人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:南アルプス(一般登山)( 14 )


2019年 07月 28日

鳳凰三山

d0138986_12201482.jpg
⒎月23日(火)〜25日(木)は鳳凰三山に行ってきました。
南御室小屋と薬師岳小屋にそれぞれ1泊するゆとりのある行程です。
ようやく待ちに待った梅雨明けかと思いきや、寒気が入っているとかでお天気すっきりとはいきません。
早い時間からガスに包まれ、なかなか周囲の山々を拝むことができません。
d0138986_12203679.jpg
それから今年は花の開花がことのほか遅く、ふつうならこの時期、鳳凰三山の稜線のそこここに美しい姿を見せるタカネビランジがまだまったく咲いていませんでした。
例年よりまちがいなく2週間は遅れているでしょう。
これは一輪も見られないかなあと思ったのですが、観音岳の少し手前で一株だけきれいに咲いていてくれました!
他はまだつぼみもほとんどついていないくらいなのに、よくこの株だけが咲いたものです。
その後観音岳を越えて地蔵岳方面に向かうと、少し咲いている株がありましたが、どれも一輪二輪でした。
d0138986_12202643.jpg
鳳凰三山に登っていながら、2日目まで一度も白峰三山を眺めることができていませんでした。
薬師岳小屋に泊まっていた3日目の朝は、期待を込めて朝食前に薬師岳山頂に登って行きました。
登山道から少し外れた東側のピークに上がると、ちょうど御来光が出てきたところでした。
この時間に薬師岳に登るのは初めてでしたが、観音岳、地蔵岳に行かなくても、ここだけでも十分素晴らしいなと思えるくらい美しい山の景色を眺めることができました。
初日は北杜市や甲府などでゲリラ雷雨がすごかったらしいのですが、山には短時間の軽い夕立があったのみ。私たちは結局3日間一度も雨に遭わずに歩くことができました。
展望も十分とは言えず、花も少なめの鳳凰三山でしたが、それでもやはり楽しい山歩きだったと思います。
d0138986_12202030.jpg





by uobmm | 2019-07-28 12:36 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2018年 09月 20日

優雅な避難小屋生活

d0138986_10464853.jpg
金曜日でかつ雨なので、六合石室には当然ながら誰もいません。
荷物を広げ、まずは往復20分の水汲みに行ってきます。
そして今回は寒そうなので、石室の中にツェルトを張ることにしました。
小屋の中の梁を使い、うまく立てることができました。
2〜3人用のツェルトなので、内部はゆったりしています。
ツェルトの中は火を焚くとすぐに暖かくなるし、何よりガランとした避難小屋の中にそのまま泊まるよりもずっと落ち着きます。
d0138986_10463418.jpg
それではさっそくビールを開けます。
今回は缶ビールを持ってきました。
7月下旬に一人でここに泊まったときは、初めての日向八丁尾根ということで所要時間も読めず、そのためできるだけの軽量化を図ってきました。
泊りがけなのにコンロもコッヘルも持たず、シュラフではなくシュラフカバー、もちろんビールはなし。
だから朝晩の食事も水で戻したアルファ米の類だけの味気ないものでした。
あれはあれでよい山行だったのですが、次回また一人で避難小屋やテント泊まりの山に行く時には、より愉しい避難小屋(orテント)生活を送るために、以下の点を改善しようと考えました。

①食事はもっと充実させる(もちろんコンロ、コッヘル等は持参する)
②お酒は十分な量を持っていく
③缶ビールも持っていく
④座椅子になるマットを持っていく

今回は急ごしらえの山行ですので、④の座椅子になるマットは持ってきておりませんが、①〜③については前回の反省に基づき、改善してきたつもりです。
d0138986_10462980.jpg
缶ビールを飲みながら、まずはレモン&パセリソーセージを茹でます。
茹でているあいだ、プチトマトに塩をつけて食べると、これが絶品!
このトマトは自分で持ってきたのではなく、黒戸尾根でたまたま一緒になった日本山岳会のヤマシタマリコさんからいただいたものです。
塩をつけて食べると、ビールのつまみとしてもまったく悪くありません。
このトマトはこの日食べたものの中で一番感動がありました。。
私は縦長のトマトって、今まであまり買ったことがなかったですが、これからはわざわざ縦長のトマトを探して買ってしまうかもしれません。

