人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2019年 02月 22日

松田山

d0138986_11024843.jpg
2月21日(木)は、以前川越のカルチャーセンターの教室で15年近く山にご一緒していたNさんと、約4年ぶりに一緒にハイキングに出かけました。
小田急線、新松田駅から松田山みどりの風自然遊歩道というのを歩きました。
この時期松田山は河津桜で有名です。幸い7〜8分咲きと、ほとんど見頃と言ってよい時期を迎えており、人もたくさん出ていました。
d0138986_11023637.jpg
西平畑公園を離れ、最明寺史跡公園方面へ歩を進めると、人も少なく静かになります。
最明寺史跡公園にはまだ花を咲かせていないふつうの桜の木がたくさんあり、開花の時期にはさぞきれいだろうなと思わせられました。
久しぶりののんびりウォーキングでちょっと懐かしい気持ちになりました。
d0138986_11024161.jpg


by uobmm | 2019-02-22 11:09 | ハイキング | Trackback
2019年 02月 22日

奥鬼怒、手白沢温泉


d0138986_10505472.jpg
2月18日(月)〜19日(火)は奥鬼怒の手白沢温泉に行ってきました。
1月下旬に同じ奥鬼怒エリアの加仁湯に泊まってアイスクライミングを行いましたが、奥鬼怒には加仁湯の他、八丁の湯、日光沢温泉、そして手白沢温泉と、4件の宿があります。
その中で加仁湯と八丁の湯は車で入れる女夫渕から送迎を行っているのですが、手白沢温泉と日光沢温泉は歩いて行くしかありません。
手白沢温泉までは川沿いの遊歩道を歩きます。この時期は雪道ですが、よく踏まれていて、チェーンスパイクなどをつけていれば危険な箇所はありません。
女夫渕〜手白沢温泉はふつうの登山者なら2時間〜2時間半程度と思いますが、年配のお客様と一緒に4時間かけてゆっくりと手白沢温泉にたどり着きました。
途中からは手白沢温泉の”番頭さん”の川上犬のガクが迎えにきてくれました。が、途中で猿を見つけて、そちらに行ってしまいました。
d0138986_10583945.jpg
手白沢温泉は歩いてしか行けない宿ですが、山小屋ではなく立派な温泉宿です。
部屋もきれいだし、暖房もしっかりきいているし、何より食事が素晴らしいです。
翌日、出発の際には、ガクが玄関でちゃんと待っていてくれました。
それから他のお客さんを女夫渕まで送り、そのあとちゃんと歩いている私たちのところに戻ってきて、再び女夫渕まで送ってくれました。さすがです。
d0138986_10510844.jpg




by uobmm | 2019-02-22 11:01 | ハイキング | Trackback
2019年 02月 22日

城ヶ崎クラック講習

d0138986_10443872.jpg
2月16日(土)〜17日(日)は、城ヶ崎で「レッツ・クラッククライミング」の講習でした。
16日のあかねの浜は、他に2名来ただけでほとんど貸切状態。こんな日もあるんだなあと喜んだのですが、翌日のファミリーエリアは次から次へとクライマーがやってきました。
でも知りあいも多かったので、ロープを貸し借りしたりしながら、さまざまなルートを登っていただくことができました。
ファミリーは久しぶりだったのですが、ここは下地もいいし、手頃なクラックが揃っているので、やはり講習にはよいエリアだなと改めて思いました。だからクライマーも多いのですね。
初日ぽかぽか、二日目ぶるぶるの城ヶ崎でした。
d0138986_10450195.jpg
d0138986_10445693.jpg


by uobmm | 2019-02-22 10:49 | クライミング | Trackback
2019年 02月 22日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳

d0138986_10382157.jpg
2月9日(土)〜11日(月)の3連休は甲斐駒・黒戸尾根を登りました。
9日は関東地方に大雪の予報が出ていて心配されましたが、黒戸尾根では結局1〜2センチ積もった程度で、東京もたいして降らなかったようですね。
10日はまだ少し風が強かったものの、よい天気に恵まれ、無事に甲斐駒の山頂を往復することができました。
泊まりはもちろん七丈小屋です。
今回は山頂を往復してからもう一泊七丈小屋に泊まったため、とてものんびりと小屋での生活を満喫することができました。
d0138986_10382969.jpg


by uobmm | 2019-02-22 10:42 | 南ア(積雪期) | Trackback
2019年 02月 22日

大同心大滝

d0138986_10251674.jpg
2月4日(月)、南沢大滝での講習を終えて、Iさんと私は赤岳鉱泉へと向かいました。
夕方、行者小屋からはこのような素晴らしい赤岳を眺めることができました。
d0138986_10253967.jpg
翌2月5日(火)は大同心大滝へ。
ラッセルを覚悟していたのですが、幸いトレースがありました。
この日の大同心大滝は寒かった!
下部のやさしい箇所でリード講習なども行ったのち下山しました。
が、実はこの下山の頃より調子がおかしく、美濃戸口に下山してから熱を測ったら……38度ありました。
d0138986_10254522.jpg




by uobmm | 2019-02-22 10:35 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2019年 02月 22日

南沢小滝、大滝

d0138986_10252268.jpg
だいぶ時間がたってしまいましたが、こちらは2月4日の南沢小滝、大滝でのアイス講習の写真です。
小滝ではカウンターでの登り方の講習などを行い、その後大滝に移動しました。
小淵沢では朝まで雨が降っていましたが、幸い晴れてくれました。
この日は平日にもかかわらず4名の方にご参加いただいたのですが、この日は私も含めて5人のメンバーすべてがおじさん(!)という異色のパーティーとなりました(笑)。
d0138986_10253062.jpg


by uobmm | 2019-02-22 10:30 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2019年 02月 13日

赤岳主稜

d0138986_17130551.jpg
先週は急に発熱して体調を崩したりしたのものだから、すっかりブログの更新が滞ってしまいました。
こちらは2月2日〜3日の週末に登った赤岳主稜。
天候に恵まれ、よいコンディションの下で登っていただくことができました。

体調を崩してよかったことの一つは、休んでいるあいだに、『太陽のかけら ピオレドール・クライマー 谷口けいの青春の輝き』を読めたこと。いやあ、この本すばらしかったです。ぜひお薦めします。
d0138986_17131373.jpeg


by uobmm | 2019-02-13 17:18 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback