人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 05月 31日

一ノ倉沢・南稜

d0138986_18401585.jpg
5月27日(月)は谷川岳・一ノ倉沢南稜を登りました。
言わずと知れた日本を代表するアルパインルートの1本です。
ここを登るのは平日にかぎります。一ノ倉沢の荘厳かつ独特の雰囲気を、自分たちだけで独占できるからです。
暑い1日でしたが天気は最高で、一ノ倉沢はやはりいいなあと思いました。
d0138986_19014592.jpeg
d0138986_18391605.jpg


# by uobmm | 2019-05-31 19:06 | 上越の山 | Trackback
2019年 05月 31日

クラック講習(第1期)最終回

d0138986_18384993.jpg
昨年11月より月1で開催してきた「レッツクラック・クライミング」講習。
5月26日(日)で第1期の最終回を迎えました。
最終回はこれまでの練習の成果を試すべく、日本を代表するクラックルートの一つである小川山レイバック(5.9)と、小川山の人気マルチピッチのセレクションを登ることになっています。
前日混んでいて登れなかった小川山レイバックですが、この日は7時に宿を出て向かったところ、幸いにも一番に取り付くことができました。
そそくさとロープを張り、Oさん、Mさんの順に登っていただき、二人とも見事完登!
昨年講習がはじまったときにはクラック未体験かつクライミング経験もかなり少なかったOさんが小川山レイバックのクラックにしっかりとジャミングを決めて登る姿を見て、ちょっと感動してしまいました。
d0138986_18385388.jpg
前日同様クライマーがいっぱいとなった親指岩をあとにして、屋根岩2峰のセレクションへ。
このマルチピッチもクラック主体で5.8くらいあり、決して易しくはありませんが、二人ともしっかり登られました。
はじめて行った連続物のクラック講習で、私自身は反省点も多々あるところですが、参加してくださったみなさんにとって少しでも身になる講習であったなら、うれしいです。
今後もよりよい講習ができるようがんばりますので、今後ともよろしくお願いいたします。
d0138986_18390059.jpg






# by uobmm | 2019-05-31 18:51 | クライミング | Trackback
2019年 05月 27日

小川山でクラック

d0138986_18223274.jpg
5月25日(土)は、小川山。
昨年11月から月1で開いてきた「レッツ!クラッククライミング」講習、第1期の最終回です。
最終回は小川山で、小川山レイバック(5.9)と、屋根岩2峰のマルチ「セレクション」を登るのが当初のプランですが、Yさんはセレクションはすでに登られているので、まずは小川山レイバックへ。
クラック経験豊富なYさんですが、小川山レイバックはまったくの初めてとのこと。
このヒストリカルなクラックは、あえてとっておいたそうです。
というわけでオンサイト・トライを楽しみにされていたのですが、残念ながら小川山レイバックは大盛況で100人待ち。(いや15人待ち)
あきらめて兄岩に転身してしばらく登り、午後3時頃ふたたび行ってみましたが、それでも100人待ち(いや15人待ち)。
残念ですが小川山レイバックはあきらめ、仕方なく(?)クレイジージャム(5.10d)をやることになりました。
小川山レイバックも超有名ルートですが、クレイジージャムもむろんそれに勝るとも劣らない歴史的に価値あるルートです。
ルートの質、内容、風格。日本最高のクラックの1本といっても決して過言ではありません。
このグレードになると仕事で登ることはなかなかないので、私は登るのはたぶん20年以上ぶり。
少々緊張して取付きましたが、無事登ることができました。
Yさんも出だしのパートは苦労されましたが、ハンド〜ワイド〜フィンガーと続く中間から上のパートはスムーズでした。特に多くの人が苦労するワイド部分は上手で、見ていたクライマーたちが感心していました。
兄岩で登ったピクニクラ(5.10b)もよかったですね。
小川山はさすがに質の高いルートがあります。

余談ですが、私のお客様にはYさんがとても多いです。
4人のお客様、全員Yさんということも珍しくありません。
お客様の、そう、8割はYさんですね(笑)。










# by uobmm | 2019-05-27 18:42 | クライミング | Trackback
2019年 05月 27日

三ツ峠

d0138986_17592224.jpg
5月24日(金)は三ツ峠でクライミング。
何度も三ツ峠にご一緒しているYさんと。マンツーマンでしたので、今まで登ったことのないルートを選びながら、ショートルートをつなげてマルチ風に登ってみました。
フレーク(5,9)。これは悪かった……。
乱気流?(5.10a)。乱気流ではないかもしれないけど、上部のカンテが秀逸で、これはなかなかよいルート。
戸田クラック(5.9)。下部のムズいフェース部分は濡れていたので右からパスして、上部のクラックだけを登る。この方がよいラインかも。
紅葉おろし(5.9)。何度登っても素晴らしい。三ツ峠いや、ショートルートでは関東を代表する1本だと思います。
そして最後はお約束の中央カンテダイレクト(5.10c)。岳ルートなどと一緒に拓かれた新しいマルチの一つですが、2ピッチ目が難しく、5.10bとなっていますが、10cはあるのではと思います。
という感じで、朝から夕方までしっかり登って下山しました。
よく晴れて暑い1日でしたが、この暑さは実はまだ序の口なのでした。
d0138986_17591832.jpg