野菜はほかにししとうを持ってきました。
北鎌尾根用には他にタマネギやベーコンブロックも用意していたのですが、一人なのでそれらは車に置いてきました。
さて、ししとうは炒めて食べるつもりでしたが、ソーセージを茹でていたので、めんどうだからししとうも茹でてしまいます。
茹でたししとうに塩をつけて食べると、うん、これも悪くありません。
いや、焼いたり炒めたりしたのよりむしろおいしいかも、と思いました。
ただ、不思議なのですが、茹でたししとうはなぜかどれも辛く感じられます。
ふつう、ししとうの辛いのって10本に1本とか、せいぜい7本に1本くらいの割合ですよね?
ところがこの晩食べたししとうは、全部が全部辛く感じられるのです。
いったい、ししとうは茹でると辛味が出るものなのでしょうか?
d0138986_10464446.jpg
トマトを食べ、ソーセージを食べ、ししとうを食べ、最後はパスタです。
この頃には缶ビールは飲み終え、ウイスキーに移行しています。
次回缶ビールは350mlではなく500ml缶にしようと、また改善点が見つかりました。
パスタ(スパゲッティ)は、最近気に入っているオニオンコンソメ・パスタです。
オニオンコンソメ・パスタとは、ゆでたパスタにクノールのオニオンコンソメスープを混ぜて味つけしただけのものですが、これがなかなか美味しくて、食べさせた人からも好評です。
アメリカでこれを食べた井上D助からは「作り方おしえて」と言われましたが、作り方などというほどのものはなく、ただオニオンコンソメスープを混ぜるだけ。
いつもは野菜やベーコンなどをオリーブオイルで炒めておいて、そこにゆでたパスタを入れて、オニオンコンソメスープを加えるのですが、今回は野菜やベーコンがありませんので、茹でたパスタにただオニオンコンソメスープを入れて混ぜます。
でもせっかくオリーブオイルがあるので、パスタにオリーブオイルを回しがけしてみました。
そんなシンプルなパスタですが、今日もおいしかったです。
オリーブオイルは直接かけるだけでも味を引き立たせると思いました。
d0138986_10465480.jpg
さてさて、トマトがうまいとか、ししとうが辛いとか、パスタの味つけがどうだとか、どうでもよいようなことを長々と書いてしまいましたが、一つ間違いなく言えるのは、私はこうして個人的に山に登るとき、避難小屋で過ごす一人の時間こそ、一番の山の楽しみにしているということです。

この日は『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』(村上春樹、吉本由美、都築響一)を読み終えたので、山本周五郎の短編小説集『おたふく』を開きます。
なにしろ今はキンドル(電子書籍)という便利なモノがあり、スマホに好きなだけ本を入れてこられるのだからすごい時代になったものです。
しかも電子書籍は暗いテントの中でも、ヘッドランプや老眼鏡なしで本が読めるので、読書好きの山ヤにとっては、ほとんど神の道具と言っても過言ではありません。
さて、そろそろ酔っぱらっていますから、小説の1行目を読んだだけで、「う〜ん、いいなあ……」などと、感動したりします。

が、しかし。
いくらも読み進まないうちに……。
いつのまにか、沈……。
いったい何時ころだったか?
午後7時〜8時の間のどこかだったと思われます。

翌日は朝から激しく雨が降っていましたが、少し小降りになるのを待ってスタート。
日向八丁尾根を竹宇駒ヶ岳神社へと下山しました。
d0138986_10464085.jpg
















by uobmm | 2018-09-20 18:15 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2018年 09月 17日

