人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2021年 02月 04日

犬殺しと仔犬殺し

犬殺しと仔犬殺し_d0138986_17013281.jpeg
2月1日(月)は西上州は荒船山山麓にある、犬殺しと仔犬殺しの氷瀑を登ってきました。
物騒な名前ですが、これは犬木さんという初登者のお名前にちなんだもののようです。
この日は天気がよく、寒くなく、しかも貸し切りで、快適に登らせてもらうことができました。
犬殺しと仔犬殺し_d0138986_17011442.jpeg
↑ 犬殺し

少し前に情報を得るまでは、犬殺しの下部がつながっているか心配していました。
犬殺しの下部は細いことが多いからです。
昨年秋は雨が少なかったので、広河原沢左俣・上の大滝や峰ノ松目沢の最後の滝など、今季は(寒かったわりに)よく発達しなかった氷瀑(氷柱)がいくつかありました。
なので、ただでさえ細い犬殺し下部はとりわけダメなんじゃないかと心配したわけです。
ところが犬殺しの下部はいつになく太く発達しているのだから、氷はわかりません。
そして驚いたのは、その逆にいつもは立派な仔犬殺しが、今年は見たことないくらい貧相だったことです。
フェースブックで、今まで仔犬の方に流れていた水が犬の方に流れたとしか思えない、とコメントされている方がいましたが、私も同じことを考えました。

ともあれ、メインの犬殺しが立派なのだから、とりあえずはオッケーです。
着いたとき、仔犬殺しにはよく日が当たり、水が滴っていたため、最初に犬殺しを登ることにしました。
2ピッチで犬殺しを登り終え、60m1回の懸垂で降りてくると、仔犬殺しも日陰になっていました。
水の滴りも止まっており、昼食後は仔犬殺しも快適に登ることができました。

この辺りは標高が1,000mちょっとしかなく、岩根山荘よりも低いです。
だから八ヶ岳のように寒くなく、いつ来てもだいたい快適に登ることができるのですが、その代わり登攀適季は短いです。
この冬はこれまで寒かったですが、この先はわかりません。
この立派な氷瀑を楽しめるのも、もうそれほど長い期間ではないかもしれませんね。
犬殺しと仔犬殺し_d0138986_17012347.jpeg
↑ 仔犬殺し

2018年、3年前の犬殺し、仔犬殺しのブログはこちら。今年とのあまりのちがいに驚きます。






by uobmm | 2021-02-04 17:29 | Trackback
トラックバックURL : https://uobmm.exblog.jp/tb/28429142
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 富士見パノラマ・サミットフォー...      岩根山荘アイス講習 >>