人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 03月 18日

ガイド研修

d0138986_07331729.jpg
3月11日(月)〜14日(木)は八ヶ岳でガイド資格更新研修でした。
(社)日本山岳ガイド協会認定ガイドは、3年に1回、4日間の研修を受ける義務があります。
研修はいくつかの種類がありますが、今回は八ヶ岳の赤岳山荘、赤岳鉱泉をベースとしたロープワークを中心とした研修に参加しました。
ロープワークやレスキュー、そしてショートロープなど、ふだん日常的に使っている技術を基本から再確認させてもらい、とても有意義でした。
4日間という長さの研修に参加するのはいつもながら”負担”には感じるのですが、出てみれば出ただけの価値はあり、「すごくよかったなあ……」というのが正直な感想です。
この4日の間、八ヶ岳は真冬に逆戻りしたような感じで、積雪も急に増えましたが、ふだん接することのないガイドたちとさまざまな話もすることができ、それもまた収穫でした。
d0138986_07333578.jpg



# by uobmm | 2019-03-18 07:43 | その他 | Trackback
2019年 03月 15日

谷川岳

d0138986_12542696.jpg
3月9日(土)〜10日(日)は谷川岳に行ってきました。
3月の声を聞いてからというもの、天気が目まぐるしく変わり、高い山では繰り返し雪が降っています。
春の天気は周期的に変わるのが常ですが、それにしても悪天候の訪れるサイクルが早すぎる気がします。
けれどもこの週末は素晴らしい天気に恵まれました。
土曜日の天神尾根はおびただしい数の登山者やバックカントリーを滑る人たちが歩いていました。
私たちは山頂往復は翌日として、土曜日はイグルー作りです。
今年は暖冬の影響で、しまったよい雪が得にくかったのですが、なんとか2人用のイグルーを完成させました。
イグルー作り、もっともっとやりたいのですが、なかなか機会を作れないのが残念です。
d0138986_12544586.jpg
翌日曜日は、朝の静かなうちに山頂を目指しました。
天神尾根はたくさんの人が行き来して、高速道路のようによく踏まれています。
うっすらと雲が出てきたものの、素晴らしい景色を堪能することができました。
d0138986_12543306.jpg

何度来ても、この時期の上越の白い山並みが広がる風景には感動させられます。
昨年は仲間とタカマタギ〜平標〜万太郎と縦走しましたが、またじっくり雪の上越の山を歩きたいものです。
d0138986_12543998.jpg



# by uobmm | 2019-03-15 13:03 | 上越の山 | Trackback
2019年 03月 08日

湯河原幕岩

d0138986_12062619.jpg
3月6日(水)は湯河原幕岩・正面壁でクライミングしました。
朝起きたら少し雨が降っていて心配したのですが、幸い夕方まで登ることができました。
お天気があやしかったせいか岩場はすいていて、正面壁の良質なナチュラルプロテクションのルートをじっくりと登っていただくことができました。
d0138986_12062290.jpg


# by uobmm | 2019-03-08 12:14 | クライミング | Trackback
2019年 03月 08日

玄岳

d0138986_12064482.jpg
3月5日(火)は、熱海の玄岳(くろだけ)に行ってきました。
前日までまる2日間近く雨が降っていましたが、この日はうららかなハイキング日和となりました。
玄岳は3回目ですが、いつ来ても気持ちのよい山頂です。
帰りに熱海駅の仲見世というアーケード街を歩くと、若者や外国人など観光客が多く、熱海もにぎわいを取り戻しつつあるのだと知りました。
d0138986_12064944.jpg


# by uobmm | 2019-03-08 12:10 | ハイキング | Trackback
2019年 03月 04日

赤岳主稜と南沢アイス

d0138986_13193626.jpeg
3月2日(土)〜3日(日)は赤岳主稜の予定でしたが、3日の天気が下り坂で微妙な感じ。
お客様お二人から前泊も可能というお返事をいただいたので急遽予定を改め、金曜日は3人で甲府に前泊し、土曜日のうちに赤岳主稜を登ることにしました。
木曜日に降雪があったため、このあいだまで黒々していた山に美しさが戻っていました。
木曜日の降雪は行者小屋あたりで15〜20センチくらいあったと思いますが、赤岳主稜を登るのに影響はありませんでした。
無風快晴といってよい素晴らしい天気で、寒さもありません。
美しい景色を存分に眺めながら赤岳主稜の登攀を楽しんでいただくことができました。
d0138986_13194205.jpeg
3日(日)は行者小屋でおいしい朝食をいただき、ゆっくりと出発。
南沢大滝、小瀧でアイスクライミングをしました。
Iさんはアイス初めてでしたが、南沢大滝下部や南沢小滝をしっかり完登。
Mさんもカウンターバランスを使って上手に登らていました。
お天気のせいか、南沢大滝も小滝もすいていて、日曜日なのに小滝は途中から貸し切りとなりました。
寒さの弱まる3月。雪山を楽しむのは、これからかもしれませんね。
d0138986_13195384.jpg


# by uobmm | 2019-03-04 13:33 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 03月 01日

杣添尾根ふたたび


d0138986_12050089.jpg
そして2月27日(水)、今度は日帰りで杣添尾根を登りました。
お客さまには小淵沢で前泊していただき、私は朝4時自宅スタートです。
今回のお客さまとは3年ほど前にも一緒に杣添尾根を登っているのですが、杣添尾根はやっぱりまた登ってみたいコースなのだと思います。そう、私もこのコース好きですね。
d0138986_12044569.jpg
この日の天気は高曇り。
青空はあまり見られませんでしたが、山はどこの山もよく見えました。
今年は何と言っても雪が少なく、富士山も黒々してきています。
雪が少ないのはちょっと困りますが、それは別にして、平日の杣添尾根は静かで好ましいものでした。
こういう静かでやさしい山を、もっともっと歩きたいものです。
d0138986_12050780.jpg



# by uobmm | 2019-03-01 12:11 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 03月 01日

テント泊で杣添尾根

d0138986_11502256.jpg
2月23日(土)〜24日(日)は横岳・杣添尾根をテント泊で登ってきました。
八ヶ岳東面の杣添尾根は、横岳山頂に近い三叉峰につきあげる好コースです。
難しい箇所はありませんが、赤岳鉱泉などのある八ヶ岳西面とはぜんぜん異なる八ヶ岳の表情を眺めることができます。
近年登る人が増えているようで、土曜、日曜とも5〜10パーティーの登山者と行き交いましたが、それでも西面に比べれば静かな登山を味わえます。
d0138986_11504527.jpg
日帰りで登る人が多いですが、私たちはあえてテント泊。
幕営適地も何箇所かあるので、雪山テント泊を楽しむにもよいコースだと思います。
比較的早めにテントを建ててからは、楽しいお酒の時間。
夕食には今年1月号の『岳人』誌でも紹介していただいた「ザーサイ鍋」を用意しました。
山は日帰りよりも、やっぱり泊まる方が楽しいと思います。
そして、山小屋よりもやっぱりテントの方が、大変さもあるけど楽しいですね。
翌日は好天の下、横岳山頂を往復して下山しました。
d0138986_11501574.jpg




# by uobmm | 2019-03-01 12:00 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2019年 02月 22日

松田山

d0138986_11024843.jpg
2月21日(木)は、以前川越のカルチャーセンターの教室で15年近く山にご一緒していたNさんと、約4年ぶりに一緒にハイキングに出かけました。
小田急線、新松田駅から松田山みどりの風自然遊歩道というのを歩きました。
この時期松田山は河津桜で有名です。幸い7〜8分咲きと、ほとんど見頃と言ってよい時期を迎えており、人もたくさん出ていました。
d0138986_11023637.jpg
西平畑公園を離れ、最明寺史跡公園方面へ歩を進めると、人も少なく静かになります。
最明寺史跡公園にはまだ花を咲かせていないふつうの桜の木がたくさんあり、開花の時期にはさぞきれいだろうなと思わせられました。
久しぶりののんびりウォーキングでちょっと懐かしい気持ちになりました。
d0138986_11024161.jpg


# by uobmm | 2019-02-22 11:09 | ハイキング | Trackback