個人山行ふたたび

d0138986_10311735.jpg
春から準備山行を重ねてきた企画「目指せ! 北鎌尾根2018」。
9月14〜17日は、その今年1回目の北鎌尾根本番ということで、何としてでも催行したかったのですが、無念の中止となりました。
北アルプス方面はこれで4週連続で週末天気が悪いのではないかと思います。
予備日もあるし、なんとか行けないものかと、天気予報サイトとにらめっこし、ぎりぎりまで実施の可能性を探りました。
参加者の方々には松本や沢渡で前泊していただいたのですが、予報もどんどん悪い方へと変わってゆき、いかんともしがたい感じでした。
松本と沢渡でそれぞれお客様に中止の旨をお伝えして解散しました。

先週末も山行を中止しているので、これで2週続けて週末の山行が中止ということになります。
少し運動する必要があり、1泊2日で、一人でどこか登って帰ろうと考えました。
沢渡まで来ているし、一度も登ったことのない笠ヶ岳なども頭には浮かびましたが、結局東京方面へと戻り、最近慣れ親しんだ甲斐駒〜日向八丁尾根をまたまた歩くことにしました。この際、天気はどうでもよいという感じです。
d0138986_10393893.jpg
黒戸尾根〜甲斐駒〜日向八丁尾根を気に入っている理由はいくつかあります。
東京からアクセスが近いということもその一つです。
黒戸尾根も八丁尾根もどちらも雰囲気がよく、往復ではなく周遊できるというのも魅力です。
何よりこのコースは、2日間しっかり歩きたい人にとっておあつらえ向きです。
また、七丈小屋という、私にとって気のおけない山小屋があることも、この山に惹かれる理由の一つなのでしょう。
そして最後に決め手になるのが、行程のほぼ中間地点に、六合石室というありがたい避難小屋が存在していることです。
d0138986_10321164.jpg
北鎌尾根は北鎌沢出合で1泊テント&ツェルト泊の予定でしたから、食糧などは持ってきています。
黒戸尾根登山口の駐車場でその食糧を1人分に取り分け、パッキングをし直して出発します。
泊まりは七丈小屋ではなく、甲斐駒山頂を越えて六合石室の予定。
登山口の駐車場は閑散としていましたが、日本山岳会の知りあいの女子2人と久しぶりに会うなど、うれしい邂逅もありました。

幸い雨は降っておらず、暑さもさほどではありません。
五合目くらいまではまずまずいいペースで登れましたが、五合目を過ぎてからスピードダウン。
それでも3時間半ほどで七丈小屋に着くことができました。
七丈小屋では北爪さん、堀内さんに暖かく迎えていただき、お茶をごちそうになります。
「泊まっていけばいいじゃん」という言葉に思いっきり後ろ髪をひかれながら、なんとか小屋をあとにしました。

七丈小屋で休憩したにもかかわらず、ここから急激に疲労が襲ってきました。
おまけに雨も降り出しています。
「このペースじゃあ、ほとんどコースタイムと変わらないのではないか?」
などと考えながら、バテバテで登って行きましたが、山頂が近づく頃、幸い雨がやんで薄日が差してきました。
今日は避難小屋泊まりなので、着ているものやザックが少しでも乾いてくれた方が助かります。
甲斐駒山頂に午後3時半着。
登山口から所要5時間半でした。
七丈小屋から上はヘロヘロだったわりには、それでも思ったより早く山頂に着けたので少しホッとしました。
鋸岳方面への道に入ると、数週間前に訪れたときに比べ、ウラシマツツジの紅がいっそう鮮やかに色づいていました。
d0138986_10312152.jpg








by uobmm | 2018-09-17 11:36 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2018年 08月 01日

