山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧


2019年 01月 31日

赤岳鉱泉と硫黄岳

d0138986_12293557.jpg
1月29日〜30日で赤岳鉱泉泊まりで硫黄岳に行ってきました。
当初31日〜1日で予定していましたが、29〜30日の予定が空いたため、天候がよさそうなこの日程で行くことにしました。
29日は冬型強く、上部はそうとう風が強そうでしたし、鉱泉までの道のりもとても寒かったのですが、30日は予想通り絶好の登山日和となりました。
d0138986_12294265.jpeg
d0138986_12295282.jpg
赤岳鉱泉も2階のベッドの個室に泊まりましたので、とても快適に過ごすことができました。
八ヶ岳のこのエリアは常に人が多く、この山が持つ本来の魅力がともすればかき消されがちですが、針葉樹の黒い森を前景とした横岳西壁の偉容は、日本の山の中でもかなり素晴らしい景観の一つではないかなあ……と、赤岳鉱泉への入山時改めて感じたりしました。
d0138986_12301054.jpg



by uobmm | 2019-01-31 12:37 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 01月 28日

奥鬼怒アイスクライミング

d0138986_22482597.jpg
1月27日(日)〜28日(月)で、奥鬼怒にアイスクライミングに行ってきました。
初めてのエリアでしたが、温泉に泊まってアイスクライミングが楽しめるよいところでした。
d0138986_22481865.jpg
d0138986_22483482.jpg


by uobmm | 2019-01-28 22:49 | 東北の山 | Trackback
2019年 01月 26日

縞枯山、にゅう

d0138986_12151797.jpg
1月22日(火)〜23日(水)は北八ヶ岳を歩いてきました。
初日は北八ヶ岳ロープウェイで上がって、縞枯山〜茶臼山を経由して麦草ヒュッテへ。
そのあと宿泊する麦草ヒュッテに不要な荷物をデポし、翌日登る予定のにゅうのトレース付けに行きました。
d0138986_12152206.jpg
23日は麦草ヒュッテから白駒池を通り、にゅうを往復。
積雪期のにゅうは縞枯山や天狗岳のように登山者の多い山ではありませんが、幸い少しトレースが残っていました。
残念ながら頂上に着く頃には風が強まり、展望もよいとは言えませんでしたが、この時期のにゅうの山頂に立つことができてよかったです。
赤岳のような高い山だと、この日の天気では登れなかったかもしれません。

天気はばっちりとは言えませんでしたが、2日間予定通り歩くことができ、宿泊した麦草ヒュッテも居心地よく、楽しい2日間を過ごすことができました。
d0138986_12150145.jpeg


by uobmm | 2019-01-26 12:23 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 01月 26日

芦安アイスクライミング

d0138986_11091141.jpg
1月21日(月)は南アルプスの芦安でアイスクライミング。
芦安の氷瀑は手近な場所にありながら、バラエティーに富んだ氷瀑がそろった好エリアです。
今年は少雨の影響か、カモシカルンゼにまったく氷がなかったのが残念でしたが、マシラやトリコルネは太くはないもののよい状態で凍っていました。
まずはマシラに入ります。
左のルンゼ状からリード&フォローで登り、その後上の写真の氷瀑にトップロープをかけて練習しました。
写真左の、岩壁の途中で終わっている氷柱は、その上がおあつらえむきのクラックになっているので、ドライツーリングの練習ができます。
d0138986_11091508.jpg
午後からはトリコルネ。
下で見るよりスケールがあり、30m近い長さがあります。
平日の静かな谷の中で、他のパーティーを気にせず登ることができ、よい一日を過ごすことができました。
d0138986_11094887.jpg


by uobmm | 2019-01-26 11:17 | 南ア(アイス) | Trackback
2019年 01月 21日

岩根山荘アイスイベント

d0138986_18380759.jpg
1月19日〜20日の週末は、恒例の岩根山荘アイスイベントでした。
この岩根山荘アイスツリーも今年で9年目だそうで、立ち上げから関わってきた我々JAGUのガイドとしては、なかなかに感慨深いものがあります。
イベントは今年も40名の参加者を集めて大盛況でした。
参加者のレベルはさまざまですが、少しでも何かを学んでいっていただければと、2日間力を注ぎました。
よいイベントだったなあ、参加してよかったなあと感じていただけたならうれしいです。


