人気ブログランキング |

山について語るときに僕の語ること(What I Talk About When I Talk About Mountain)

uobmm.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 08日

邂逅

d0138986_20561021.jpg
城ヶ崎の翌日から志賀高原にやってきました。
去年、おととしとハイシエラ・クライミングをともした井上大助、ナルちゃんと、ここで3人で会えるとは……。うれしいです。




# by uobmm | 2019-01-08 20:58 | スキー | Trackback
2019年 01月 07日

城ヶ崎

d0138986_07173470.jpg
1月5日(土)〜6日(日)、新年最初の仕事は城ヶ崎でクラック・クライミング講習でした。
初日は富戸のイサリビエリア。
久しぶりに行きましたが、まったりとクライミングできるよいエリアです。
ポカポカ陽気で「ハワイのよう」でした。
2日目はあかねの浜。
いつも混んでいるあかねの浜が、この日はとてもすいていました。
帰りの道路もまったく渋滞がなかったので、みな1日早く土曜日に帰路についたのかもしれません。
2日間すいている岩場で登れてよかったです。
d0138986_07172499.jpg


# by uobmm | 2019-01-07 07:21 | クライミング | Trackback
2019年 01月 04日

仙丈ヶ岳

d0138986_17022420.jpeg
あけましておめでとうございます。
元旦から短いながらも平和なお正月を過ごしました。
今年もよろしくお願いいたします。
年末は28日〜31日で甲斐駒、仙丈ヶ岳でした。
d0138986_17024200.jpg
が、今年の年末は寒波襲来でしたね。
29日はおそらく寒波のピークで、私たちは北沢峠こもれび山荘から甲斐駒を目指しましたが、早々と仙水峠で退却を決めました。
雪は降っていませんでしたが、風と寒気が強く、歩く気持ちになれない厳しい天候でした。
d0138986_17023498.jpeg
翌30日は少し寒気も緩み、青空が広がりました。
このブログに載せている写真はすべて30日に撮ったものです。
予定通り仙丈ヶ岳を目指して出発しました。
予想していたよりもよく晴れて、北沢峠からの登りでは美しい雪景色を拝むことができました。
大滝の頭くらいまではほとんど無風と言ってよかったのですが、小仙丈ヶ岳の手前で、急激に風が強くなりました。
しばらくしゃがみこんで強風をやりすごし、なんとか小仙丈ヶ岳の山頂へ。
ここまで登ると仙丈ヶ岳をのぞむことができます。
この日はがんばって山頂まで行く人も見られましたが、私たちは無理せず小仙丈ヶ岳で引き返すことにします。
どちらかといえば小仙丈ヶ岳で引き返す人の方が多かったかもしれません。そんな天気でした。
ともあれ、雪の仙丈ヶ岳の美しい景色を眺めていただくことができ、その雰囲気を少しでも体感していただくことができてよかったです。
d0138986_17021941.jpg
3泊お世話になったのは北沢峠のこもれび山荘。
宿泊者が快適に過ごせるよう、さまざまなところに気持ちを配ったとてもよい小屋だと思います。
厳しい寒さの中の山行でしたが、おかげで楽しく過ごさせてもらいました。
またゆっくりと”こもれびライフ”を味わいにいきたいものです。
2018年の山行はこれにて無事終了とあいなりました。
2019年も引き続き事故のなきよう、気持ちを引き締め直してのぞみたいと思います。
みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

d0138986_17222896.jpg




# by uobmm | 2019-01-04 17:20 | 南ア(積雪期) | Trackback
2018年 12月 26日

広河原沢左俣アイスクライミング

d0138986_10501771.jpeg
12月25日(火)は八ヶ岳の広河原沢左俣で、今シーズン初アイスでした。
冷え込んだ朝でしたが、お天気は絶好で、アプローチの林道から眺める阿弥陀岳が美しく輝いていました。
連休に雨が降ったので少しばかり氷結状態を心配していましたが、F1こそ巻いたものの、あとはまずまずよく凍っていました。
冬の谷には稜線とはまた異なる美しさがあると思います。
静かな谷の中で、美しい氷瀑とたわむれた楽しい1日でした。
d0138986_10501286.jpg