日向八丁尾根から甲斐駒ヶ岳

d0138986_10544158.jpg
7月30日(月)〜31日(火)、日向八丁尾根〜甲斐駒ヶ岳に行ってきました。
一人での個人的な山行きです。
日向八丁尾根は登山地図にもまだ記載のないコースですが、七丈小屋の前小屋主の田部さんがしっかりと整備され、近年登山者も増えているようです。以前から一度歩いてみたいと考えていました。
初日は竹宇駒ヶ岳神社をスタートし、日向八丁尾根を登り、六合石室まで。2日目に甲斐駒山頂経由、黒戸尾根を下山しました。黒戸尾根を登りに使い、初日を七丈小屋泊。2日目に日向八丁尾根を下山する人も多いようです。また、この長丁場のコースを日帰りで周遊する登山者も少なからずいます。
私は初日の所要時間が7時間半、2日目が6時間でしたが、これを日帰りでやるためには、もう少しトレーニングが必要です。
d0138986_11122210.jpg
日向八丁尾根(正式には、大岩山から先の尾根は八丁尾根といいます)は、よく整備され、迷うようなところや、藪漕ぎで難渋するようなところはありませんでした。むしろ歩き慣れた鋸岳〜甲斐駒の稜線の方が整備不十分と思えるくらいでした。
しかし、平日ということもあり、日向山を過ぎれば登山者にはまったく出会わず、一人で奥山に分け入ってゆくそこはかとない緊張感を味わうことができました。
六合石室も貸し切りで(実はここに午後1時過ぎに着いてしまったのですが)、一人避難小屋ライフをエンジョイ(?)しました。
『ラオスにいったい何があるというんですか?』という村上春樹の紀行文をスマホのキンドルアプリで読んだりしていたわけですが、「こういう肩の凝らない旅行記みたいなのは、山で読むのに最適だなあ……」、などと思ったりしました。

d0138986_11284791.jpg
2日目は甲斐駒山頂経由で黒戸尾根を下山。
無雪期の黒戸尾根は10年ぶりくらいでしょうか。
七丈小屋には花ちゃん(花谷・新小屋主)も旧知の北爪さんもいませんでしたが、堀内さんという女性の小屋番さんが、感じよく応対してくださり、いろいろお話できてよかったです。梅ジュースごちそうさまでした。とてもおいしかったです。
そして竹宇駒ヶ岳神社駐車場に下山後、駐車場内にある「おじろ」という売店に寄ると、ここにいらっしゃるかもとうかがった田部さんにはタッチの差でお会いできませんでしたが、気さくなおばちゃんが相手をしてくれて、なかなかよいひとときを過ごせました。ここの冷やしトマトとキュウリがとてもおいしく、この時期竹宇駒ヶ岳神社に下山したら、「おじろ」のトマトとキュウリはぜひお薦めです。
d0138986_10570877.jpg




by uobmm | 2018-08-01 11:37 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2018年 07月 28日

鳳凰三山

d0138986_15553983.jpg
7月23日〜25日は、鳳凰三山を小屋泊まりでのんびりと歩いてきました。
下界は大猛暑が続いていましたが(月曜日は国内最高気温を更新!)、さして暑さに悩まされることもなく、好天のもと、よい山歩きができました。
歩き出しの夜叉神峠入口から初日の泊まり場である南御室小屋まで、その大部分が樹林帯で日射にさらされないため、こんな暑い時には好適です。
d0138986_15563868.jpg
d0138986_15562606.jpg
そして稜線に出れば、そここにタカネビランジが咲いています。
ちょうど見頃でうれしいかぎりでした。
d0138986_15553180.jpeg
ガイドでは冬に訪れることの多い鳳凰三山ですが、夏の鳳凰三山もやはり素晴らしい山だと、改めて感じることができました。
展望は最高級で、花が美しく、そしてたおやかな尾根道……。
まぎれもない日本の名山だと思います。
d0138986_15561802.jpg

★ホームページに10〜12月の募集企画をアップしました。ぜひご覧ください。




by uobmm | 2018-07-28 16:05 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2011年 08月 22日

鳳凰三山

d0138986_12534283.jpg

土日はエルブレス軽登山教室で鳳凰三山へ。
土日とも天気が悪い見込みのため、中止した方がいいのでは? と行く前には思ったほどだったのですが、予定通り実施されました。

しかも今回はテント泊。
それでも30名の参加者、ただ一人のキャンセルも、そして集合に遅れる方もいなかったのだからたいしたものです。

テント泊の登山経験をお持ちの方はご存じのように、雨の中のテント泊というのは嫌なものです。
今回はしかもテント泊が初めてという方も多く、3分の1くらいはテント自体これのために買ってこられた方々でした。
みなさん雨の中でもちゃんとテントで一夜を過ごし、重たいザックを担ぎ、しっかり歩かれていたと思います。
d0138986_1352872.jpg

