人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:奥秩父( 31 )


2019年 07月 17日

乾徳山

d0138986_19180381.jpg
7月17日(水)、乾徳山に登りました。
このところあまり歩いていないので、久しぶりのプチ個人山行です。
なぜ乾徳山かといえば、この日本200名山にも選ばれている関東の人気峰に、これまで一度も登ったことがなかったからです。
乾徳山は道も歩きやすく、岩場もあって、よい山でした。
特に、最後、岩を登って山頂に出るところがいいですね。
そして山頂に出たらなんだかお花がいっぱいで、ちょっと不思議に綺麗でした。
d0138986_19305227.jpg
午後から雨の予報も出ていたので山頂まで行けるかなあ……と思っていたのですが、結局下りるまで降られずよかったです。
登りはじめは暑かったですが、汗をダラダラかきながら登るのも久しぶりで、これもまたよし。
乾徳山はアクセスも近いし、行程も適度(コースタイム6時間くらい)だし、ちょっとしたトレーニングにはよい山だと思いました。
やっぱり山はいいですねえ。
d0138986_19174547.jpg




by uobmm | 2019-07-17 19:29 | 奥秩父 | Trackback
2019年 07月 14日

天狗山ダイレクト

d0138986_10384361.jpg
7月13日(土)、川上村の天狗山ダイレクトを初めて登りました。
天狗山ダイレクトは昨秋、JAGUの佐藤勇介ガイドらによって拓かれたばかりの新しいルートです。
d0138986_10390460.jpg
お隣の男山にある男山ダイレクトに比べると岩が脆く、神経を使う箇所が多いです。
特に核心部(?)である三段岩壁左の登りは濡れていてゲキ悪でした。
ただ景色は男山ダイレクト同様素晴らしく、レタス畑が広がる川上村を真上から一望することができます。
もう少し岩が安定し、三段岩壁にボルトが打たれて整備されれば、よいルートになるかもしれません。
現時点では(特に濡れている日は)リスクの高いルートなどで、行かれる方は心して臨んでください。
ともあれ、梅雨の間隙をついて登ることができ、登山とクライミング双方を楽しめた1日でした。
d0138986_10383797.jpg


by uobmm | 2019-07-14 10:53 | 奥秩父 | Trackback
2019年 03月 19日

瑞牆山と金峰山

d0138986_16202588.jpg
3月16日(土)〜17日(日)は上越のタカマタギの予定でしたが、北陸方面は2日とも悪天候の予報。
そして寒気の影響で、北陸だけでなくどこの山も天気が微妙な感じ。
タカマタギはキャンセルが出て参加者一人となったため、お客さまが行かれたことのないところで、またこの予報の中でも歩けそうなところということで、奥秩父の瑞牆山、金峰山に行くことにしました。
d0138986_16160576.jpg
土曜日は思ったよりよい天気。
登山者は少なく、静かでした。
ちょうど山頂に着く頃より雪が舞いはじめましたが、展望もまずまずで、悪くない山頂でした。
d0138986_16155989.jpg
この日の泊まりは富士見平小屋。
泊まるのは2〜3年ぶりですが、新しいスタッフも加わって、さらによい小屋になったように感じました。
もともとおいしかった食事もいっそうおいしくなっていました。
この日の宿泊客は私たちのほか1名だけ。
親父さん、新しいスタッフのNさんらと楽しい山小屋の夜を過ごさせていただきました。

d0138986_16154730.jpg
↑ パンは長坂の名店フェアリーのパン。傍らで焼きながら食べられます。
d0138986_16155351.jpg
日曜日の朝は素晴らしい天気となり、富士山も美しく眺められました。
予想以上に天気がよくうれしいかぎりです。
登山道もよく踏まれ、歩きやすいよい道です。
d0138986_16154179.jpg
砂払いの頭で展望を満喫。
八ヶ岳方面より少しづつ黒い雲が押し寄せてきましたが、無事山頂に到達しました。
昨日と同じで山頂に着く頃から雪が舞いはじめましたが、登山に支障はありませんでした。
天気の関係で急遽の予定変更となりましたが、久しぶりの奥秩父の山歩きもよいものでした。
山に行くたびに、歩きたい山が増えていきます。
もう何十年も登っているというのに。
d0138986_16152916.jpg




