの岩場にも何度か出かけました。
こちらはプラッツクラックキャニオン(以前のガイドブックではプラッツクラックガリー)。
ビショップ、マンモスレイクス周辺で、夏場にも登れるショートルートの岩場の代表格です。
今回は2回この岩場におもむきました。
d0138986_17081012.jpg
奥の石切り場のような岩には、アメリカでも有名なクラシッククラックであるPlatt's Crackがあります。上の写真の黒い壁の右側の凹角です。
キャメロットの5番と6番が3個づつくらいいるようなのでまだ一度もとりついたことはないのですが、次回行くときはちゃんとデカいカムを持参してぜひ登ってみたいものだと思います。
その代わりその右の凹角を登るShelia(5.10b)という5つ星のクラックを今回初めて登りました。
このルートもまた有名なクラシックであり、シエラネバダ山脈イーストサイドで最初に登られた5.10ルートだそうです。
ショートルートといっても長さは50mくらいあり、登り終えたときには、マルチピッチ1本登ったかのような充実感を覚えました。
d0138986_17084233.jpg
夏のビショップ周辺というと、暑いんじゃないかと考える日本のクライマーは多いのですが、このプラッツクラックキャニオンはじめ、夏でも快適に登れる、いやむしろ夏場じゃなきゃ登れないショートルートの岩場も少なくありません。
そしてもちろん、オーエンスリバーゴージ やビショップ周辺のボルダリングエリアのように、秋〜春が適季の岩場もたくさんあります。
マンモスレイクスやビショップという町の周辺には季節ごとに適した岩場がたくさんあって、そのいずれにも車で30分程度で行くことができるというのは、本当にすごいと思います。

ところでこういうショートルートのゲレンデには、ローカルクライマーは皆といってよいほど犬を連れて来ています。
おそらく8割くらいのクライマーが犬連れなのではないでしょうか?
アメリカでは大型犬を飼っている人が多いようですね。
d0138986_17083551.jpg





by uobmm | 2019-07-08 17:35 | 海外 | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/27679789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 瑞牆山・大面岩左稜線      ハイシエラツアー2019 〜... >>