2日目は天気が悪いため、地蔵岳までの縦走はあきらめ、薬師岳から中道を下山しました。
鳳凰三山の最高の展望も眺めることができませんでしたし、テント泊デビューがいきなり大変な経験になってしまいましたが、これを経験すれば、これからのテント泊山行には自信を持ってのぞめるだろうと思います。
きっと次は素晴らしいテント泊山行ができますよ。
またご一緒しましょう!
d0138986_1355521.jpg


by uobmm | 2011-08-22 13:08 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2011年 08月 11日

鳳凰三山

d0138986_10501315.jpg

もし日本で10名山を選ぶとしても、私は甲斐駒ケ岳を外さないだろう。
そう深田久弥は書いています。
甲斐駒が名山であることに異論の余地はありませんが、私が今、10の名山を選ぶなら、甲斐駒よりもむしろ鳳凰三山を候補に挙げるかもしれません。
d0138986_10532247.jpg

南アルプスの中でも屈指と思える最高の展望。
咲き誇るタカネビランジ。
美しい白砂の稜線。
しかも鳳凰三山は冬も、雪山登山の入門者に格好のフィールドを提供してくれています。
甲斐駒のように険しくはありません。
山の初心者でも受け入れる優しさがこの山にはあります。
そしてそんな山だからこそ、この山は真の名山の名にふさわしいと私は思います。
d0138986_10564924.jpg

初めての日本の高山として鳳凰三山を選ぶのもよい選択でしょう。
私は初めての高山ではありませんでしたが、初めての南アルプスはこの鳳凰三山でした。
稜線の美しい風景に感動したものです。
これからもあの美しい風景に出会いに、私は何度となく鳳凰三山に足を運ぶことでしょう。
d0138986_1105794.jpg


by uobmm | 2011-08-11 11:07 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2010年 10月 10日

笹山②

d0138986_18592247.jpg

笹山の新しい登山道は、登山道というより“踏み跡”に近い感じだが、迷うようなところはないし、登りも下りも歩きやすかった。
紹介されている記録では、水場が標高1,600mにあり、テントサイトは2,320mとなっている。
しかし、標高850mから歩きだして標高2,700mの山に登るのに、2,320mまでテントを持ち上げるのはいかにも非合理だ。2,320mには水場もないのである。

ということで私たちは1,600mの水場のそばを、初日の泊まり場とした。
わずかに整地し、落ち葉を敷き詰めるとよいテント場ができた。
d0138986_18395692.jpg

平日の笹山には他の登山者はいないだろう。
この場所で泊まる人間自体、私たちが初めてではなかろうか?
深い樹林の中は森閑としており、他の山のテントサイトとずいぶんと雰囲気がちがうものだ。

この夜は星が見えなかった。
人のいる山とは異なる緊張感が、夜になるといっそう強く感じられる。
のしかかってくるような深い夜の闇。うっそうとした森の木々。
これが本来の山の夜なのかもしれない。
鹿の鳴く声だけが、ひっきりなしに聞こえていた。
d0138986_18511595.jpg

翌朝暗いうちにテントをたたみ、1600mに荷物をデポして、笹山南峰、北峰へ登る。
頂上直下まで樹林帯が続き展望がきかないが、北峰山頂に出ると突然視界が開け、南アルプスの展望が広がる。
雲の多い空だったが、頂上に着く頃、うまい具合にガスが晴れてきて、塩見、蝙蝠岳方面が見渡せた。
静かでよい頂だ。

この日Hさんは、山梨百名山最後の一座に立った。
d0138986_18572233.jpg



<笹山のテントサイトについて>
私たちが泊まったのは1600mの水場の近くで、水場への最後の急下降のすぐ手前。
2~3人用テントなら比較的快適に張れる。ただ、1張り分のスペースしかない。
この付近は傾斜が緩く、かつ地面の土がやわらかいので、スコップなどを持参すれば、他にスペースをつくることは可能である。