by uobmm | 2019-03-19 16:32 | 奥秩父 | Trackback
2017年 11月 01日

金峰山

d0138986_11202800.jpg
稀に見る悪天候の10月で、3連休の甲斐駒〜鋸以降、まる2週間、山の仕事はお休みでした。
これだけ長く仕事の山に行けなかったのは、思い出すかぎり東日本大震災のとき以来だと思います。
まあ、おかげで今年は確定申告前にバタバタしなくてすみそうです(笑)。
10月26〜27日は長くご一緒しているお客様と、金峰山に行ってきました。数少ない好天の日にあたったお客様はとてもラッキーです。
d0138986_11204049.jpg
25日(水)に1日冷たい雨が降り、このあたりの山も標高2000m以上で初冠雪となりました。
急遽、雪への備えをして入山です。
砂払いの頭を過ぎてからの稜線で、降った雪が凍っており、お客様にはチェーンスパイクをつけてもらいました。
雪の量が少ないので、普通のアイゼンや6本爪アイゼンだと歩きにくいと思いますが、こんなときチェーンスパイクは最高です。
上の写真は金峰山小屋の前で撮ったもの。
10月の奥秩父でアイゼンを使うというのはかなり珍しいのではないかと思います。
d0138986_11205165.jpg
それでも、貴重な晴れのためか、平日にも関わらず金峰山小屋は20人近く泊まっていました。
久しぶりに泊まりましたが、金峰山小屋はがんばっているよい小屋だと感じました。
もう何度も登っている金峰山ですが、やはり何度登ってもよい山だと思います。
金峰山も、金峰山小屋も、またきっと遠からず訪れることでしょう。


by uobmm | 2017-11-01 11:33 | 奥秩父 | Trackback
2016年 11月 02日

赤岩尾根から両神山

d0138986_15025553.jpg
二子山中央稜を登った翌日、10月30日(日)は両神山の赤岩尾根を登りました。
赤岩尾根は、古くから歩かれているバリエーションルートであり、いくつもの小ピークを連ねる岩稜です。
八丁峠に着けば赤岩尾根は一応終わりですが、そこから両神山山頂に至る八丁尾根もまた、一般道とはいえ鎖場の連続する険しいルートです。
赤岩尾根から八丁尾根を継続することで両神山の山頂をゴールにすることができ、いっそう充実した美しいコースとなります。
d0138986_15021535.jpg
天気は曇りで、気温の低い1日でしたが、ご覧の通り素晴らしい紅葉を愛でながらの登山となりました。
山頂からは作業道経由で上落合橋に下山。
下山にかかる頃になってようやく山に光が差しはじめ、1日のしめくくりが美しい山の色に彩られました。
d0138986_15142828.jpg


by uobmm | 2016-11-02 15:15 | 奥秩父 | Trackback
2015年 11月 13日

大菩薩から小金沢連嶺

d0138986_16522626.jpg

11月11〜12日は大菩薩嶺から小金沢連嶺を歩きました。
初日は大菩薩峠の介山荘泊まりです。
大菩薩にはむろん何度も登っており、上日川峠から往復するコースの他、丸川峠経由や、牛ノ寝通りなども歩いたことがありますが、大菩薩峠から南下していく小金沢連嶺だけはこれまで歩いたことがありませんでした。
d0138986_16561352.jpg

小金沢連嶺を歩くと、小金沢山や牛奥ノ雁が腹摺山など、「秀景富岳十二景」にも選出されている富士山の好展望台がいくつも現れます。
大菩薩をめぐる登山道の中では、実は一番よいコースだったのかもしれない……と、己の不明をちょっと恥じる気持ちになりました。
d0138986_1705939.jpg

今週唯一天気が良さそうだったのが、この水〜木で、晴天を期待してきたのですが、初日は終日ガスの中、2日目もガスの湧いている時間の方が長かったかもしれません。
久しぶりに寒い思いをして歩きました。
けれども、おかげで写真のような美しい樹氷(霧氷)に出会うことができました。
タイミングがあわなければ、なかなか出会えるものではありません。
日が当たりだすと、さながら雨が降るように、ばらばらと霧氷が散りはじめ、途中からは一切消えてしまいました。
d0138986_1751116.jpg

