人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:クライミング( 277 )


2019年 06月 14日

ロープワーク講習とクライミング

d0138986_12115399.jpeg
ブログの更新がだいぶ滞ってしまいましたが、6月1日(土)〜2日(日)は小川山で、初日)ロープワーク講習、2日目)クライミング講習を実施しました。
「目指せ! 北鎌尾根2019」のプレ講習の一環です。
一般的なクライミング講習だと登るのが中心で、ロープワークをじっくりと勉強する時間はなかなかとれないので、たまにこうして基礎からロープワークその他を確認したり、練習したりするのはとても意義があると思います。
アンカーの作り方からはじめ、懸垂下降やバックアップをとっての懸垂下降、登り返しや引き上げ等々、1日しっかりと勉強していただきました。
こうした技術は使わないとどんどん忘れていくものなので、忘れないように自分で工夫することと、定期的に勉強の機会を持つことが大切だと思います。

翌日は小川山でクライミング。
2日間、楽しく学び、登っていただくことができました。







by uobmm | 2019-06-14 12:19 | クライミング | Trackback
2019年 05月 31日

クラック講習(第1期)最終回

d0138986_18384993.jpg
昨年11月より月1で開催してきた「レッツクラック・クライミング」講習。
5月26日(日)で第1期の最終回を迎えました。
最終回はこれまでの練習の成果を試すべく、日本を代表するクラックルートの一つである小川山レイバック(5.9)と、小川山の人気マルチピッチのセレクションを登ることになっています。
前日混んでいて登れなかった小川山レイバックですが、この日は7時に宿を出て向かったところ、幸いにも一番に取り付くことができました。
そそくさとロープを張り、Oさん、Mさんの順に登っていただき、二人とも見事完登!
昨年講習がはじまったときにはクラック未体験かつクライミング経験もかなり少なかったOさんが小川山レイバックのクラックにしっかりとジャミングを決めて登る姿を見て、ちょっと感動してしまいました。
d0138986_18385388.jpg
前日同様クライマーがいっぱいとなった親指岩をあとにして、屋根岩2峰のセレクションへ。
このマルチピッチもクラック主体で5.8くらいあり、決して易しくはありませんが、二人ともしっかり登られました。
はじめて行った連続物のクラック講習で、私自身は反省点も多々あるところですが、参加してくださったみなさんにとって少しでも身になる講習であったなら、うれしいです。
今後もよりよい講習ができるようがんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
d0138986_18390059.jpg






by uobmm | 2019-05-31 18:51 | クライミング | Trackback
2019年 05月 27日

小川山でクラック

d0138986_18223274.jpg
5月25日(土)は、小川山。
昨年11月から月1で開いてきた「レッツ!クラッククライミング」講習、第1期の最終回です。
最終回は小川山で、小川山レイバック(5.9)と、屋根岩2峰のマルチ「セレクション」を登るのが当初のプランですが、Yさんはセレクションはすでに登られているので、まずは小川山レイバックへ。
クラック経験豊富なYさんですが、小川山レイバックはまったくの初めてとのこと。
このヒストリカルなクラックは、あえてとっておいたそうです。
というわけでオンサイト・トライを楽しみにされていたのですが、残念ながら小川山レイバックは大盛況で100人待ち。(いや15人待ち)
あきらめて兄岩に転身してしばらく登り、午後3時頃ふたたび行ってみましたが、それでも100人待ち(いや15人待ち)。
残念ですが小川山レイバックはあきらめ、仕方なく(?)クレイジージャム(5.10d)をやることになりました。
小川山レイバックも超有名ルートですが、クレイジージャムもむろんそれに勝るとも劣らない歴史的に価値あるルートです。
ルートの質、内容、風格。日本最高のクラックの1本といっても決して過言ではありません。
このグレードになると仕事で登ることはなかなかないので、私は登るのはたぶん20年以上ぶり。
少々緊張して取付きましたが、無事登ることができました。
Yさんも出だしのパートは苦労されましたが、ハンド〜ワイド〜フィンガーと続く中間から上のパートはスムーズでした。特に多くの人が苦労するワイド部分は上手で、見ていたクライマーたちが感心していました。
兄岩で登ったピクニクラ(5.10b)もよかったですね。
小川山はさすがに質の高いルートがあります。

余談ですが、私のお客様にはYさんがとても多いです。
4人のお客様、全員Yさんということも珍しくありません。
お客様の、そう、8割はYさんですね(笑)。










by uobmm | 2019-05-27 18:42 | クライミング | Trackback
2019年 05月 20日

子持山獅子岩

d0138986_10570662.jpg
5月18日(土)は子持山獅子岩のマルチピッチを登りました。
子持山獅子岩はフェース(ボルト)ルートのマルチピッチが楽しめる貴重な岩場です。
グレードは5.8くらいですが、各ピッチにそれぞれちょっとした核心部分があり、ルートに味付けを加えています。
展望や終了点の雰囲気も素晴らしく、それもまた大きな魅力でしょう。