その上でテントが張れるのは、標高1,930mに2~3人用1張り分、標高約2,070m付近に2~3人用1張り分のよいスペースがあった。2,070m付近は登り坂の途中だが、道のすぐ右に、ちょうど1張り分の長方形のスペースがある。

2,320mのテントサイトは落ち着いた雰囲気のよいキャンプサイトだが、遠藤明彦氏の記録にもあるように、2~3張りくらいがせいぜいである。
また、笹山南峰頂上は労力さえいとわなければ、コース中もっとも気持ちのいいキャンプサイトかもしれない。

by uobmm | 2010-10-10 19:09 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2010年 10月 09日

笹山①

d0138986_1952250.jpg

山梨百名山を登るのは日本百名山を登るより難しいと言われている。
山梨百名山には、南アルプスの鋸岳、奥秩父の鶏冠山といった、バリエーションルートの範疇に属するような山が含まれているからだ。

山梨百名山で難しいのはその2つの山だけだと思っていたら、もう一つあるという。
それが今回訪れた笹山である。
d0138986_19155711.jpg

南アルプスの農鳥岳から南に続く稜線を白根南嶺というのだが、笹山はその稜線上の一つのピークである。またの名を黒河内岳という。
白根(白峰)南嶺は登山地図における点線のコースであり、水場もない長い稜線をテントで縦走しなければならない。
だからこそ、その一角にある笹山が、鋸岳、鶏冠山とともに山梨百名山における障壁の一つとなっていたわけである。

そんな笹山に奈良田からダイレクトに登れる尾根コースが拓かれた。2年前のことである。
地元の早川町から依頼を受けた山梨県の山岳会・白鳳会がコースを整備したのである。
標高差1900m近くある長い尾根だが、途中に水場があり、テントが張れる平坦地もあるという。
馴染みの薄い山域の、新しく作られたコースというのには心惹かれるものがある。
Hさんからのガイド依頼をありがたく受け、ひっそりとした奈良田の登山口へと向かう。

by uobmm | 2010-10-09 19:25 | 南アルプス(一般登山) | Trackback
2009年 08月 25日

高嶺の花々

d0138986_12344012.jpg

鳳凰三山はほんとうに花のよい山でした。
こういう山に来ると、花はやっぱり北アルプスより南アルプスだなあ、って思います。
d0138986_12371779.jpg

↑ 鳳凰三山を代表する花、タカネビランジ。南アルプス特産種です。
d0138986_12393965.jpg

↑ ホウオウシャジン。希少種です。キタダケソウより、こっちの方が数は少ないかもしれません。
d0138986_12411553.jpg

↑ 夜叉神峠への道すがら、たくさん咲いていたフシグロセンノウ。こういった、初めてではないものの、そうしょっちゅう出会えるわけではない花が多いのも鳳凰三山の特徴でした。
d0138986_1243958.jpg

↑ そして、そして、レンゲショウマ。
大好きな花です。山の花を一つ選べと言われたら、この花を選ぶかもしれません。
鳳凰小屋から御座石鉱泉へ下る道に、すばらしい群落がありました。
自生のレンゲショウマがこんなにたくさん咲いているところは他にないのではないでしょうか。
山からの最後の贈り物でした。

ただ、最後にちょっと悲しい話をすれば、御座石鉱泉のオババの話では、そのレンゲショウマも今年は鹿に若芽を食べられて例年の3分の1しか咲いていないそうです。
あんなにたくさん咲いていて3分の1! 
鹿に食べられていない頃を見てみたかった!

少しづつ知られてきましたが、いま、南アルプスや奥秩父などで、鹿による高山植物の食害が危機的状況を迎えつつあります。
このままではマルバダケブキ以外の高山植物が全部鹿の餌になってしまいそうな状況なのです。
本当に早急に手を打たないととんでもないことになってしまう!
高速道路なんて無料にしてる場合じゃないのです。
鹿害こそ、どげんかせんといかん!
「我が党は、鹿による高山植物の食い荒らしを2年以内に全廃します」
と、マニュフェストに謳う政党はないのか!?

by uobmm | 2009-08-25 13:01 | 南アルプス(一般登山) | Trackback