今回はらくらくコースで、湯ノ沢峠というところからタクシーで下山しましたが、次回はそのさらに南に続く稜線も歩いたみたいものだし、違う季節にもまたじっくりと小金沢連嶺を歩いてみたいと思いました。
ずいぶん身近なところに、よい山が残っていたものです。
d0138986_1710376.jpg


⭐️ホームページに11月以降の募集企画をアップしました。

by uobmm | 2015-11-13 17:07 | 奥秩父 | Trackback
2014年 10月 26日

両神山・赤岩尾根/Mt.Ryogami in Okuchichibu

d0138986_22552329.jpg

赤岩尾根から八丁尾根をへて両神山山頂へ。
奥秩父のクラシックと言えるバリエーションルートの赤岩尾根から、一般道とはいえ鎖場が連続する岩尾根である八丁尾根。
続けて登るとなかなかにタフな、充実コースだ。
Akaiwa ridge at Mt.Ryogami.
It is the classic variation course in Okuchichibu.
d0138986_22583038.jpg

d0138986_2331611.jpg

このコースは難しさだけでなく、とにかく展望が抜群だ。
山深い雰囲気と開けた展望を併せもつ、素晴らしいコースだということに改めて気づかされた。
久しぶりに登ったけれど、この山、このコースの魅力を再発見できた素敵な一日だった。
ご一緒してくれたみなさま、ありがとうございました。
d0138986_22585615.jpg

d0138986_2258632.jpg

d0138986_2325264.jpg


by uobmm | 2014-10-26 23:02 | 奥秩父 | Trackback
2014年 10月 25日

甲武信岳/Mt.Kobushi

d0138986_17295249.jpg

金~土で奥秩父の甲武信岳に登りました。
2日間完璧なお天気でした。
奥秩父の実力を、改めて存分に感じることができました。
Mt.Kobushi in Okuchichibu.
2 days perfect hiking!
d0138986_17302525.jpg


by uobmm | 2014-10-25 17:33 | 奥秩父 | Trackback
2013年 01月 28日

日本山岳会雪山入門教室(金峰山2013)

d0138986_15415986.jpg

今年で4年目を迎える日本山岳会主催の雪山入門教室。
今季は20名の参加者を迎え、これまでで最も多い参加人数となりました。
第1回目は恒例の「岩根アイスツリーでのアイスクライミング体験と、金峰山登頂」。
金峰山は今年で3年連続3回目ですが、これまでで一番の素晴らしい天気に恵まれました。
d0138986_15445411.jpg

初日の岩根山荘アイスでは、写真ではわからないかもしれませんが、けっこうな風雪でした。
冬型気圧配置の日に、岩根山荘でこんなに吹雪くというのは、めったにないと思います。赤岳鉱泉あたりはそうとう寒かったことでしょう。
d0138986_15495755.jpg

金峰山に登る日曜日の天気が心配されましたが……。
晴れてくれました!
朝のうちは風がゴーゴーとうなる音が聞こえていましたが、しだいに穏やかとなり、私たちが上に上がる頃には、風もない絶好の天気となりました。
これから雪山をはじめようという若い人たちに、こんな条件で雪の金峰山に登ってもらえたのはうれしいかぎりです。
金峰山からの展望は、八ヶ岳からのそれさえ凌ぐと、私は思います。
日本屈指の展望峰・金峰山(瑞牆山荘コース)の真価を知ってもらえたのではないでしょうか。
また素晴らしい雪山を、彼ら(彼女ら)と味わいに行きたいと思います。
d0138986_1559694.jpg


by uobmm | 2013-01-28 16:00 | 奥秩父 | Trackback
2012年 02月 05日

岩根アイスツリー

d0138986_20325758.jpg

週末は2日間、鈴木昇己ガイドのお手伝いで岩根山荘アイスツリーで講習でした。
2日間天気に恵まれました。
d0138986_20354238.jpg

昇己さんご夫妻のほか、JAGUのガイド仲間・成田賢二君も参加。
ガイド仕事に参考になる話なども聞けて、なかなか有意義でした。

by uobmm | 2012-02-05 20:38 | 奥秩父 | Trackback