# by uobmm | 2018-12-26 10:54 | 八ヶ岳(アイス) | Trackback
2018年 12月 24日

黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳

d0138986_13202490.jpg
クリスマス連休の12月22日〜23日で甲斐駒・黒戸尾根に行ってきました。
もともと塩見岳に行く予定でしたが、黒戸尾根の方が天気がよさそうということで直前に行き先を変更しました。
今回運がよいことに、宿泊の七丈小屋では、22日(と23日)夜に猪熊気象予報士の簡単お天気講座が組まれていました。
天気の予測が難しかったこの週末、猪熊気象予報士から直接お天気のレクチャーを受けることができて有意義でした。
同じ南アルプスでも塩見岳と甲斐駒・黒戸尾根では天気がぜんぜん異なるとのこと。
黒戸尾根に変えたのは「大正解です」と言ってもらえました。
d0138986_13200900.jpg
22日の入山日もたいした雨にあわずに七丈小屋に上がることができ、23日も山が荒れる前に登頂することができました。
思ったよりも静かな黒戸尾根上部で、冬毛をまとった4羽のライチョウが私たちを迎えてくれました。
d0138986_13201783.jpeg
おまけ。クリスマスバージョンの猪熊気象予報士 ↓
d0138986_13281841.jpg


# by uobmm | 2018-12-24 13:27 | 南ア(積雪期) | Trackback
2018年 12月 21日

北八ヶ岳、天狗岳

d0138986_09260264.jpeg
12月18日(火)〜19日(水)は北八ヶ岳へ。
初日は黒百合ヒュッテ泊まりですが、今回は私も初めての唐沢鉱泉から入山しました。
平日にもかかわらずけっこうな数の登山者が入っていました。
降ったばかりのようなさらさらの雪が10センチほど積もっていました。
黒百合ヒュッテに着き、その後はにゅうを目指しました。
d0138986_09262488.jpg
「にゅう」はすぐれた展望を有する静かなピークです。
冬ももう少し遅い時期になるとラッセルになって行くのは大変になると思いますが、この日はトレースはないものの雪は少なく問題なく歩けました。
にゅうのわずか手前で時間切れで引き返しましたが、積雪期の「にゅう」はまたいずれ目指してみたいと思います。
d0138986_09262922.jpg
2日目は西天狗岳に登り、西尾根を下ります。
西天狗に登る頃から風もやみ、美しい光景が広がりました。
d0138986_09261815.jpg
d0138986_09261295.jpg
西天狗岳こそ登ったことはありますが、そこから西尾根を下りるのははじめてでした。
唐沢鉱泉まで車で入れるこの時期は、そこそこ歩かれているようで、下から2組くらい登山者が登ってきました。
天狗岳や黒百合ヒュッテに行くときはいつも渋ノ湯からばかりでしたが、この西尾根もなかなかよいコースだと今回知ることができました。
冬型気圧配置で2日間ともすっきり晴れた時間は少なかったですが、降ったばかりの新雪が美しく、今年の雪山はじめによい山を歩くことができたと思います。
d0138986_09263482.jpg


# by uobmm | 2018-12-21 09:41 | 八ヶ岳(積雪期) | Trackback
2018年 12月 12日

城ヶ崎〜城山〜城ヶ崎

d0138986_10294891.jpg
12月8日(土)〜9日(日)は城ヶ崎で「レッツ! クラッククライミング」講習の2回目を実施しました。
場所は前回と同じ富戸のふなむしエリアと「あかねの浜」。
同じ場所を使い、同じルートを登ることで学べることや、上達を実感したりできるのではと考えています。
こうして月1回定期的に(クラック)クライミングの講習を実施するのは初めてですが、よりよい講習になるよう、内容にも工夫をこらしていきたいなあ、などと考えたりしています。
寒波が来ていますが城ヶ崎は土日とも寒くなく、快適に登ることができました。
d0138986_10293761.jpg
月曜日は城山。
この日の城山はマルチピッチではなくトップロープでのショートルートの講習です。
朝からどんよりとした曇り空でしたが、風がないのが幸いで、城ヶ崎ほど暖かくはありませんが、寒さに震えることもなくクライミングすることができました。
しかも午前中は他のクライマーはなし。
午後から2人ほど来ましたが、終日ほとんど貸切で、この広い南壁を独占することができました。
d0138986_10300057.jpg
11日(火)は、プライベートでまた城ヶ崎。
20歳代の若者たちに遊んでもらいました。
雨がちょっと心配されましたが、結局暗くなるギリギリまで登って帰って来ました。
d0138986_10291625.jpeg


# by uobmm | 2018-12-12 10:41 | クライミング | Trackback
2018年 12月 06日

海の彼方

d0138986_14513550.jpg
南伊豆、吉田の浜の岩場「魔王」。
2018年4月4日、木村道成、山下勝弘 初登。
d0138986_14512397.jpg
d0138986_14584231.jpg
d0138986_14515277.jpg
d0138986_14520064.jpg
d0138986_14514553.jpg


# by uobmm | 2018-12-06 14:53 | クライミング | Trackback