# by uobmm | 2019-05-27 18:12 | Trackback
2019年 05月 21日

相馬岳北稜

d0138986_12011276.jpg
5月19日(日)、またまた緑に染まる妙義山塊、相馬岳北稜を登ってきました。
今回は今年度の「目指せ! 北鎌尾根」のプレ登山の一環です。
メジャーな表妙義縦走路などとまったく異なり、相馬岳北稜には鎖や道標などの人工物はほとんどありません。
テープも必要最低限ついているだけといった感じで、そんなプリミティブさが、このルートの最大の魅力でしょうか。

d0138986_12013261.jpg
登行中、”巻き”か”直登”か、判断に迷うところが繰り返し出てきます。
槍ヶ岳・北鎌尾根もまた同じように、巻くか稜線通しに行くかの判断を強いられる箇所が何度も出現します。
そういう意味でもこのルートは、北鎌尾根の予行演習にとても好適なルートではないかと思えます。
d0138986_12011864.jpg
この日は曇っていたためこの時期の妙義にしては涼しく、快適に歩くことができました。
週末でもこのルートはめったに人に会うことがありません。
日曜日とは思えぬ静かな山の中で、緑濃い山の空気を存分に吸うことができました。
d0138986_12010814.jpg

追記:
相馬岳北稜はクライミングやロープを使う登山の経験に長けた人でも、ロープによる確保がなければ登るのが危険なピッチを含むコースです。


# by uobmm | 2019-05-21 12:20 | 上州の山 | Trackback
2019年 05月 20日

子持山獅子岩

d0138986_10570662.jpg
5月18日(土)は子持山獅子岩のマルチピッチを登りました。
子持山獅子岩はフェース(ボルト)ルートのマルチピッチが楽しめる貴重な岩場です。
グレードは5.8くらいですが、各ピッチにそれぞれちょっとした核心部分があり、ルートに味付けを加えています。
展望や終了点の雰囲気も素晴らしく、それもまた大きな魅力でしょう。

この日は暑いかと思っていたら、逆に涼しいくらいの陽気で、岩場にはわれわれ含め3パーティーのみ。山頂に着いても誰もいなくて、なんだか週末とは思えないような静かな山でした。
d0138986_10573347.jpg
d0138986_10571228.jpg



# by uobmm | 2019-05-20 11:02 | クライミング | Trackback
2019年 05月 17日

越後駒ヶ岳(小倉山)

d0138986_13273491.jpg
5月14日〜16日は上越の越後駒ヶ岳に行ってきました。
ご年配のお客様のため、14日に途中の小倉山でテント泊、15日に山頂下の避難小屋泊という、2泊3日の行程で登る計画にしていたのですが、初日の14日が雨&雷予報のため、初日は登山口の駒の湯山荘(秘湯です)泊としました。
d0138986_13273909.jpg
15日、行ければ山頂下の避難小屋まで上がるつもりでしたが、小倉山まで標高差1000mを登ったところで、幕営しようということになりました。
小倉山の山頂は広く平らで展望にすぐれる、とてもよい幕営地です。
まだ午前中だったのですが、テントの中で(ちょっと暑かったですが)ゆっくりと静かな山を満喫しました。
d0138986_13274676.jpg
この時期の上越の山は、新緑とまだら模様の残雪が山肌を彩り、えも言われぬ美しさです。
上越ならではだと思います。
登山道沿いではイワウチワやカタクリ、ムラサキヤシオやタムシバといった春の花々がそこここで迎えてくれました。

越後駒ヶ岳はほんとうに素晴らしい山だと思いますが、私もまだ今回ご一緒したSさんと7〜8年前に登ったきりです。
来年はぜひ他のお客さまにも、この名峰の魅力を味わっていただきたいと思っています。
d0138986_13275181.jpg


# by uobmm | 2019-05-17 13:40 | 上越の山 | Trackback
2019年 05月 17日

三ツ峠

d0138986_13093490.jpg
5月11日(土)〜13日(月)は三ツ峠でクライミング。
11日(土)は日帰りで、ショートルートで練習後、三ツ峠を代表するマルチピッチである中央カンテを登攀。
中央カンテは昔から登られているクラシックルートですが、岩質も内容も素晴らしく、時代をへても色褪せることのない好ルートだと思います。
d0138986_13085258.jpg
12〜13日は4名(13日は3名)のお客様とトップロープ主体の講習。
平日ですいている13日は天狗の踊り場まで、プチマルチも体験していただきました。
三ツ峠は展望や岩場の雰囲気にすぐれ、ルート内容も変化に富み、いろいろなタイプのクライミングや練習ができる、本当によい岩場だと思います。
居心地のよい三ツ峠山荘に泊まり、よい2日間を過ごさせていただきました。
d0138986_13091796.jpg


# by uobmm | 2019-05-17 13:18 | クライミング | Trackback