山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:その他( 135 )


2018年 07月 26日

フェースブックページ

仕事用のフェースブックページを立ち上げました。
よろしければこちらもご覧ください。




by uobmm | 2018-07-26 10:27 | その他 | Trackback
2018年 01月 25日

岩根山荘アイスイベント

d0138986_19171170.jpg
1月20日〜21日は恒例、岩根山荘アイスイベントでした。
今年も44名の参加者を迎え大盛況。私の所属するガイド組合JAGUからも11名のガイドが参加しました。
参加者44名中、半数ちょっとはリピーターの方で、そのうち何割かの方は当然ながらかなりお上手です。
イベント終了後、参加者の方にはアンケートをお願いしたのですが、リピーターの方々も含め、おおむね2日間しっかり楽しんでいただけたようなので安心しました。
アイスの初心者、経験者問わず、この岩根山荘の人工氷瀑は練習には好適であるということを、今回改めて感じた次第。
参加者、ガイドともに一生懸命がんばって、楽しめた2日間だったと思います。
d0138986_19150085.jpg
これから発売予定のブラックダイアモンドの新しい軽量スクリューもテストさせてもらうことができました。
d0138986_19145596.jpg





by uobmm | 2018-01-25 19:29 | その他 | Trackback
2017年 12月 14日

JAGU研修

d0138986_10215475.jpg
12月7日(木)〜8日(金)は所属するガイド組合、JAGUの研修を長野の物見岩で行いました。
レスキューワーク中心の研修で、ここ3年ほど同内容で行なっていますが、1年経つとかなり忘れているものです。
それでも、頭と体に染み込むように、繰り返し練習し、また解散した日の夜は、要諦をさっそく書き留めておきました。
ペンションでの仲間との語らいも含め、有意義な2日間でした。
d0138986_10270166.jpg


by uobmm | 2017-12-14 10:27 | その他 | Trackback
2017年 06月 25日

アメリカに行ってきます

d0138986_22314261.jpg
す〜っかり、ブログの更新が滞ってしまっておりましたが、私は変わらず元気に過ごしております。
上の写真は、5月31日〜6月1日におなじみの篠原ガイド、そして友人でガイド兼イラストレーターの橋尾歌子と一緒に整備してきた、小川山の忘れられた岩稜です。
去年篠原さんと登った時には初登かと思ったのですが、調べたところ40年近く前に登られた記録がありました。
ルート名は「野猿返し」と言います。
易しいですが、10数ピッチの長さがある、景色の素晴らしい岩稜です。
d0138986_22315738.jpg
こちらの写真と、次の花(サンカヨウという私の好きな花です)の写真は、6月半ばに東北の岩手山〜八幡平を歩いた時のもの。
ここを歩くのは2回目ですが、大好きなコースです。
d0138986_22311079.jpg


d0138986_22310214.jpg
d0138986_22320663.jpg
上の2枚は、先週小川山の近くで出会った、ご存知ベニバナイチヤクソウの群落。
1週間前は廻り目平の入り口付近のレンゲツツジも見頃でした。

d0138986_22304819.jpg
そしてこちらは昨日6月24日の小川山。
フェニックスの大岩のてっぺんにて、です。
2週続けて小川山で講習でしたが、先週末も今週末も、岩場はすいていて、快適に講習することができました。

そして私は明日6月26日から7月6日までアメリカに行ってきます。
ヨセミテの近く、トゥオラミメドウ周辺で登ってきます。
同行者は友人の棚橋靖ほか3名。おじさん4人で楽しんできたいと思います。
トゥオラミメドウ滞在中はメール等できないと思いますが、よろしくお願いいたします。
それでは気をつけて行ってまいります。




by uobmm | 2017-06-25 22:45 | その他 | Trackback
2017年 01月 26日

岩根山荘アイスイベント

d0138986_21385045.jpg
1月21日(土)〜22日(日)は岩根山荘で、恒例のアイスイベントでした。
参加者42名、JAGUのガイドが10名参加しました。
超暖冬だった昨年は、人工氷瀑アイスツリーの氷結が遅れ、実施できるか危ぶまれたのですが、今年は良好な氷結状態でした。
人工氷瀑とはいえ、10m以上の高さのあるバーティカル(垂直)な氷瀑を登るのは決して易しくはありません。
前週に八ヶ岳の南沢小滝・大滝を登りましたが、正直、練習するならここアイスツリーの方が、はるかによいかな、とも思いました。
もちろん、自然の氷瀑でこそ経験できるさまざまな要素もありますので、両方で練習するのがおそらくベストなのでしょう。