by uobmm | 2019-01-21 18:46 | その他 | Trackback
2019年 01月 18日

塔ノ岳

d0138986_15384523.jpg
尊仏山荘泊まりで塔ノ岳に行ってきました。
日帰りで登れる山ですが、山頂にあるこの山小屋に泊まることで、日没時と朝のこの美しい景色を眺めることができます。
たとえ雪がなくとも、冬の空気の下の丹沢は本当に素晴らしいと思いました。
d0138986_15410530.jpeg
d0138986_15405546.jpg
d0138986_15410049.jpg
d0138986_15410896.jpg
d0138986_15411388.jpg


by uobmm | 2019-01-18 15:42 | 丹沢 | Trackback
2019年 01月 16日

峰ノ松目沢アイスクライミング

d0138986_18484368.jpg
1月15日はジョーゴ沢でアイスクライミングの予定でしたが、この日は天気が下り坂で、お昼頃から強風になる予報が出ていました。
冬型の強い日のジョーゴ沢は寒さと風が厳しいので、峰ノ松目沢に行き先変更です。
赤岳鉱泉からのアプローチ時間にはたいした差はないのですが、こちらは気象条件がだいぶ穏やかになります。
今の八ヶ岳はなにしろ雪が少なく、雪山登山者たちは一様に雪が少ないことを嘆いているのですが、アイスクライミングには雪が少ないことが幸いします。
ナメ滝もほとんど露出していて、峰の松目沢はいつにも増して美しい状態でした。
自然の氷瀑でのアイスクライミングが初めてというお客様に、こういう美しい冬の谷を見ていただくことができてよかったと思います。
上の写真は峰の松目沢の支流の氷瀑です。
いつもはたいてい雪に隠れているのですが、今日はきれいに露出していたので、ちょっと寄り道しました。
早々と雪が舞いはじめ、風もしだいに強まり、峰の松目沢にしてやはり正解でした。
d0138986_18485528.jpg


by uobmm | 2019-01-16 19:11 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2019年 01月 16日

小同心クラック

d0138986_18473089.jpg
3連休3日目の1月14日は久しぶりにご一緒するHさんと、小同心クラックを登りました。
前日の日曜日は気温は低かったのですが、この日は寒さも弱まり、でも天気は引き続いての無風快晴。
絶好のお天気となりました。
こんなお天気の日に登っていただけてうれしいかぎりです。
小同心の魅力の一つは、横岳山頂にダイレクトに出られること。
この素晴らしい天候の下で、横岳から硫黄岳の稜線を歩き、南八ヶ岳の絶景を堪能することができました。
d0138986_18475308.jpg


by uobmm | 2019-01-16 19:04 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 01月 16日

阿弥陀岳北稜、赤岳主稜

d0138986_18480259.jpg
3連休の1月12日〜13日は阿弥陀岳北稜と赤岳主稜。
お天気に恵まれ、2つの登攀を予定通り行うことができました。
d0138986_18482861.jpg
2日目の赤岳主稜は、雪が少ないため、通常の状態より明らかに1グレード難しくなっていたと思います。
冬の壁は通常、雪がついた方が難しくなる場合が多いのですが(中山尾根や大同心や小同心などはそうです)、赤岳主稜は雪が少ない方が難しくなりますね。
でも、無風快晴の、こんな素晴らしい天気の日に登れたのだから、雪が少ないことくらいなんてことありません。
この日は一度美濃戸口まで下山し、快適な八ヶ岳山荘でゆっくり英気を養いました。

d0138986_18482003.jpg


by uobmm | 2019-01-16 18:57 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 01月 10日

志賀高原

d0138986_15391381.jpg
まだ志賀高原にいます。
ゲレンデ脇にはウサギの足跡がいっぱいです。
d0138986_15392071.jpg


by uobmm | 2019-01-10 15:42 | スキー | Trackback