この日は暑いかと思っていたら、逆に涼しいくらいの陽気で、岩場にはわれわれ含め3パーティーのみ。山頂に着いても誰もいなくて、なんだか週末とは思えないような静かな山でした。
d0138986_10573347.jpg
d0138986_10571228.jpg



by uobmm | 2019-05-20 11:02 | クライミング | Trackback
2019年 05月 17日

三ツ峠

d0138986_13093490.jpg
5月11日(土)〜13日(月)は三ツ峠でクライミング。
11日(土)は日帰りで、ショートルートで練習後、三ツ峠を代表するマルチピッチである中央カンテを登攀。
中央カンテは昔から登られているクラシックルートですが、岩質も内容も素晴らしく、時代をへても色褪せることのない好ルートだと思います。
d0138986_13085258.jpg
12〜13日は4名(13日は3名)のお客様とトップロープ主体の講習。
平日ですいている13日は天狗の踊り場まで、プチマルチも体験していただきました。
三ツ峠は展望や岩場の雰囲気にすぐれ、ルート内容も変化に富み、いろいろなタイプのクライミングや練習ができる、本当によい岩場だと思います。
居心地のよい三ツ峠山荘に泊まり、よい2日間を過ごさせていただきました。
d0138986_13091796.jpg


by uobmm | 2019-05-17 13:18 | クライミング | Trackback
2019年 04月 27日

湯河原幕岩クラック講習

d0138986_13263112.jpg
4月20日(土)〜21日(日)は「レッツ! クラッククライミング」講習の6回目。
参加者全員集まる講習は前期がこれで最終回です。
11月から月1回実施してきて、幸いにも一度も雨で中止ということがありませんでした。
ある程度経験のある方から、クラックが初めての方まで、レベルはさまざまでしたが、続けて参加していただくことで、みなさんクラッククライミングに慣れ、上達が見られたように思います。
ご参加いただいた方々、ありがとうございました。
今後も一緒にがんばりましょうね。


by uobmm | 2019-04-27 13:31 | クライミング | Trackback
2019年 04月 27日

城山でマルチピッチ入門

d0138986_13183740.jpg
4月19日(金)は伊豆の城山(じょうやま)南壁で、マルチピッチ入門講習でした。
よく晴れて暑いくらいの1日でしたが、岩場には他に1パーティーのみ。ゆっくりと登る音ができました。
下部のショートルートを何本か登って練習後、城山で一番易しいマルチピッチである西南カンテルートを登りました。
写真がなくて残念ですが、城山南壁は高度感と景色が魅力です。
はじめて城山のマルチを登るお二人にも、城山のマルチピッチを楽しんでいただたようでした。
登攀終了後は城山山頂を踏み、その素晴らしい展望を目に焼き付け、ゆっくりと登山道を下りました。
d0138986_13235161.jpg


by uobmm | 2019-04-27 13:24 | クライミング | Trackback
2019年 04月 10日

湯河原幕岩

d0138986_12262978.jpg
4月9日(火)は湯河原幕岩・正面壁でした。
プライベートガイドでしたので、正面壁のクラックルートを片端から登っていきました。
古稀を迎えられたYさんですが、この日は今まで登れなかったラナ(5.10b)を初めて登ることができ、まだまだ発展途上であることを証明されました。
ラナの核心部は短いですが、シンハンド(狭いハンドジャム)で苦労される人も多いルートです。

天気も良く、暖かく、岩場はすいていて、充実した1日を過ごすことができました。



by uobmm | 2019-04-10 12:39 | クライミング | Trackback
2019年 04月 08日

日和田山、高麗の春

d0138986_19082569.jpg
4月6日(土)は奥武蔵の日和田山の岩場でクライミング講習。
この時期の日和田山は、ふもとの巾着田の桜が楽しみです。
幸いほぼ満開の桜が私たちを迎えてくれました。
d0138986_19083193.jpg
天気のよい春の日は、クライミングよりも、巾着田と日和田山のハイキングの方がいいかなあ……、とお客さんでなくても思いますねえ。
でも、桜を眺めたあとは、いつものこの時期の週末よりはちょっとだけすいていた日和田で、しっかり練習していただきました。
d0138986_19160394.jpeg


by uobmm | 2019-04-08 19:12 | クライミング | Trackback
2019年 04月 02日

湯河原クラック講習

d0138986_15123799.jpg
3月30日(土)〜31日(日)は湯河原幕岩正面壁で、「レッツ!クラッククライミング」の講習でした。
土曜日は当初お天気が心配されましたが、幸いよい天気となり、寒さもなく快適に登ることができました。
湯河原幕岩のクラックは、フェースっぽい内容のルートが多いですが、ルート自体の質はとても高いので私は気に入っています。
土日ともけっこう混んでいましたが、まずまずやりたいルートを登ることができました。
d0138986_15124225.jpg


by uobmm | 2019-04-02 15:16 | クライミング | Trackback