人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 08月 11日

奥又白から涸沢、そして北穂東稜

d0138986_08134368.jpg
8月3日(土)〜4日(日)は「目指せ! 北鎌尾根2019」プレ講習の、「奥又白〜北穂東稜」に行ってきました。
初日は上高地から奥又白、北尾根5•6のコル経由で涸沢に入り、2日目に北穂東稜を登って上高地に下山するという、2日間通じてしっかり歩くタフな行程です。
d0138986_08180725.jpg
初日、奥又白への登りでは、あまりの暑さにみな熱中症寸前という状態で大変でした。
暑いことはわかっていましたが、例年のことゆえ甘く見ていました。
が、山を歩いていてこれほど暑いと感じたのは初めてでした。
なんとか奥又白にたどり着くと、この絶景が迎えてくれました。
d0138986_08144674.jpg
奥又白から5•6のコルへの道は暑さもさることながら、道の悪さとルートファインディングに苦労させられました。
このコースを2年に一回くらいは歩いているので、ルートファインディングに関して心配していなかったのですが、草も繁茂し、年々わかりにくくなっているようにも思いました。
それでも5•6のコル手前では、コバイケイソウのこんな素晴らしい光景に出会うことができました。コバイケイソウ、今年はまちがいなく当たり年ですね。
d0138986_08140963.jpg
そうしてようやくたどり着いた北尾根5・6のコル。
みなさん、とても感動してくださいました。
d0138986_08150634.jpg
奥又白まで登るあいだは、涸沢まで無事たどり着けるか心配しましたが、幸い4時半前に涸沢小屋に入ることができ、ホッと一安心です。
d0138986_08150228.jpg
翌日は北穂東稜。
今回の山行は女性ガイドのYさんにもお手伝いいただきました。
北穂東稜は前日ほど暑くなく、爽やかな風が吹いていました。
北穂から涸沢、涸沢から上高地へと下りると、それなりの時間となりましたが、2日間(暑かったものの)お天気に恵まれ、充実した山行を行うことができました。
みなさまありがとうございました。
d0138986_08135913.jpg


by uobmm | 2019-08-11 08:28 | 槍・穂高周辺バリエーション | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/27724671
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 剱岳、熊ノ岩に泊まって      久しぶりの美ヶ原 >>