参加者の方には満足していただけたようで、私たちガイドにとっても有意義な2日間となりました。
d0138986_21385738.jpg



by uobmm | 2017-01-26 21:48 | その他 | Trackback
2016年 11月 19日

全国代表者会議

d0138986_15194453.jpg
宮崎から帰京後も、あいかわらず忙しく過ごしています。
11月14日(月)〜15日(火)は、公益社団法人日本山岳ガイド協会の全国代表者会議に出席するため白馬へ。
今回の代表者会議はこれまででももっとも規模が大きく、全国から約200名のガイドが参加しました。
3年ほど前からガイド協会内でも、とある役職を与えられており、そのためこの会議にも3年前から続けて参加しています。
ガイド協会の仕事をすることは楽ではないし、時間もとられますが、おかげでこういう場に参加する機会を得、そこでいろいろな情報や刺激をもらい、さまざまな方と知り合えたり、久しぶりに会えたりすることは、とてもありがたいことだと感じます。
d0138986_15280888.jpg
この時期に白馬方面へ行く機会はこれまでほとんどなかったですが、紅葉がとてもきれいですね。
もう少し早ければベストでしょう。
青木湖あたりの景色なんて、日本じゃないみたいでした。



by uobmm | 2016-11-19 15:29 | その他 | Trackback
2016年 11月 04日

コンパス

山と自然ネットワーク「コンパス」というサイトに月1でコラムを連載させてもらっています。
このコンパスというサイトは、登山届け提出を柱に、山の地図アプリやコラム「コンパスマガジン」、あるいは山小屋でのwifiサービスなどなど、とても充実したサイトですので、登山者の方ぜひご活用ください。

私の今月のコラムはこちら。



過去の分はこちらをご覧ください




by uobmm | 2016-11-04 07:40 | その他 | Trackback
2016年 09月 15日

秋〜冬の募集企画をアップ中です

d0138986_18210980.jpg

秋から冬にかけての募集企画をホームページにアップしています。
本格冬シーズンに入る前は、宮崎や伊豆、湯河原などでのクライミングや、妙義、子持山獅子岩等々。海金剛スーパーレインの企画もございます。
冬は、新企画「雪山ステップアップ講習(全6回)」のほか、アイスや雪山バリエーションなどなど。
まだこれから追加していく予定ですので、ときどきチェックいただければ幸いです。
年末は南アルプス・仙丈岳を予定しています。



by uobmm | 2016-09-15 18:22 | その他 | Trackback
2016年 09月 14日

秋〜冬の募集企画をアップ中です

d0138986_14243755.jpg

秋から冬にかけての募集企画をホームページにアップしています。
本格冬シーズンに入る前は、宮崎や伊豆、湯河原などでのクライミングや、妙義、子持山獅子岩等々。海金剛スーパーレインの企画もございます。
冬は、新企画「雪山ステップアップ講習(全6回)」のほか、アイスや雪山バリエーションなどなど。
まだこれから追加していく予定ですので、ときどきチェックいただければ幸いです。
年末は南アルプス・仙丈岳を予定しています。



by uobmm | 2016-09-14 14:24 | その他 | Trackback
2016年 04月 28日

ミズノ・アウトドアスクール② 〜講習とロングトレイルのお話

d0138986_1256255.jpg

ミズノ・アウトドアスクールで2日間お世話になった安藤百福センターは、小諸の町からも近いですが、高台にあって浅間や黒斑山などの展望がよく、とてもよい場所にあります。
設備も本当によく、快適です。
4月17日(日)は朝から机上講習と外での実習。
まずは地図とコンパスの使い方を机上で講習し、そのあと実際に外に出てトレイルを歩きながら講習しました。
限られた時間の中だったので、少し急ぎ足になってしまいましたが、地図・コンパスの講習は、やはり机上だけでなく外に出るとより得るものがあると思います。
講習2時限目は、危急時対策。
道迷い対策やビバーグのことなどを中心にお話し、あわせて私が山に携行しているファーストエイドキットも紹介させていただきました。
この講習も机上だけではなく、外に出てツェルトの使い方を講習。
参加者の中には、ご自身で持参された超軽量エマージェンシー・ツェルトを使ってみた方もいらっしゃいました。
d0138986_1324697.jpg

帰りのバス車内では、さらに登山道具とウエアの話を。
ミズノのIさんからも雨具やトレッキングシューズ、トレッキングポールのメンテナンスの仕方などのお話があり、みな興味深そうに聞かれていました。
というわけで、最後まで盛りだくさんの、今年度最初のミズノ・アウトドアスクールでした。
今回は参加者が少なかったですが、山の基本を勉強したいという方にはとてもよい講習だと思いますので、次回企画した際には、ぜひたくさんのご参加をお待ちしています。
d0138986_133447.jpg

最後にもう一つ。
安藤百福センターは、研修施設であると同時に、NPO法人日本ロングトレイル協会の事務局でもあります。
今回、同協会の代表理事であるNさん、安藤百福センターのAさんから、初日の夜に、内外のロングトレイルのお話をうかがうことができました。
Nさんとは以前はよくお会いしていたのですが、今回会うのはおそらく10年ぶりかそれ以上。
久しぶりにお会いできてうれしかったし、とてもよかったです。
ロングトレイルのお話は私にとってとても興味深く、国内外のロングトレイルへの関心を一層深めることができた、楽しく有意義な一夜でした。
d0138986_125142.jpg


by uobmm | 2016-04-28 13:08 | その他 | Trackback